02
2017

ネコ好きは器が広くてイヌ好きは狭量?!イヌ派は子ども好きでネコ派は自立型?

CATEGORY生活
犬猫


イヌやネコを飼っている人たちは、それぞれに性格も行動も思考も微妙に異なる(?)ような気がする。

「猫好きはインドア派、犬好きはアウトドア派」はその最たるもの。

ネット上でネコの画像や話題がよくあがるのは、インドア派にネコ好きが多いからーーとの説もあるほどです(なるほど)。

そこで今回、イヌ派とネコ派のタイプについて "違う角度から" 切り取ってみたいと思います。


スポンサーリンク


ネコ好きは器が広くてイヌ好きは狭量?!

びっくり女性


あ、犬好きの皆さん、怒らないでくださいね!

最初に言っておきますと、わたしは両方好きですし、イヌネコどちらも飼ったことがあるので両方の良さをわかってますから。



それでもたまに聞くんですよ。

「イヌを好きな人はネコが嫌いで、ネコが好きな人はイヌネコどっちも好き」

というようなことを。

(わたしも以前、大勢の集まる飲み会でこれについてメンバーに尋ねてみたところ、やはりというか同じ結果が返ってきました)



とはいえ、「いやいや犬好きだって猫は好きだし!」という方も多いはず。

(これはイヌネコ両方飼ったことのある人に多い意見です)



ではなぜ「イヌ好きはネコが嫌いで、ネコ好きはどっちも好き」という都市伝説がまかり通ってしまうのか?

参考にしたのはガルちゃんの『犬好きと猫好きの違い』トピ。

ここに何らかのヒントが隠されていそうです。



・相手に絶対服従を求めている人は犬派。 相手に自由を認めている人は猫派。


・男は支配したがる生き物だから犬好きが多いのは当然だろう


・子供の教育には(人間形成的に)、自分の思い通りにならないことが当たり前の猫の方が友達に対し寛大になる。逆に犬を飼ってると、躾けて従順に言い聞かせることが普通なので、友達に対して厳しめだったり思い通りにならないとイラつく傾向……という研究結果になるほどなーと思った。 


出典:「犬好きと猫好きの違い」ガールズちゃんねる



「子どもの教育にはネコが良い」というのはおもしろい意見ですね。

確かに、犬は賢く従順なので、それゆえに「従うのが当たり前」と思ってしまうと人格形成的には良くなさそうではあります。

(このへんから、「ネコはイヌと違って従わないから好きじゃない=イヌ好きはネコが嫌い」という都市伝説が生まれるわけですね)



テレビで某タレントさんがこんなことを言っていたとか。

「ネコが好きな人は器が広い、マイペースな猫のことを怒らないから。逆にイヌ好きな人は性格悪い、なぜなら犬は忠実でいうことを聞くから」



きっと周りの芸能人を見てそう言ったのだと思いますが、イヌ好きで器が広い人は世の中に大勢いると思いますよ。

ただ、器が広いというか、ネコ好きな人がマイペースなのは事実でしょう(自分を振り返ってみてもわかりますが)。


また、別の番組では「男には犬好きが多い」との結果が出ているそうです。

ということは、

支配されたい女性ならイヌ好き男性を、自由を求める女性ならネコ好き男性を選べばいい、

ということになりますね、これはあくまでおおざっぱな傾向ですが。





イヌ派は子ども好き、ネコ派は自立型?

びっくり女性


他にも、イヌ派とネコ派では以下のような傾向があるようです。


犬好きは子供を育てている感じで、猫好きは同年代以上と同居してる感じ?


・猫=独立している。よく言えば大人。 人間(飼い主)はあくまでも世話人。ご飯とトイレさえなんとかしておいてくれていればオッケー。犬=何歳になっても子ども。手間がかかる。人間(飼い主)がいなくなったら生きていけない。


・犬派→我が子のようにかわいがる  猫派→猫様の下僕で幸せ 


出典:「犬好きと猫好きの違い」ガールズちゃんねる



犬好きは子供を育てている感じで、猫好きは同年代以上と同居してる感じというのは興味深いです。


確かに、子供のいる家庭は犬を飼っているところが多く、子供のいない家庭は猫を飼っているところが多いような気がする。

犬は手がかかるぶん子どものように育てるのが好きな人に向いており、猫は手がかからないぶん自立した関係を好む人に向いているのかもしれません。



もちろん、「家族構成カンケーなく両方飼ってるよ」って人もいるでしょうし、イヌネコの性格も違うので一概には言えませんが。

イヌっぽい性格のネコもいるでしょうし、ネコっぽい性格のイヌもいますしね。

(とくに小型犬にネコっぽい性格のイヌが多い)



個人的には、ネコの自由気ままな感じ に安心感を覚えます。

人間だって好きに生きてるんだから動物だって好きに生きればいい、というのがわたしの基本的なポリシーです。


なので、犬のあのひたすら人間に忠誠を尽くす感じが、ちょっと息苦しくもある。

1の愛情で10返してくるワンちゃんのあの健気さが、可愛いんだけどちょっとしんどいというか。

「ヒトが1与えたら、キミは0・5ぐらいでいいんだよ」とさえ思ってしまう。



ではネコなら何でもいいかというと、わたしの場合ちょっと違う。


同じネコでも人懐っこいネコよりは半ノラ上がりというか、「猫としてのプライドを保持したようなツン要素の強い猫」が好みです。

呼ぶと「あ”?」という表情でブスッと振り向くようなネコ様は最高のご褒美となります(人間にこれやられるとムカつきますけどね)。


ブランケット・キャッツ 画像1

画像出典:『ブランケット・キャッツ』NHK公式サイト



そして、人がつきっきりでいなきゃ生きられない子猫よりも、勝手気ままですぐには懐いてくれない成猫に魅力を感じます。

(子猫を見つけると「早く大きくなれよ〜」と心の中でいつも勝手に願かけてます)



とはいえ、イヌネコ両方に違う良さがあるので、最終的には両方飼える環境にあるのが一番なんですけどね。


この記事は「犬を飼うな」というイヌへのアンチを推奨するものでは決してないことをご了承ください

(イヌも余裕でかわいいですお)




関連記事


○ ※おトクな割引あり!※ 高級キャットフード(ドライ)比較!安全でおすすめな売れ筋は何?【カナガン他イギリス産多数】 ⬅︎人気!

○ ワンちゃんの健康・毛並み・老化・皮膚病にお悩みなら【犬康食・ワン プレミアム】

○ ワンちゃんの虫歯や歯周病、口臭予防に【わんサプリ】

○ ペットを飼うと収入が「約50万円」アップする!その理由とは〜

○ 猫の種類を英語でなんて言う? 


スポンサーリンク

スポンサーリンク

Related