08
2017

【究極の自動翻訳機!】「Google Pixel Buds」は英語嫌いの救世主?もう語学を勉強しなくてもいい??【使い方動画など】

CATEGORY時事
Pixel Buds


Google さんがネックバンド型のワイヤレスイヤフォン「Pixel Buds」を発売します。

音楽の再生やハンズフリー通話はもちろんのこと、期待されているのは 翻訳機能


どんなふうに使うかは、実際の動画を観てもらったほうが早いかと思います。

(動画の1分過ぎから、英語とスウェーデン語、双方のやり取りが開始されます)

Pixel Buds translate languages instantly (CNET News)


画像出典:Our first look at the Google Pixel Buds


スポンサーリンク


Pixel Buds は英語嫌いの救世主となるか?!

悩む


動画を観ると、どうやら翻訳された言葉をスマホで相手に聞かせるようですね。


他の動画もチェックしてみましたが、イヤホンに直接触れて操作するようです。

これは新しい!(ちなみに、こっちの動画のほうが視聴回数多いですね)。

Google Pixel Buds: AI-powered headphones



これ、たとえば観光旅行など、あまり深いコミュニケーションを必要としないシーンでは便利かもしれない。

私だったら、英語を毛嫌いするフランスあたりで使うかな。

(それがたとえ機械であれ、出てくる言葉が "フランス語なら" 不快な思いはされないだろうし)



語学の習得はえらく時間がかかるものですし、人によっては20年やっても駄目だった、という方もいます。

語学に時間を費やすぐらいなら、割り切ってこういうツールに頼るのも全然ありだと思いますよ。



もちろん、海外移住を考えていたり外国人と深いコミュニケーションを図るとなると、やはり自分で話せるに越したことはありません。

さすがに人間関係にまで機械を持ち込むのは味気ないですからね。

ずっとツール頼みで、いざ機械が壊れたり盗まれたらどうするのか、って話もありますし。



とはいえ、せっかく便利なツールがあるのにスルーするのももったいない。

使えるものはどんどん使って、国やシーンごとで使い分ければいいと思います。



ちなみに、中国の Baidu(百度)さんも、自動翻訳機能を搭載したモバイル Wi-Fi ルーターを発表したそうです。

この手の開発競争は、やはりアメリカや中国頼みになってしまうのでしょうか??


どうせなら日本製のものがほしいなぁ……微力ながら内需に貢献したいし。

日本国内の優秀な方、頼みますよ!



ビジネスマンに圧倒的人気!アルクのヒアリングマラソン




関連記事


○ 日本人の「英語下手」は一生変わらない? 〜英語ができないと何がまずいのか〜

○ なぜ日本人は英語が苦手なのか、その理由を検証してみる

○ 日本人の英語力は本当に「小学生レベル」なのか?!

○ TOEIC、TOEFL、IELTS、英検。もっとも役立つのはどれ?

○ 英検は役に立たない?!一方、新TOEICテストは日常会話を重視する傾向に〜

○ 海外に行った気分になれる!無料で英会話できる場所5選

○ 英語学習におすすめのサイト5選

○ 「英語が公用化になるなら会社やめたい」・・・日本人の英語力は低下傾向に

○ 【楽天・ユニクロ・資生堂】英語公用化で社内はどう変わった?【TOEIC】


スポンサーリンク

スポンサーリンク

Related