FC2ブログ
31
2016

りゅうちぇる激怒でキャラ崩壊〜実はしっかりした結婚観を持っていた件について〜

CATEGORYエンタメ
怒り


タレントのりゅうちぇるが、TBS系の「7時にあいましょう」でキャラ崩壊もかまわず激怒した。

それは、経済評論家の森永卓郎と「結婚観」についての激論中に起こった。

「結婚生活は甘くない」「結婚は修行なんです」と語る森永に対し、「修行ってなに?」とりゅうちぇるが突如割って入ったのだ。


スポンサーリンク


2人のやり取りは以下のようなものだったという。



りゅうちぇる:

「ファンタジーを夢見てもいいと思う!それで自分で気づけばいいと思う!何?!(中略)ピンクのお家に住んだり~可愛いダルメシアン買ったり~可愛い結婚生活にしたい!」

森永:

「チャラチャラしてたら結婚生活なんて続けられない」

りゅうちぇる:

「自分で別に経験すれば良いことだから、あなたが言うことじゃないよ」

出典: りゅうちぇるが「7時にあいましょう」で経済評論家の森永卓郎氏と結婚観を巡り大激論 モデルプレス



漢(おとこ)である。なかなかしっかりしている。


りゅうちぇるがぺことの結婚を望んでいるのは、本人もあちこちの番組で語っているとおりだ。

だからこそ、「結婚は修行」などと言われて頭に来たのだろう。


このりゅうちぇるの反応を見たとき真っ先に思い出したのが、IZAMと吉川ひなのの結婚報道だった。

二人は1999年に結婚。IZAM26歳、ひなの19歳。

当時は「おままごと婚」などと揶揄されたものだが、案の定、二人はたったの7ヶ月で離婚した。



りゅうちぇるとぺこはすでに同棲中なのでここまで極端ではないだろうが……。

いずれにしろ、森永卓郎が IZAMと吉川ひなのの結婚のときと同じ危惧をりゅうちぇるに感じたとしても不思議ではない。


森永さんのように長く結婚生活をやっていると、「結婚なんてファンタジーじゃないよ」と言いたくもなるんだろう。

しかも相手はハタチそこそこの若造だ。「甘い夢見てんじゃないよ」といったところか。

とはいえ、お茶の間の視聴者は、りゅうちぇるがここまで反撃するとは思ってなかったんじゃないだろうか。



りゅうちぇるは、あるドッキリ番組でも漢を見せている。

仕掛人がりゅうちぇるに「男の化粧は好きじゃない」「子供が生まれたらどうするの?」という内容を畳みかけ、彼の反応を見るというものだ。

それに対してりゅうちぇるは、「僕は自分に自信を持ってるし、その姿を子供にも見せたい」と、力強い持論を展開した。


このように、かなりしっかりした考えを持った男の子なのだ。


確かにハタチの甘さはあるかもしれない。10年後、20年後に結婚の現実を知るのかもしれない。

それでも、ハタチの今できる反論としては、なかなか立派なものだろう。

LGBTへの理解のない環境でいろいろ苦労してきたからこそ、このような揺るぎない信念が形成されたのかもしれない。


そんな男に愛されて、ぺこは幸せ者である。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

Related