12
2017

結婚式には参列したくない、友人や身内のみで行いたい、"ナシ婚" もありが最近のブーム 〜キーワードは「格安」「少人数」「カジュアル」「シンプル」〜

CATEGORY生活
結婚


結婚式場の口コミサイト「みんなのウェディング」の意識調査によると、近年は「結婚式離れ」が進んでいるようです。

結婚式への参列が好きか嫌いかのアンケートでは、実に全体の約3割が「嫌い」と回答。

20代前半では約4割にも上るそうです。


「結婚式をしていないことへの心残り」については、「写真などの形に残したかった」が4割ともっとも多く、「ウェディングドレスが着たかった」「親に花嫁姿をみせたかった」を上回りました。

中には、3割の方が「(結婚式をしていないことへの)心残りはない」とバッサリ。


出典:「ナシ婚」女性の3割が結婚式は「嫌い」 やるとしても「日常の延長で」キャリコネニュース


スポンサーリンク


結婚式が「嫌い」、女性の3割も!

はてな女性


「今後やりたい結婚式」としては、「フォト」が約7割となり、「挙式」の6割を上回りました。

逆に、「披露宴」はやりたくないという人がなんと7割も。



今後やりたい結婚式のタイプとしては、


「身近のみでこぢんまりしたい」

「本当に仲の良い友人だけ招待したい」

「特別なことはせず、日常の延長で祝いたい」



が圧倒的で、「たくさんの人を招待したい」や「一生に一度のお姫様体験がしたい」を上回ったそうです。


出典:「ナシ婚」女性の3割が結婚式は「嫌い」 やるとしても「日常の延長で」キャリコネニュース

ーーーーーーーーーー


それこそバブルの頃は「招待客を大勢招いてゴンドラに乗る」ような "ド派手婚" がブームだったようですが、これも時代なのでしょう。

皆、「結婚式に呼ばれるのはめんどくさい」「式や披露宴にお金をかける必要はない」と気づいてしまった。



そりゃ誰だって、(仲のいい親友の式ならともかく)大して仲良くもない人の結婚式や披露宴なんて面倒なだけです。

ドレス代だってかかるしご祝儀も必要になる。

わざわざ休みを取って、大して親しくもない人たちに気を使わなきゃならない。


式を挙げるほうも、まず予算で悩み、次に誰を招待するかで悩み、各々をどの席にあてがうかで悩む。

やる方も呼ばれる方も、めんどくさい行事はスキップしたいのが人間です。

(あらゆる式場に乗りこんでお相手を積極的に狙いに行く肉食系の方は別として……)



ナシ婚

画像出典:「知っておきたい「ナシ婚」経験者の本音」シニアガイド




なぜ若者のあいだで結婚式は廃れるのか

はてな女性



昔は「親のため」「会社のため」に結婚式を開くのが当然とされていました。

盛大に式を開いて離婚しにくくする意図もあったのでしょう。

(日本人は他人の目を気にしますからね……こういう形で安易に離婚できないようにする "歯止め" が必要だったと思われます)


でも、結婚式に何百万もつぎ込むのなら、そのお金を未来の子どもの教育資金や夫婦の生活資金に当てたいーー。

その方がよほど有意義だと皆、気づいてしまった。



「東京での職住近接はメリットだらけ? 〜職住分離の対極にあるものとは〜」でも述べましたが、今の若者はスマホ一台あれば十分幸せに暮らしていける。


昔は、郊外に家を買って車を買ってオーディオコンポ買って……とモノが増える傾向にありましたが、今の時代は「職住近接」「部屋は狭くてもいいからモノを持たない」方向へとシフトしています。

(動画でもゲームでもコミュニケーションでも何でも、今はスマホ一台でできちゃいますからね)


これは日本だけでなく、アメリカなど他の先進国でも似たようなトレンドを辿っています。

「家も車も買わないのがスタンダード?アメリカの消費傾向を探ってみる」を参考のこと)



結婚式もこれと同じで、もはや「絶対にやらなければならないもの」ではなくなっている。

中には、「入籍はするが結婚式はしない=ナシ婚」を選択する若者も増えているのだとか。


これもやはり「時代だなぁ」と思いますね。

時代に合わせてシステムやしきたりは変化していくのが普通であり、昔のやり方に固執する必要などありません。



こんなタイトルで記事を書いてしまうと「ブライダル業界に喧嘩売ってんじゃないか」と思われそうですが、そんなことは全くないので悪しからず(笑)


むしろ、今の時代は「身内や親友のみでこぢんまりと」がブームであり、もうド派手な式や披露宴を挙げるような時代ではないということ。

「少人数」「カジュアル」「シンプル」がキーワードみたいですね。

一方で、今は「身内のみの海外挙式」なんかも増えているようです。



最後に、ユニークで変わった挙式に興味のある方はこちらの記事もチェックしてみてくださいね。

【準備万端!】ユニークで変わった結婚式&2次会を開こう【ブライダルエステや指輪もお忘れなく!】





格安に結婚式を挙げたいならココ!

はてな女性


一流の結婚式が自己資金 1万円 から可能!

リーズナブルに結婚式を挙げたいなら【スマ婚】です。


ドレス・引き出物・ペーパーアイテムなどの持ち込み無料

ご祝儀による後払いもOK!


顧客満足度 98% の自信を体験してみてください。



⬇︎まずは無料カウンセリングの予約をしてみよう!

スマ婚




関連記事


○ 若者の消費離れ・・・こんな時代だからこそミニマリストを楽しもう!

○ 若者の「酒離れ」の一方、モテる人ほどお酒を好むことが判明?!


スポンサーリンク

スポンサーリンク

Related