12
2017

友人に嫉妬してしまった瞬間とは?! 〜嫉妬をスキルアップの力に変える重要性〜

CATEGORY生活
女性 びっくり 日本人


何でも話せる気のおけない友人の存在は、とても価値のあるもの。

その人が素敵であればあるほど、誇りに思うと同時にそのレベルをめざしたくなるものです。

でも時に、友人が持っている優れた部分に後ろ暗い感情を持つことも……それが 嫉妬 です。

人間だから嫉妬があって当たり前。今回は、そんな「嫉妬」に関するお話です。


スポンサーリンク


友人に嫉妬してしまった瞬間とは?!

びっくり女性


友人に嫉妬してしまった瞬間、まずは<女性編>から見てみましょう。


・「まわりの子がみんなかわいくて、なんで自分だけこんなにかわいくないのかと落ち込んだ」

・「給料が良く、残業がほとんどない職場に勤めている友人がうらやましく思った」

・「仕事でパリコレに行っていたこと。しかもその仕事は転職したばかり」

・「友だちは結婚していて、すてきな旦那さんがいて、オシャレな家に住んでいて、友だちも多い」

・「友だちの彼氏が、かっこよく、優しく、東大卒のエリートだったとき。悲しくなった」


出典:【男女のちがい】友だちに対して思わず嫉妬してしまったエピソード男女別6選! くらし



女性の回答でもっとも目立ったのは、恋愛や結婚に関する意見だとか。

仕事に関して言えば、女性は金銭的なことよりは、むしろ仕事の "内容" に嫉妬してしまう傾向があるようです。




友人に嫉妬してしまった瞬間、お次は<男性編>


・「自分と大して変わらない学力の友人が世界的な企業に入社して、いきなりボーナスが60万出たとき」

・「父親が経営する会社にそのまま就職した友だち。わりと大きくて安定した会社なので、うらやましかった」

・「モテている人を見ると嫉妬する」

・「何でもできる友人に嫉妬したことはある。自分もああなりたいと」

・「高校時代に、一番仲のいい友だちがかっこよくて、彼女もいて、スポーツもできていたからうらやましかった」


出典:【男女のちがい】友だちに対して思わず嫉妬してしまったエピソード男女別6選! くらし



女性が「仕事の内容」で嫉妬しがちなのに対し、男性はずばり「年収」で嫉妬するようです。

また、女性よりも「異性にモテたい」との欲求が強く、女性にモテモテな人に嫉妬するのだとか。

自分よりも高い能力を持つ友人への嫉妬もあるようですね。



いずれにしろ、嫉妬で終わっていては自分自身が成長しません。

そこからどう自分を磨いていくか、それでいて友人とどう良好な人間関係を保っていけるかにかかっていると思います。



じっとしてただ嫉妬していても始まりません。

下記のようなサイトで、スキルアップをめざすのも一つの方法かと思いますよ。



⬇︎EPARKで自分に合った習い事を探してみる





⬇︎ケイコとマナブで自分に合ったスクールを探してみる







関連記事


○ 人生に絶望した瞬間とは?立ち直り方・対処法を知り、かろやかに生きよう

○ 愚痴ばっか言ってると運気が下がっちゃうよってお話 〜愚痴を言わない人になる方法とは〜

○ 他人に期待しないほうが人生ラクに生きられるというお話


スポンサーリンク

スポンサーリンク

Related