16
2017

21年ぶりの株高でも景気回復感なし……そりゃそうだヽ( ´_`)丿

CATEGORY時事
チャート


「日経平均株価が21年ぶりの高値となった」とつい最近騒がれました。

株価を押し上げた立役者は "海外の投資家" だそうですが、日曜の衆院選を見越しての買いというのは容易に想像できます。

一方で、「景気が良くなっているとは感じられない」とする市井の声も多いのだとか。

株高になってもそれが景気と連動しないというのは皮肉なものです……。


スポンサーリンク


選挙のためなら株高だって何とやら

びっくり女性


そりゃ、選挙前に株高にしといた方が票に響きますからね、日銀介入だって遠慮はないでしょう。

これが為替なら世界中から「為替操作国」のレッテル貼られちゃいますが、株は自国のものだもんね。ヽ( ´_`)丿



その証拠に、為替のドル円と日経平均がここのところ連動していない。

(いつも綺麗に連動するってわけじゃないですが、この2つは普段は正相関と言われる関係にある)


日経がこれだけ上げてるのに、ドル円の上昇はしょぼい。

選挙に向けて、株だけあからさまに操作されてる感じがするのは気のせいでしょうか??



何だかな〜。

いくら株高になっても、国民が景気回復を実感して財布の紐を緩めなきゃ意味ないでしょーに。

「アベノミクスで潤ってるのは大企業、金持ち、公務員だけ」なんてぼやきを国民に言わせちゃいけません。



官僚や政治家の思惑が株価チャートに反映されすぎてて、見ててつらいものがある(笑)

国民はいつだって置いてけぼり、選挙をピークに株価もガラッと行きそうで。


ま、株も為替もそんなもんだと思いつつ、個人トレーダーは大人の事情に合わせてついていくしかないんでしょうね。ヽ( ´_`)丿





関連記事


○ 積立NISA(つみたてNISA)は普通のNISAとどう違うの?安心・安全ってホント?

○ FXのレバレッジ25倍→10倍へ引き下げ!トレーダーの今後の動きはどうなる?

○ 【海外在住・非居住者向け】 日本での投資&資産運用事情は正直シビア、だが抜け道はある?!

○ 自宅にいながらお金儲け!ちょっと変わった副業・サイドビジネス・お小遣い稼ぎの方法を集めてみた ⬅︎人気!


スポンサーリンク

スポンサーリンク

Related