15
2017

タトゥー(刺青) を入れる前に後悔する理由を知っておこう!失敗して消したくなった時は?

CATEGORY生活
タトゥー


いつの時代も人気のあるタトゥー(刺青) 。

なんでも、アメリカでは成人の5人に1人がタトゥーを入れているのだとか。

白人の白い肌にタトゥーが映えるのはよくわかります。


ちなみに、刺青とタトゥーの違いは「掘る深さ」にあるそうです。

刺青は肌に入る針が深いため、刺青をしている部分の皮膚が盛り上がることがある。

対してタトゥーは、針が入る深さが浅く、刺青のように皮膚が盛り上がることはありません。


出典:タトゥーで後悔する理由や割合は?刺青で後悔しない場所は?【バカ写真あり】xtreeem|大人のための教科書


スポンサーリンク


タトゥーは将来的に見てメリットがない?!

はてな女性


それでは「タトゥーを入れることによるリスク」を見ていきましょう。



・温泉、プール、サウナなどの公共施設に入れないことが多い

・スポーツジムの入会を断られることがある

・相手の親に結婚を反対されてしまうことがある

・就職ができない、出世できないなどの問題が生じることがある

・MRI検査を受けられないことがある

・生命保険に入れないことがある

・B型・C型肝炎のリスクがある

・タトゥー除去は高額で難しく、跡が残ることもある


出典:タトゥーで後悔する理由や割合は?刺青で後悔しない場所は?【バカ写真あり】xtreeem|大人のための教科書



少し補足しておきましょう。


MRI検査ですが、病院では原則としてタトゥーの入った患者にはMRIを勧めていないそうです。

タトゥーの顔料には磁性体を多く含むものがあるため、皮膚表面に過電流などが発生し、やけどをする恐れがあるのだとか。


タトゥーを入れる際、針で体に色を掘っていきますが、仮にB型・C型肝炎の人を掘った針で他の人も掘ってしまうと肝炎が感染してしまう。

結果、生命保険に入れないリスクが生じるということです。


もちろん、日本では「タトゥー(刺青) =反社会的な人物」を連想させ、社会で好まれないのはいうまでもありません。

タトゥーを消すにはお金がかかるし、傷跡も残ってしまう。


入れてから後悔しても遅いので、どうしてもタトゥーを入れたい方は、「自己責任で」「相応の覚悟を持って」ということになります。




タトゥーを消したいなら専門クリニックへ

はてな女性


タトゥーや刺青除去なら、やはり専門クリニックがおすすめです。


【ルーチェ東京美容クリニック池袋院】は、東京にある専門クリニック。

こちらの売りは以下の2点です。



① 傷跡がほとんど残らない

ピコレーザーで短時間に高パワー照射が可能。刺青の色素をより細かく分解するので、肌にダメージが残りません。


② 痛みが少ない

ピコ秒単位の短いパルス幅でピンポイントにターゲットを破壊。周囲への熱影響や痛みが少なく済みます。


ルーチェ東京美容クリニック池袋院


⬇︎【ルーチェ東京美容クリニック池袋院】の公式サイトをチェックする

ルーチェ東京美容クリニック池袋院



関西から沖縄エリアの方には【ジョウクリニック】 がおすすめ。

こちらで提供するタトゥー除去には、「Qスイッチヤグレーザー」と「切開切除」の2つの方法があります。

長さ5センチまでのタトゥーなら、たった1度の治療で除去可能。


ジョウクリニック


⬇︎【ジョウクリニック】の公式サイトをチェックする

タトゥー・刺青除去治療を大阪・姫路・松山・高知・沖縄でお考えならジョウクリニック


スポンサーリンク

スポンサーリンク

Related