19
2017

【週刊少年誌】ジャンプ&サンデーが瀕死状態?!〜漫画はもう子供たちの娯楽ではないのか〜

CATEGORYエンタメ
子供 びっくり


今年1~3月、「週刊少年ジャンプ」(集英社)の印刷部数が200万部を割り込んだそうだ。

ピークの1994年には653万部を発行しているので、当時から3分の1以下に落ち込んだことになる。

ちなみに「週刊少年マガジン」(講談社)は同時期で約96万部、「週刊少年サンデー」(小学館)は約32万部だった。


出典:「週刊少年ジャンプ」、200万部割れ ITmediaビジネスONLINE


スポンサーリンク


少年たちよ、今後なにを読む?!

びっくり女性


子どもの数が減っているので当然とはいえ、これはちょっと悲しい。

わたしはジャンプのピークである80年代に子供時代を過ごしているので、その存在感や圧倒的すごさは身にしみている。


ドラゴンボール、キャプテン翼、キン肉マン、シティーハンター 、ジョジョ……。

みんな当然のようにジャンプを読んでいたし、兄弟は回し読みどころか1冊ずつ別々にジャンプを買っていたものだ。


わたし個人は暑苦しいジャンプよりも、爽やか路線?のサンデー派だったのですが。

昔から、あだち充や高橋留美子といった「肩の力のほどよく抜けた」作風を好んだのもある。



ちなみに、2ちゃんねるでは各少年マンガ雑誌を以下のように比喩していた。


ジャンプ - 体育会系

サンデー - お坊ちゃん

マガジン - DQN

チャンピオン - キ○ガイ


出典:【雑誌】「週刊少年ジャンプ」、200万部割れ 最盛期から3分の1以下に★9 2ちゃんねる



チャンピオン……。

いやいや、それでこそ秋田書店。これはこれでおk。


サンデーの「お坊ちゃん」もなんとなくわかるし、ジャンプの「体育会系」は言うまでもない。


マガジンは一応、出版界の雄、講談社発行である。

そのマガジンをドキュン扱いとは(笑)


とはいえ別冊少年マガジン(通称「別マ」)、今や『進撃の巨人』で盛り返しましたからね。

あの時すでに、スポ根路線のジャンプの終焉を告げていたのかもしれない。




少女マンガ雑誌はいかに?!

びっくり女性


さてさて、2ちゃんねるでは少女マンガ雑誌の発行部数についても書き込みがあった。

ちょっと引用してみよう。



少女漫画は、小学館ちゃおの圧勝

ちゃお 20万部→47万部

りぼん 250万部→17万部
なかよし 150万部→9万部


出典:【雑誌】「週刊少年ジャンプ」、200万部割れ 最盛期から3分の1以下に★9 2ちゃんねる



ちゃおだけ最盛期(おそらくは80年代〜90年代)よりも部数を伸ばしている。

これはすごい、検討してます。

ちゃおの場合は付録が豪華ですからね、戦略勝ちでしょう、付録でうまく釣ってます(笑)


ちゃお付録のお掃除ロボット⬇︎

『ちゃお』付録ロボット掃除機

画像出典:『ちゃお』付録ロボット掃除機レビュー:完璧なダウンサイジング! 実用とは違うステージに挑んでいる GIZMODO



個人的には「りぼん」の落ち込みが悲しい。

80年代のりぼんは、「250万乙女のバイブル」というキャッチコピーが金字塔のように輝いていた。


わたしの大好きな『星の瞳のシルエット』でも、「250万乙女のバイブル」という文言が作中にしょっちゅう出てきたものです。

(参考記事:私的・少女漫画考察 〜第二弾・星の瞳のシルエット〜



今はマンガ以外にネットやゲームといった娯楽が山のようにありますからね。

わたしのようにマンガを電子書籍で買う層も健在とは思いますが、少年・少女漫画雑誌のかつての勢いを知ってるだけに寂しさを覚えます。



とはいえ、当時はなかった新しい潮流もある。

コラボカフェやイベントもその一つ。


りぼんは最近、東京スカイツリーで創刊60周年記念イベントやってますね。

こういうの、ありがたみがわかるのは時代を経たからこそ、ですよ。

(詳しくは 昭和と平成の漫画はなにが違うのか?! を参照のこと)



子供たちよ、少年・少女マンガ雑誌、もっとガンガン読んでください。





auの【ブックパス】なら月額562円(税別)であらゆるジャンルの電子書籍が読み放題!

初めての方は30日間無料


⬇︎人気コミックが全巻読み放題!auの【ブックパス】はこちらから

アラカルト訴求


スポンサーリンク

スポンサーリンク

Related