09
2017

不要な人間関係の断捨離を恐れるな!その効果と影響とは?【仕事・友人・恋愛】

CATEGORY生活
断捨離


心理学者のアルフレッド・アドラーは、

「すべての悩みは対人関係の悩みである」

と述べています。


事実、「人間関係の悩みに疲れた大人が急増中」でも書いたとおり、

「ストレスの大部分は人間関係が原因」

だそうです。


スポンサーリンク


人間関係の断捨離を恐れるな!

はてな女性


「そうは言っても長年のつきあいがあるし……」

「今さらコミュニティを抜けるのも気がひけるし……」



社会の中で生きている以上、いろんな思いが交錯するのは容易に想像できます。

でも、もし今の人間関係に満足していないなら、そしてそれが過剰に足を引っ張っていると感じているなら、人間関係の断捨離 を恐れないでほしいのです。



わたしの場合、<こんな人とは付き合わない>という自分なりの基準があります。

それは……


・不平不満の多い人

・他人の悪口ばかり言う人

・他人のアラばかり探す人

・ネガティブな側面ばかり見る人

・他人を陥れようとする人




この手のタイプとは問答無用で距離を置きます。

そこに情は要りません。

なぜなら、ダラダラつきあったところで自分の為にならないからです。



成功している人はよくこんなことを言います。

「1時間も話せばその人がどんな人かわかる」と。


そして、人生がうまくいかない人というのは、大抵上記のようなマイナス要素を持っているものです。

自分にとってマイナスの影響しか与えないような人が周りにいるなら、勇気を出してすっぱり縁を切り、それとは逆の人たちとつきあうようにしましょう。



間違っても、「辛抱強く待てばこの人は変わってくれるかもしれない」などとは思わないように。

なぜなら、成人を超えた大人の性格はそうそう変わらないからです。


「他人に期待しないほうが人生ラクに生きられるというお話」でも書いたように、相手に期待するよりも、自分が変わってしまったほうが早い。

そして、「自分を変える必要はない」と判断した相手に対しては、速やかに人間関係を断捨離する勇気も必要です。





部屋の状態は自分の心を映す鏡

はてな女性


「銀座まるかん」の創業者、斎藤一人さんはこう述べています。


「人間関係がもめるときは家の中もごちゃついていることが多い。

そして、いつも揉め事を起こしている人の家はガラクタに囲まれている」
と。


「部屋を見れば出世できる男かどうかがわかる!無能な人は汚部屋?」にも以前書いたとおり、住んでいる部屋の状態に自分が現在抱えている内面の問題が反映されるとか。

これをつねに念頭に入れ、部屋の掃除をこまめにするようにしています。



貧乏な人は必要のないものまでひょいひょい買う、だからお金がたまらない。

もしくは、部屋がごちゃついており必要なものがどこにあるのかわからなくて同じものを何度も買うので、お金がたまらない。

斎藤一人さんによると、「買うより捨てるほうがエネルギーがいる、だからモノがたまる」のだそうです。



「これ、いつか使うんじゃないか?」

いえ、使いません。捨てましょう。

必要ならば、そのときにまた買えばいいのです。


ホコリからアレルギーや喘息にもなるし、同じものを何度も買ってしまうのでお金もたまらない。

「最近ツイてないな」と思ったら、部屋を徹底的に掃除してみてください。



どうしても掃除が嫌い!という方でも、今は便利な家事代行業者がたくさんあるので、お金で解決してしまうのも手です。

部屋がきれいだと心もさっぱりするし、運気も上向いてくるかもしれませんよ!



家事代行については下記を参考にしてみてください。


日本にはさまざまな家事代行業がある!

面倒で大規模な修繕や大掃除、どの代行業者を使えばいい?おすすめは?





毎日をきちっと生きる重要性

はてな女性


「早起きは三文の得」とか「お金持ちには朝型が多い」とよく言われます。

でも、毎日滞りなく守れている人は案外少ないですよね?(わたしも眠るのが下手なタイプなのでわかるのですが)



とはいえ、やはり朝型の効能というのは侮れません。

朝早く起きて窓を全開にし、野鳥のさえずりを聞きながら太陽の光を浴びる。

そして軽くストレッチしてから午前中には仕事を終わらせてしまう。

そうすれば、午後はまるまる自分の好きな時間に使えます。



ちなみに、ストレッチ補助として下のようなゴムチューブを使ってます。

カラダ、伸びますよ!







うちは朝7時〜夜7時頃まで、電灯がいらないほど光が差し込みます(そのような部屋をあえて選びました)。

太陽の光は生きるためのモチベーションを大幅に上げてくれます。

昨日も、朝7時に起きて9時にプールで泳いでから、午前中にはやることをあらかた済ませてしまいました。



たまに欧米人(とくに寒い国出身のヨーロッパ人)が、バカンス先で競うように肌を焼いていますが、今なら彼らの気持ちが理解できます。

朝しっかり起きて太陽の光を浴び、腹八分目で美味しいものを食べ、適度に運動する。

これだけで人生得した気分になるというか、「生きてるだけで丸儲け」ってな気分になりますね。



早起き・腹八分目・適度な運動。

最近なんか人生うまくいってないな〜……と感じている方は、騙されたと思ってこの3つをしばらく続けてみてください。

(当たり前のことほど継続するのが難しい)



朝起きるのがどうしてもつらい方は、太陽の光に似た「光目覚まし時計」というものが発売されているので、チェックしてみてください。

81%の人が朝起きるのが楽になった!光目覚まし時計【 inti (インティ)】




スポンサーリンク

スポンサーリンク

Related