03
2017

「幸せはお金で買える!」〜欧米の研究が明らかにした非情な現実とは〜

CATEGORY生活
財布3


「幸せはお金じゃ買えない」との主張をよく聞きます。

そんなロマンに "待った" をかけたのが、欧米の各研究機関です。

曰く、「幸せはお金で買える」のです。


スポンサーリンク


「幸せはお金じゃ買えない」は嘘!

びっくり女性


まずは1つ目の論拠から。


イギリスのケンブリッジ大学が8万近くの銀行取引について調べたところ、個人の好みに沿ってお金を使っている人ほど幸せであることがわかったそうです。

研究では、お金を使う項目を、個人の特色を表す大きな5つの性質に照らし合わせて調査。



1. 開放性(芸術的か伝統的か)

→自分を表現するものにお金を使うことで満足度は上がる


2. 誠実性(自制心が利くか、のんきか)

→誠実性の高い人は支払いをきちんとし、健康である


3. 外向性(外向的か内向的か)

→外向性の高い人は外食やパブなど外交の場へよく出かける


4. 協調性(人情味が厚いか競争心が高いか)

→ 協調性のある人ほどチャリティなどの寄付をよく行う


5. 情緒安定性(ストレスを受けやすいか安定しているか)

→ ストレスがない人ほど幸せが得られやすい


結果:「自分の特性にあったものにお金をたくさん使っている人ほどより幸せである」



出典:「幸せはお金で買える」とケンブリッジ大学の研究により判明 らばQ



そりゃもちろん、自分の好みに沿ってお金を使える人ほど幸せなのは間違いありません。

それを客観的に証明するために「個人の銀行取引記録を調べた」ところが、この研究の面白いところですね。



お次はカナダのブリティッシュ・コロンビア大学の研究結果。


心理学者のクシュレフ氏:

「貯金があることは悲しみに対するクッションになり、貯金が少ないと苦しみや悩みの原因になる」


→「お金は幸せを増やすためというよりも、悲しみを減らすための効果的なツールとして機能する」

「つまり、貯金があることは悲しみに対するクッションとなり、貯金が少ないと苦しみや悩みの原因になる」


出典:お金で幸せは買えないが、不幸は減らせることが判明…ブリティッシュ・コロンビア大学の研究 らばQ



これも当たり前といえば当たり前ですが、「人間の感情(悲しみ)と貯金を結びつけて研究した」ところが斬新です。

一見当たり前のような意見も、大学の研究結果として出されると途端に信憑性が増すから不思議ですね。





人間は愛よりお金?!

びっくり女性


巷ではよく「幸せはお金じゃ買えないよ」なんて言いますが、たとえば、


「お金には一生困らないけどたった一人の最愛の人は手に入らない」

人生と、

「日々お金に困っているけどたった一人の最愛の人は手に入る」


人生なら、前者を選ぶ人がほとんどなのではないでしょうか?


それは以前の記事「結婚は「愛」?「お金」?本気でディベート&その理由もチョイス!」の結果を見ても明らか。



夫婦喧嘩の原因は大半が「お金」と言われています。

逆に、金銭的に豊かであればあるほど喧嘩が減るとのデータも……。

夫が稼ぐ人であれば多少の浮気は構わないわ、なんて開き直っている奥方も存在します(女性はシビアなまでにリアリストですからね)。


逆に、江戸っ子よろしく「宵越しの金は持たねぇ!」なんて言ってる人ほどお財布がさみしかったりします。



お金があれば寂しさはいくらでも埋め合わすことができる。

最愛の人が手に入らなくても、お金を使って外食やパブやその他の交友関係でいくらでも発散できます。


でもその逆はない。

いくら最愛の人が手に入っても、金銭的に不満足ならその最愛の人を幸せにすることはできない。

なぜなら、生活にはお金が必要不可欠だからです。



結論:「たいていの幸せはお金で買える」

厳しいけれど、これが現実だと思います。




⬇︎こちらの記事もチェック!

口コミでオーダー殺到中!札束を増やす運命の長財布はこちら

アンケート&保険相談でお好きな商品1つプレゼント♪




以下の記事もよく読まれています。


○ お金持ちになりたいなら、お金持ちの特徴を知り、お金の知識を身につけろ!【おすすめ本10選】 

○ お金で苦労しない3つの成功習慣を身につけよう!【独身&結婚後】

○ お金持ち・富裕層に見られる行動の特徴や共通点とは?


スポンサーリンク

スポンサーリンク

Related