05
2017

「ボーナスは貯蓄」が4割・・・一方、貯蓄なし世帯が3割、既婚者のこづかい月平均2・5万円の現実

CATEGORY生活
財布4


消費者庁の調査によると、ボーナスの使い道は「貯蓄」が43・3%で最多だったことがわかりました。

一方、総務省の家計調査では、貯蓄なし世帯が30%を超えているのだとか。


さらに追い打ちをかける結果が。

明治安田生命がまとめた家計に関するアンケート調査によると、 既婚者のこづかいは月平均で2・5万円

これは2007年の調査開始以来、過去最低とのこと。



出典:
「ボーナスは貯蓄」43% 消費者庁調査、物価上昇を警戒 日本経済新聞
貯蓄なし世帯が30%超 「貧困化ニッポン」の実態 NEWポストセブン
既婚者の小遣い月平均2万5千円 共同通信



スポンサーリンク


解消されない「貧困化ニッポン」の現状

悩む人


日本の貧困化は変わらず続いているようです。

貯蓄なし世帯が3割は多い。


そして、既婚者のこづかいは月平均で2・5万円

こづかいを減らして衣料品を買い控えるなど、生活レベルを下げて我慢を強いられているのが現状なのだとか。



一方、ボーナスが出るような人でも4割が貯蓄に回している。

いくらプレミアムフライデーだなんだで個人消費を喚起させようとしても、これじゃ意味ありません。

「なぜプレミアムフライデーは失敗するのか?!来年4月からのキッズウィークにも暗雲が・・・を参考のこと)



国税庁の調査によると、年収1000万円超えの人は全国に約200万人いるそうです。

これはたとえば、高校の1クラスが50名だとして、その中の2人が年収1000万円超をもらっている計算になるのだとか。


一方、総務省が発表した貯蓄調査によると、1世帯当たりの貯蓄平均は1820万円

とはいえ貯蓄水準が高いのは主に高齢者で、平均値を押し上げているのは60歳以上の人たち。

これだけ持ってる高齢者が使わないのだから、若者が消費に転じるわけありませんね。


出典:「年収1000万円 vs. 貯金1000万円、幸せへの切符はどっち?」1からはじめる初心者にやさしい投資信託入門



結局のところ、国民は国の景気回復を信じていない部分があるように思います。

だからこそ、財布の紐を締める。

老いも若きも、貯められるうちに貯めておこう!ということなのでしょう。



とはいえ、日本人のこういう貯蓄好きの姿勢、悪くないと思いますよ。

一人暮らし世帯の約半分が貯蓄ゼロ!日本人の「貯金好き」は本当か にも書きましたが、外国人はほんと貯金、しませんから。

このような日本人の石橋を叩いて渡る姿勢、好ましいです( ^ω^ )





日本なら安くて効率的な消費ができる!

悩む人


世のサラリーマンの皆さんは、少ないこづかいの中うまくやり繰りしているようです。

今はネカフェやサウナもレジャー化しているし、長時間で安く楽しめる施設がたくさんありますしね。

「3000円台で泊まれる!東京のおしゃれな格安ホテル」を参考のこと)



新生銀行が発表した「サラリーマンのお小遣い調査」によると、男性会社員の1日の平均昼食代は587円だとか。

でも、これだけあれば日本ならいくらでも美味しいものが食べられますよね。


「ニッポンのサラリーマンよ、節約ワンコイン・ランチに誇りを持て!」にも書きましたが、今はコンビニ弁当だって種類が豊富だし、牛丼屋などのチェーン店でいくらでも安く済ますことができる。



たとえばこれ、最近うちの国で食べた昼食の和食セットの写真。

和食


うな玉丼・サーモン丼・海老の天ぷら・茶碗蒸し・冷ややっこにデザートのスイカと一見豪華ですが、はっきり言って 全然うまくなかった。


もう騙された感ハンパないです。

だったら大戸屋や天丼てんやの定食セットのほうが断然うまい。

期待した分だけ無性に悲しい……。

(こないだコンビニで買ったツナおにぎりも見事に腐ってたし……)



ほんとにね、ところ変わればってヤツですよ。

今は日本だって安くていいものを十分に消費できる。食べ物もレジャーも洋服も何もかも。


何度も同じこと言いますが、日本にいると一見貧乏臭くみえても、ちょっと視点を変えれば「たちまち羨ましがられるポジションに入れ替わる」し、皆さんはそういう贅沢な立場にいるってことです。


ワンコインの500円であれだけ質の高いものを食べられるのは、世界広しといえども日本だけ。

(海外では金額に応じた味のものしか出てこないし、仮に高い金額を出しても裏切られることがまま、ある)



だからね、こづかいが3万切ろうが昼食がワンコインだろうが、胸張って生きてください。

限られた金額の中で、いかに希望を捨てずに楽しく生きるか、ですよ!




関連記事


○ 40代の35%が「貯蓄ゼロ」、妻が離婚したくなるのは「年収500万円未満」から!

○ 30代の必須貯金額は「最低1000万円」!〜妻と兼業、夫も副業が当たり前の時代に〜

○ 金があっても仕事しろ?!「働いたら負け」の真実とは〜


スポンサーリンク

スポンサーリンク

Related