20
2017

【祝・映画化決定】「聖闘士星矢」がハリウッドで実写化、車田正美センセイ大歓喜の予感

CATEGORYエンタメ
銀河


車田正美原作の「聖闘士星矢」が、米ハリウッドで実写映画化されることが決まった。

原作は1985~90年に「週刊少年ジャンプ」で連載。

累計発行部数は3500万部を突破している。

アニメ版は世界80以上の国と地域で放送されており、総売上は11億ドルを超えている。


出典:「聖闘士星矢」がハリウッドで実写映画化!原作・車田正美「かつてないプロジェクト」映画.com


スポンサーリンク


ハリウッド、また随分と掘り起こしてきましたね(笑)

今度は 聖闘士星矢 ですか。

横っ腹を手刀でトスッとやられた感じですわ。


しかも驚いたことに、世界80ヶ国 以上で放送されているという(知らなかった)。

世界中にファンがいるだろうから、仮に日本で実写版がコケても海外の人たちが救ってくれそうです。



氷河ファンだった日渡早紀センセイもさぞお喜びのことでしょう。

(なんせ自作でガチの星矢パロをやっちゃう人ですからね・笑)



ぼくの地球を守って1巻 (白泉社文庫)より

ぼくの地球を守って 星矢1

ぼくの地球を守って 星矢2

出典:「ぼくの地球を守って ありすの妄想」封印解除




それはさておき。


わたくし、世代的には星矢(もちろん無印ね)放送時にバリバリの小坊時代を過ごしているので、この作品を知らないわけがない。

OPもいまだにバリバリ歌える。


……が、内容をまったく覚えていない(スミマセン……)

瞬のファンだったことは覚えとるんですが。

(ところで「HUNTER×HUNTER」のクラピカって瞬みたいだよね、中性的でチェーン使いなところが)



このブログで星矢ネタ扱ったことあったっけ?と思って調べてみたら、ありました。

「パルテノン神殿は聖闘士星矢の上位互換」とかエラそうに書いてましたわ(笑)

「MASTER キートンと遺跡の話」参照)


まぁ、ギリシャ好きとしてはなんだかんだで聖闘士星矢は放っておけない存在なわけです、はい。




ちなみに他の人たちは星矢のハリウッド実写化についてどう思っているのか?

こういう時はやはり2ちゃんねるです。

(特に漫画・アニメ系の書き込みに関してはここは秀逸)



・ハリウッドもネタに困っているのかwww

滅茶苦茶になってて楽しそうw 早く見たいわw

・実写版ドラゴンボールとかいう悪夢

・氷河のポーズはぜひ再現してほしい

・これはハリウッド版北斗の拳並みの名作になる予感

・ドラゴン紫龍で中華マネーも期待できんのかなw

・黒人枠は誰になるのか

聖矢ぐらいぶっとんでると意外とあうかもしれん

・ジャンプ ハリウッド 最強タッグ

・「ペガサス流星拳」とか日本語で絶叫するんかな?

・誰がやっても、オーロラエクスキュージョンはカッコ悪そうだな

「俺の(小宇宙)コスモ」 実写はうわー何言ってんだおれてなる


出典:映画】「聖闘士星矢」がハリウッドで実写映画化!原作・車田正美「かつてないプロジェクト」2ちゃんねる



皆さんナンダカンダいって楽しそうです。

2ちゃんねらー自体がちょうど星矢世代ですもんね。



「聖矢ぐらいぶっとんでると意外とあうかもしれん」

……なるほど。名作ながらも「トンデモ路線」な作品を扱えばいいわけですな。

それでハリウッド版「北斗の拳」の名前が挙がってるのか。



「北斗の拳」の世界観もある意味 "無国籍" だし、ぶっ飛んでるっちゃあぶっ飛んでますからね。

『北斗の拳』(ハリウッド版) 予告編

(1995年に東映ビデオと東北新社の協力によってハリウッドで制作されているようです)



ハリウッド版「聖闘士星矢」の制作には中国資本が入っているようなので、「ドラゴン紫龍の役者は中華系アメリカ人か?」との書き込みもちらほら。

黒人枠は……そうですね、一輝(イッキ)あたりどうでしょう??ちょっとマッチョで燃え盛ってる感じがさ。



ちなみに引用にある「氷河のポーズ」とはこれだと思われます。

白鳥星座の氷河 ダイヤモンドダスト



カミュの必殺技、オーロラエクスキュージョンはこちらです。

Camus' Aurora Execution - Saint Seiya



聖闘士星矢、いま観るとかなり中2入っててゾクゾクするのですが、いいじゃないですか、「俺の小宇宙(コスモ)」、ぜひハリウッド版でも言ってもらいましょう。





⬇︎U-NEXT でアニメをたっぷり観よう!

31日間無料トライアル実施中!







関連記事


○ 【祝・映画化】東京喰種(トーキョーグール)考察【窪田正孝、清水富美加】

○ 攻殻機動隊とゴースト・イン・ザ・シェルの話

○ 若者たちは日常系アニメを好む傾向? 〜ファン層の世代交代が如実に〜


スポンサーリンク

スポンサーリンク

Related