20
2017

海外でクレジットカードを使うのは危険?カード被害に遭ったらどう対処する?【旅行・留学・駐在・移住】

クレカ


ある調査によると、カード決済の比率はアメリカ40%、イギリス50%を超えているのに対し、日本は16%未満とのこと。

このように、日本ではいまだに「現金主義」が根強いようです。

とはいえ、海外がカード社会である以上、旅行や留学、駐在などでカードを使う機会は避けられません。


出典:「アメックスから見た、日本人がクレジットカードを使わない理由」Newsweek Japan


スポンサーリンク


海外でクレカを使うのは危険?

はてな女性


私自身、移住先のこの国ですでに2度カード被害に遭っている経験上、一つ言い切れることがあります。


海外でのクレカ利用は最低限にした方がいい。


インフォプラントの調査によると、海外旅行でクレカを利用した183人のうち、なんと8人もの人が後日身に覚えのない請求が届いたそうです。

これは不正利用された人が8人なのであって、不正にクレカのデータが盗み取られた人はもっと多いかもしれません。


海外でキャッシングをしようとATMを利用したら、「飲み込まれたまま出てこなかった」なんてことも。

海外には、なんと偽のATMまで存在するそうです。


他にも、偽警官が旅行者に近づいてきて、事件の証拠品として言葉巧みにクレカを取り上げるという事件も起きています。


出典:地球に優しい年会費無料のクレジットカード


クレカならポイントがつくから、マイルがたまるから。

そんな理由で海外でカードを使いまくっていたら、思わぬ落とし穴にはまることがありますよ。




海外でクレカを使う際に守るべき3カ条

はてな女性


とはいえ、どうしてもカード払いが避けられないシーンはある。

そんな時は、以下の3カ条を守ってください。



① 目の前でカードを切らせる


私が1度目の被害に遭ったときも、やはり支払いの際にカードを奥に持っていかれました。

これが旅先だったら警戒したのでしょうが、すでに慣れた国であり、場所がしっかりとした病院だったこともあり、すっかり気を抜いていました(検査結果がなんともなかったことで、気が緩んでしまったのもあります)。

(詳細は「海外で不正利用されたけど全額補償してくれたときの体験談を語ってみる」を参照のこと)


もし相手が見えない場所でカードを切ろうとしたら、目の前で操作するよう要求するか( "Do it here! " )、即座に現金払いに切り変えてください。




② 現地サイトで買い物をしない


ウェブサイトでさえ危険はいっぱいです。

これも自身の経験になりますが、住んでいる国のローカルサイトから水の宅配を頼んだところ、数日後に見知らぬ請求が……。

その時はハッキングにでも遭ったのかと思いましたが、よくよく考えてみると現地サイトが怪しい。

(詳細は「またもやカードを不正利用された!2年に一度のペースでクレカ再発行の悲劇」を参照してください)


ですので、よほど世界的に名の知れた会社のサイト以外は、ネット予約やネットショッピングは避けた方が無難です。




③ 派手な券面は避ける


某欧州の国で、券面がゴールド(ランクがゴールドではなく "色" がゴールドだっただけ)のカードをドミトリーの受付で出した時のこと。

受付のお兄さんは急に目を輝かせて「これ、ちょっと預かっていい??」と私にしつこく言ってきました。


怪しい、いかにも怪しい。

「ダメ、今すぐカード使うから返して!」と必死に抵抗して取り戻しましたが、あれは危なかった。


このように、ランクに関係なく券面が派手だと無駄に相手の気を引いてしまいます。

カードの券面はギラギラしたものは避け、地味なものにしましょう。





被害に遭ったらすぐカード会社に連絡を!

はてな女性


私は旅に出るごとに、カード会社の盗難用の緊急連絡先を紙に書いて別に持ち歩いていました。

(スマホなどにそれらを記録しておくと、バッグごと盗まれた時が大変です)


カード会社は海外専用ホットラインを持っていますし、対応は慣れたもの。

日本のほとんどのカード会社は、「海外で被害に遭った」と言えば大抵わかってくれます。

(それだけ海外でのカード被害が多いってことですね)



長期滞在者の中にはその国のクレカを作る方もいますが、よほど永住を決めているとかでない限り、現地で日本のカードを使い続けることをお勧めします。

それはひとえに、何かあった際の対応が早くて確実だから。


国によっては、カードの再発行までに時間がかかるところもあるでしょう。

ここは日本人の事務処理能力の高さに賭け、日本のカードを使い続けたほうがいい。


そして、盗まれたり不正使用などの被害に遭った際には、即座にカード会社に連絡してください。

連絡は早ければ早いほどいい。すぐにそのカードを止めてくれますからね。


そして万が一のために、予備のカードも作っておきましょう。

(再発行を待っている間、予備のカードがないときついです)





こんなカードがおすすめ!

はてな女性


私が現役バリバリで使っているのは 楽天カード

被害時の対応の早さから楽天カードに心酔し、普段使いはいつも楽天さんと決めています。


年会費無料 だし、最大2000万円の海外旅行傷害保険がつくのも地味に嬉しい。

楽天スーパーポイントはANAのマイルに交換もできます。

私は溜めたポイントを、一時帰国の際のホテル代に利用しています(楽天トラベル経由で予約&決済)。


やはり大手の楽天さんは侮れません。

まだ作ってない方は、最低1枚マストで持っていたほうがいいカードかと思います。



楽天カードのお申し込みはこちらから⬇︎






ハワイ好きならこれ!

「ハワイが大好きで何度もリピートしてる」という方にマストなカードが、【Hawaii Love Card Gold -ハワイラブカードゴールド-】


ハワイ好きならとってもお得になっちゃうカードなんです。

今なら初年度年会費無料。作っておいて損はない!



⬇︎Hawaii Love Card Gold の詳細を見てみる






外貨両替不要!お財布のような海外専用プリペイド・トラベルマネーカードなら【キャッシュパスポート】


日本での現金両替よりもオトクに現地通貨を調達できて、海外の MasterCard で利用もできるスグレもの!

いつでも現地通貨が引き出せて、両替の手間や時間も省けます。


カードの紛失・盗難にあった場合も引き続きカードを利用可能。

加盟店ではデビットカードとしても利用できます。



海外で200円分利用するごとにTポイント1ポイントがたまりますよ。



⬇︎まずは動画で【キャッシュパスポート】をチェック!





スポンサーリンク

Related

スポンサーリンク