FC2ブログ
29
2016

長編アニメ「君の名は。」空前の大ヒット!興収60億円も狙える!

CATEGORYエンタメ
シネマ


新海誠監督の長編アニメ最新作「君の名は。」が、好調な滑り出しを見せている。

2日間の観客動員数は約59万人、 興行収入に至っては、約7億7000万円。

配給元の東宝は、興収60億円を見込めると意気込んでいる。


スポンサーリンク


この映画、観客の感想も上々で、評価も悪くないようだ。

それもそのはず、監督はあの『秒速5センチメートル』『言の葉の庭』等を手がけてきた人である。

繊細な世界観と、映像の美しさに定評のある監督だ。



ネタバレしない程度にあらすじを話すと、

一見ただの「チェンジもの」なのだが、入れ替わった2人が残された互いの "メモ" を通じてやりとりする形がまず面白い。

そして入れ替わりが途切れたとき、自分に成り代わっていたその相手に「会いに行く」というのも斬新だ。

(「名前は……!」と連呼されたとき、「ん?千と千尋か??」と一瞬思ったのだが、作画監督さんがジブリを手がけてた人なのね、納得)



声優陣には神木隆之介、上白石萌音、長澤まさみ、市原悦子。音楽はRADWIMPS。

ま〜たタレントでそろえてるのか……と切って捨てるのはもったいない。


これが、意外とイケるのだ。

ちょっとセンシティブな今どきの高校生って感じがよく出ている。

女子高生・三葉(みつば)役の上白石萌音は、オーディションで選ばれた新人だ。



このように、今、アニメ映画が熱い

最近だと、漫画の映像化である『アイアムアヒーロー』が海外で2冠しているし、エヴァでおなじみ庵野監督の『シン・ゴジラ』も好調だ。


もはや世界に打って出るには、アニメ映画、もしくは漫画の映像化が王道となっている。

もっとも、『進撃の巨人』や『テラフォーマーズ』のように、一歩間違えると酷評の嵐になるので難しいところではあるが……。



「君の名は。」も、海外の賞に積極的に出品するという。

海外で賞を獲って、日本の高品質なアニメを世界に広めてほしい。



【8/30 追記】

三日間でなんと興収10億円を突破、全国映画動員ランキングでも1位を獲得。

空前のヒット作になることは間違いないだろう。

今、邦画が熱い!




関連記事

○  庵野作品、TOHOシネマズ新宿で一挙上映 〜エヴァからシン・ゴジラまで〜

○  ジブリ総選挙開催、過去のジブリ作品に投票しよう!

○  小池百合子の「東京アニメランド化」政策をひとり妄想する


スポンサーリンク

スポンサーリンク

Related