02
2017

海外で日本の食材を安く買えたので今日はホクホクとかいう話

えび重


なぜいきなり海老重なのかというと、こんな感じの丼ものをお昼に食べたので……それだけ(笑)

近頃はもう美味しい和食を食べることが最大の楽しみになってまして、日本へ一時帰国する目的も、半分以上は 食事 です。

これはもう海外在住者にとっての宿命というか……彼らのブログを読むと、みなさん大抵「日本食」に飢えてます。

かわいそうなほど飢えてます。

日本の食事がどれだけ美味しいかの証左でもあるんですけどね。


スポンサーリンク


そんなわけで、今日は美味しい和食で腹を満たしたので気分もルンルン。

そこへきて、いつも行ってる日本食材屋さんが豪快なセールをしていた。

もう目の色変えて、ここぞとばかりに買いまくりました。


戦利品はこちら⬇︎

食材


全部で日本円にして 2000円 くらいでしょうか?

日本だとまぁ普通の金額でしょうが、こっちで買うと輸入価格になるので、写真の量だと軽く5000円は超える。

それが半額以下の値段で買えたのだから、嬉しくないわけがない。



カップ麺とか冷食とか写ってますけど、こういうB級食が懐かしくてやたら食べたくなるんですよね。

あとは日本のスナック菓子とか。


こんな風に、こっちでしょっちゅう日本食レストランに行ったり日本食材を買うので、食費はそれなりに高くつきます。

(やっぱ日本人ですからね、舌がもう和食で慣れちゃってる)



ちなみに、いつもこんな感じの和食レストランで食事しています。

ここはチェーン店で、板前さんのほとんどはローカルの人間ですが、教育係として日本人がいる店舗も。


rakuzen1.png

rakuzen2.png




雑貨のほとんどは近所のダイソーで買ってます。

洗剤もお皿もサランラップも掃除道具も、何もかも。


海外製品だと香料がきつかったり洗浄力に疑問があったりするので、「だったらもうダイソーで!」との結論に達するわけです。

日本にいる時は「100均ショップの延長」程度にしか捉えていなかったダイソーですが、移住してからはフル活用!(ダイソーが海外展開してくれてて感謝ですホント)。



ちなみに、写真のコップや雑貨などもすべてダイソーで購入。


コップ

雑貨だいそー



今の為替相場だと1アイテム120〜130円くらいでしょうか。

誰に見栄を張るでもなし、ダイソー商品で十分です。

(とはいえ腐っても「メイド イン ジャパン」、ダイソーは現地でもえらく人気です)




海外移住後、物欲がなくなりつつあるのか、気づくと全然お金を使っていない。

食事(和食)にお金をかけるぐらいかな?

あとは、日本への一時帰国時にドカッと買い物する程度か。



今借りてる部屋も家具付き物件だし、家具や家電が壊れればオーナー負担で購入してくれる。

こちらの記事にも書きましたが、最近もオーナーさんがどデカイ冷蔵庫を買ってくれた。



東京で他人の目を気にしながらあくせくするのに疲れていたので、こっちではミニマムにゆるりと暮らしています。

もちろん、日本はいつだってわたしの「忘れ得ぬ故郷」です。

それだけはいつも心にある。




最後に、コンドミニアムのベランダから撮影した夕陽。

あまりに見事なオレンジだったので、思わずカメラを手にしてしまった。


夕日




こちらの記事もよく読まれています。


○ 日本人の9割「日本が好き」・・・トップは「食」と「治安」

○ 「日本スゴイ」番組の激増について 〜日本人の自己陶酔は悪なのか?!を検証する〜

○ 【海外】一時帰国の日本が変わらず楽しかった件【移住】


スポンサーリンク

Related

スポンサーリンク