14
2017

【電気代を安くしたい!】じぶん電力のメリット・デメリットとは?【口コミ・評判もチェック】

CATEGORY自分磨き
電気器具


自宅の屋根で発電した電気をじぶんの家で直接使用したいと思いませんか?

それが、できちゃうんです。

初期費用0円でそれを叶えてくれるのが【じぶん電力】

その特徴やメリット・デメリットなどを見ていきましょう。


スポンサーリンク


じぶん電力って何?

にっこり



住宅用の太陽光発電システムを導入するには、通常200万円程度の初期投資が必要となり、ハードルが高いと言われています。

初期投資を回収したのちに収入となりますが、回収までに約20年は必要となり、不確実性が高いのもネック。



その初期費用という問題を解決したのが、日本エコシステムの「じぶん電力」です。

なんと、太陽光発電システムを無料で設置してくれます。


150万〜200万円相当の太陽光発電システムを無料で設置した後で、電気料金を日本エコシステムに支払う仕組みです。

つまり、発電した電気を販売することで、会社は設置費用を少しづつ回収するのですね。

(契約期間満了後、太陽光発電システムはお客様に無償譲渡されます)



「じぶん電力」を運営する日本エコシステムは、創業20年の太陽光発電のリーディングカンパニー。

「じぶん電力」で設置する太陽光発電パネルは、国内生産される最高品質パネルと言われています。


出典:日本エコシステムの「じぶん電力」メリット・デメリットは?太陽光発電の初期費用が無料!? eco-le





じぶん電力のメリット・デメリットとは?

にっこり


それでは、じぶん電力の メリット を箇条書きにしてみましょう。



初期費用0円

太陽光発電システムの設置費用はすべて日本エコシステムが負担

月々の電気代が300〜500円ほど安くなる(使用量や各プランによります)

発電が不足する時間帯はエネットの電気を供給

もし停電になったとしても、太陽光発電の発電している時間であれば非常用電気を使うことができる

停電時には「非常用コンセント」から無料で電気を使うことができる



あえて デメリット を挙げるとすると以下になります。


契約者の条件が細かく決められている(家族構成や年齢・住宅の造りによっては設置できない家庭もある)

契約が20年と長い



よって、長期計画で自家発電した電気を使いたい方に向いていると言えるでしょう。

「電気代の支払先を切り替えるだけで太陽光発電がついてくる」と思えば、メリットは大きいと思います。





じぶん電力の口コミが知りたい!

にっこり


それでは「じぶん電力」の口コミを見てみましょう。



◆契約が終わった後に譲渡されることと、その間の交換やメンテナンス費が無料なこと、停電した時にはその電源を使えること、太陽光を乗せると住宅の資産価値が上がる(しかも無料で)等々、良い条件もあったので導入しました。もちろん、デメリットとして、月々の電気代は以前よりも300円~500円くらいしか安くならない、太陽光を乗せる屋根を選ぶ等ありますが、この時期パネルが日よけになってくれるから、昼間でも2階の部屋が涼しいので助かってます(光熱費的にも)。費用面で太陽光をためらっている人には有難いプランですね。(32才・女・保育士)



◆導入コストゼロで自宅に太陽光を設置できるのは大変なメリットですね!ただ、屋根の角度が悪かったり、日照条件が悪かったりすると断られるんじゃないかなとは思います(ほかにも、家族の年齢等諸条件あるようですが・・・)。あくまで 太陽光発電で採算が取れる一戸建て向き ですが、自分は無料シミュレーション申し込んでみました。(38才・男・会社員)



◆料金プランを調べると、40A契約&月使用量300kWhで、東電とトントンくらいの印象です。もっとも、うちは昼と夜の電気使用が半々くらいなのでこの結果ですが、昼間に電気を使うことが多ければ東電よりも高くなるし、反対に 夜のほうが電気を使うなら東電より安い と思います。夜型のおうちだったら切替メリットありですね。(51才・女・自営業)



出典:「じぶん電力の評判」ene save




じぶん電力のプランは2つ。

「標準プラン」「地球応援プラン(※)」です。

※24時間365日CO2排出係数ゼロ




⬇︎まずは動画で【じぶん電力】の仕組みをチェック!




スポンサーリンク

スポンサーリンク

Related