08
2017

老後の生活「不安を感じる」7割近く、年金削減で団塊世代を狙い撃ち 〜だったら生活保護の方がマシ?! 〜

CATEGORY生活
考える日本人女性


第三銀行の消費者意識調査によると、老後の生活について「不安を感じる」が7割近くに上り、「不安を感じない」は約1割にとどまったそうです。

主な不安は「生活資金」が7割超、「年金制度」も5割超。その他、病気や介護を挙げる人も目立ったとか。

老後への備えでは、半数以上が「貯蓄」を挙げ、その他「節約」「健康維持・体力づくり」などが続きました。


出典:第三銀消費者アンケート 老後生活7割不安…節約傾向強まる 産経ニュース


スポンサーリンク


団塊はもはや逃げ切り世代ではない!

びっくり女性


団塊世代(1947年~1949年生まれ)といえば、高度経済成長時代においしい思いをし、しかもバブルの負の遺産を下の世代に押し付けてきたいわゆる「逃げ切り」世代とのイメージがあります。

そんな中、「一番損をしているのは実は団塊世代である」と言い切る記事を見つけました。

ちょっと紹介してみましょう。


・70歳以上で年収370万円未満の場合、外来診療の上限額が来年以降6000円増になる

・医療費の自己負担率は、現役並みの所得のある70歳以上は3割負担。一般の70歳以上も2割負担になっている

・上の世代と比較しても年金が大幅減額されている(昭和22年生まれの男性の場合、年金支給総額との差額は約2160万円)


出典:「団塊は逃げ切り世代!」の誤解 年金、医療費などで検証 マネーポストWEB



上記引用を見てもわかるとおり、高齢者の年金にまで政府が堂々と手を突っ込んでいるのは事実なようです。

それでも65歳からもらえるならまだいい方ですよ。

私らの時代には、確実に75歳からに引き上げられますから。



しかも政府は「高等教育の無償化」案を進めているため、その財源確保のためにお年寄りが狙い撃ちされるのは必然。

(東京都でも、年収760万円までのすべての世帯を対象に、私立高校の授業料を平均44万円補助)



公立高校のみならず私立高校の授業料も優遇ですから、「高齢者よりも未来の子供たちへ投資している」のは火を見るよりも明らか。

未来の子供達のためには仕方ないとはいえ、もう「お国を頼れる時代」では完全になくなったということですね。





年金よりも生活保護の方が得?!

びっくり女性


そうなると、出てくるのが「年金よりも生活保護の方が得なんじゃない?」という意見。

知られざる生活保護の世界を、ちょっと覗いてみましょう。



まず、「生活保護の受給要件」は以下のとおり。


1・預金がないこと

2・売却できる資産がないこと

3・扶養してくれる親族がいないこと

4・病気や高齢などで働くことができないこと


出典:「年金よりも生活保護の方が得なんですか?」おひとりさまライフ.jp




次に「生活保護のメリット」はこちら。


1・国民年金の倍額の生活保護費

2・家賃の支給

3・医療費の免除

4・各種税金・公共料金の免除


出典:「年金よりも生活保護の方が得なんですか?」おひとりさまライフ.jp



最後に、「生活保護のデメリット」です。


1・貯金ができない

2・借金ができない

3・海外旅行ができない

4・家や車が所有できない

5・ケースワーカーの定期訪問がある


出典:「年金よりも生活保護の方が得なんですか?」おひとりさまライフ.jp



上記出典によると、あらゆる試算をした上で出た結論は以下のとおりだったとか。


・生活保護受給者は月額18万円以上の収入があると言っても過言ではない

・現役時代に年収1000万円を超える高給取りだった人たちでさえ、生活保護に完敗してしまう

・生活保護受給者は、厚生年金を満額支払っているどの人よりも恵まれた待遇になる

・生活保護であれば、いくら歳がいっても医療費の心配をしなくてよい



→現時点で年金と生活保護どっちがお得?と問われれば、「生活保護の方がお得です」と言わざるを得ない


出典:「年金よりも生活保護の方が得なんですか?」おひとりさまライフ.jp



これはなかなか 衝撃的な結果 ですね。

真面目に働いている人間がバカを見るなんて。



とはいえ、「生活保護制度が今後20年、30年先も今の水準を保っているかは非常に怪しい」ので、「今後は対象者に合った制度変更が求められていくのでは」という結論で記事は締められています。


そりゃそうでしょう、こんな馬鹿げたカラクリに気づいちゃったら、誰だって「年金払うよりも生活保護だ!」になっちゃいますからね。


政府は年金削減よりも、まずは生活保護制度の見直しからどんどん切り込んでいってほしいものです。



⬇︎こちらの記事もチェック!

ライフステージに合わせたFPと保険の見直し、大丈夫ですか?



アンケート&保険相談でお好きな商品1つプレゼント♪




関連記事


○ 「老後は子供に頼りたくない」と考える親が多数 〜老後資金は自分で蓄えよう〜

○ 【年金】受給開始年齢が75歳になったら、あなたはどうしますか・・・?

○ 「年金カット法案」の次は「休眠預金法案」成立 〜日本人の暮らしがますますシビアになってゆく〜


スポンサーリンク

Related

スポンサーリンク