01
2017

なぜプレミアムフライデーは失敗するのか?!来年4月からのキッズウィークにも暗雲が・・・

CATEGORY時事
レジャー


月末の金曜日は15時の退社を促し、個人消費を喚起させる目的の「プレミアムフライデー」

2月からはじまったこの制度ですが、15時に帰ったのは全体の 約4% しかいなかったとか。

逆に言えば、「早く帰らなかった」人が96%もいたということ。

プレミアムフライデーの普及に「手ごたえを感じている」と意気込む経産省を尻目に、あまり世の中に浸透していない現状が浮き彫りとなっています。



出典:プレミアムフライデー失敗の理由 プレジデントオンライン


スポンサーリンク


なぜプレミアムフライデーは失敗するのか?

ハテナ


東京・新橋駅前で行われたアンケート調査と、ツイッターの投稿を見てみましょう。


「言ってるだけで誰もやっていない」(不動産・20代男性)

「結局その分どこかで帳尻合わせなきゃいけなくなる」(商社・30代男性)

「妻に『何で早く帰ってくるんだ。仕事しろ』と言われる」(建築系・20代男性)

「プレミアムフライデーを満喫できるのはプレミアムな貴族様だけ」(ツイッター)

「午後から出勤のハッピーマンデーの方が幸せになれる」(ツイッター)

「クリスマスといえばフライドチキンみたいにプレミアムフライデーも定番メニューがあれば盛り上がるのでは?」(ツイッター)



出典:4回目のプレミアムフライデー「このままではプレ金格差が拡大」と批判 ライブドアニュース



「妻に『何で早く帰ってくるんだ。仕事しろ』と言われる」

……。

これはきつい……。


「プレ金は失敗」との声をネットのいたるところで見ますが、これね、日本人の生真面目な性格をよく表してるな〜と思います。

これが外国人なら、「え?15時で帰れんの?やったぁ〜!飯いくべ飯!」って感じですよ。


基本、誇張ではなく彼らはオプティミストですからね。

プレミアムフライデーでこの世の終わりのような顔をするのは、たぶん日本人かドイツ人くらいでしょう(笑)

(だからこそこの2カ国は、世界に誇れる経済大国になれたとも言えるのですが)



せっかくのプレ金、手放しで喜べばいいじゃん。ダメですかね?



とはいえツイッターの声にもあるとおり、「プレミアムフライデーを満喫できるのはプレミアムな貴族様だけ」というのもよくわかります。

お役人は個人消費喚起を目的にプレ金を作ったのでしょうが、仮に早く帰れたとして、それで即国民がお金を豪勢に使うようになるとは思えない。


「疲れたから早く帰って横になる」「どうせなら部屋でゴロゴロしたい」人がほとんどじゃないでしょうか?

そりゃバブルのような時代がもう一度来ることがわかっていれば皆さん多少無茶してでも出費するでしょうが、そもそもが貯蓄好きな国民性。

貯蓄のたっぷりある年配者でさえ貯め込んで使わないのだから、若い人たちがそうそう張り切って消費するとも思えず……。



会社員にはむしろハッピーマンデーを増やした方がいいのかもしれない。

月曜の朝の、あのなんとも言えない重圧感。

あれが払拭されればだいぶラクですよね。

わたしら世代だと、サザエさんが終わるくらいの時間になると徐々に気がおも〜くなっていくというね。



とはいえ、プレミアムフライデーもまだ始まったばかり。

ここは普及するまでもう少し様子を見ようじゃありませんか。


日本人はいい意味で真面目なんですよ、石橋を叩いて渡る性格なんです。

慣れるまで時間が必要なんですよ、何事も。





キッズウィークはどうなのか?

ハテナ


来年4月から始まる新しい大型連休が「キッズウィーク」

全国の小・中学校と高校で、夏休みなどの長期休暇の一部をほかの平日に分散させ、それに合わせて大人も休めるようにするというもの。


これについても険しい意見が。ちょっと引用してみましょう。


仮に「キッズウィーク」が実施されたとしても、働いている親が休みを取ることができなければ、連休の間、子どもたちだけが家に残されることに……。

働いているママたちは、学童の利用もできず、子どもの預け先に困ってしまうでしょうし、お昼ご飯の準備もしないといけない! 

専業主婦のママたちも、パパが働いている間に、ひとりで子どもを連れてお出かけするのは大変ですよね。

どちらにせよ、ママにとっても子どもたちにとっても、負担のかかる結果になってしまいそうです。


出典:一体だれのため? 「キッズウィーク」が来年4月から実施に ママスタセレクト



この「キッズウィーク」のニュースを聞いた時、イヤ〜な予感がしたんですよね。

だって大人は基本、子供たちには元気に学校に行っててほしいものですから。



大人だって息抜きは必要です。

むしろ春休みや夏休みのように、子供にまとめて休みを取ってもらったほうが親もラクなんじゃないでしょうか?


とくに働いている親御さんにとってはそうでしょう。

育休と同じく、休むなら仕事の進捗具合も気にしなきゃならないし、同僚へのお土産だってある。

働く日本人にとって、休暇を取るっていうのはこれでけっこう神経使うんですよ。


親が仕事を休めなきゃ子供が家に取り残されてしまうし、預け先にだって困る。

公的機関も休みだろうし、みながみな実家の両親を頼れるわけでもない。


プレミアムフライデーと同じく、なんらかの形で不満は出てくるような気はします。



とはいえ、プレ金もキッズウィークも、休みを減らすのではなくむしろ国民にゆっくりしてもらおうという配慮あってのもの。

今後もこの潮流が続くことはあっても減ることはないでしょう。


「働け働け」とハッパをかけられる外国人とは逆なところがおもしろい。

日本の場合、「もう働くな、もっと休め」ですからね。



いろいろ段取りが大変とは思いますが、せっかくの休みなんだから、何も考えずに手放しで喜んじゃえばいい っていうのが個人的な意見です。

日本のみなさん、もっと休日に慣れましょう!





こちらの記事もよく読まれています。


○ 日本人は出張嫌い?!「出張ふやすなら給料あげろ」の怪

○ 新入社員「会社辞めたい」の声がネット上に続出 〜理由は何?〜【新卒、20代】

○ 【ほぼ強制?】会社の飲み会・忘年会が嫌だ、断りたい、これってアリ?!


スポンサーリンク

スポンサーリンク

Related