27
2017

シルバードラマが高視聴率で絶好調!若者のテレビ離れ、どう対策する?!

CATEGORYエンタメ
折れ線グラフ


若い人がテレビを観なくなって久しい。

もはや「テレビはお年寄りの娯楽」と言われ、一方の若者たちはテレビよりも YouTube にハマっている。

そんな状況を逆手に取った番組がいくつかある。

順に見ていこう。


出典:<若者のテレビ離れの証明?>倉本聰のシルバードラマ『やすらぎの郷』高視聴率におびえるテレビ局 BLOGOS


スポンサーリンク


なぜテレビ局は「若者のテレビ離れ」を認めないのか?

はてな女性


たとえば、倉本聰脚本の『やすらぎの郷』(テレビ朝日)、米倉涼子主演の『ドクターX ~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日)、ついに Season6に突入した長寿ドラマ『孤独のグルメ』(テレビ東京)など。


『やすらぎの郷』は明確に中高年をターゲットにしているし、『ドクターX』もお年寄りの好きないわゆる勧善懲悪モノだ。

『孤独のグルメ』のあの淡々としたストーリーも中高年層にフィットするし、各ドラマの脇を固めているキャストも中高年が多い。


「テレビで高視聴率を稼ぐには中高年の視聴者をターゲットにしなければならない」ということが証明されたわけだ。



テレビ局関係者も若者のテレビ離れには気づいているそうだが、それをおおっぴらにできない事情があるという。

それは、スポンサーの要請があるから。


スポンサーは購買力のある若い層に訴えたい。

金を持っていても、物を買わない年寄りに商品をアピールしても仕方ないからだ。


だからもっと若者向けの番組をバンバン作ってもらい、若者層を惹きつけてほしいと思っている。

そのようなスポンサーの要請がある限り、テレビ局としてもおおっぴらに「若者のテレビ離れ」を認めるわけにはいかないというわけだ。




フジテレビがついにドラマ路線から報道路線へ変更?

はてな女性


フジテレビの社長交代で、フジは今後、ドラマから報道重視で行くだろうと言われている。

これは、前社長がドラマ畑で新社長が報道畑で実績を積んできたため。

この交代劇により、長年続いた視聴率の悪いバラエティー番組がリストラされるだろうと噂されている。



とはいえ、フジの凋落は「若者向けの番組ばかり作っているから」ではないようだ。

「若者に向けた番組ばかり作るテレビ局とのイメージが染み付いてしまったから」お年寄りがフジにチャンネルを合わせない、結果、フジテレビに視聴率が流れない、こういう構図のようだ。

それだけ 事実よりもイメージの力は強い ということ。



確かに、「フジ=若者向け」とのイメージは今もある。

80年代にトレンディドラマの実績を作り、とんねるずやナイナイといったお笑い番組で一時代を築いたのがフジテレビ。


一方、テレビ東京やNHKは今も昔も「年寄りの観るチャンネル」とのイメージが染み付いている。

だから、わたしの子ども時代はみなテレ東やNHK以外の局を観ていたし、それらの局は「地味」とのイメージがあった。


でも蓋を開けてみれば、その「地味」路線が今や一番強い。

お年寄りは「ワーワーキャーキャー」した番組など観たくないのだ。




「若者のテレビ離れ」に打開策はあるのか?

はてな女性


フジの『バイキング』を観ていたら、YouTuber をゲストに交えてタレントたちが討論していた。

坂上忍をはじめ何名かのタレントさんは「YouTube を観たことがない」と言い、テレビとは一線を画している(テレビよりも YouTube を下に見ている)感があった。


でも、いまの小中学生が観ているのは間違いなくテレビではなく YouTube 。

もう「ゆーちゅーぶなんて観ない、知らない」という時代じゃないということ。


テレビ局も、 ネット番組を下に見ず、YouTube に番組を持つぐらいの勢いで若者層を取り込む必要があるんじゃないか?と思う。

「テレビは中高年向け」と割り切って、徹底してお年寄りが好む番組だけを作る。

で、YouTube を始めとするネット番組はすべて若者向けの番組とする。


それぐらい極端に徹しないと、もう時代を生き残っていけないのかもしれない。

だって、観ないものは観ないんだから。




〜〜〜〜〜〜〜

過去の名作ドラマ・バラエティ、アニメ、 映画を【FODプレミアム】で観よう!

⬇︎月額888円(税抜)が31日間無料キャンペーン中!!







関連記事

○ 若者の “月9“ 離れが深刻化・・・フジに起死回生のチャンスはあるのか

○ 90年代のイケイケだった「月9」ドラマについて語ってみる

○ 私的おすすめドラマのランキングを語ってみる


スポンサーリンク

スポンサーリンク

Related