27
2017

化粧する男性、アンダーヘアも処理・・・モテたいなら清潔感ある「ジェンダーレス」男をめざせ!

CATEGORY生活
ジェンダーレス


女性向け化粧品市場が飽和状態にあるなか、男性をターゲットにしたさまざまな化粧品が誕生している。

メーカーにとっても男性向け化粧品は売り上げ拡大が見込める有望市場。

そこで、男性需要を取り込もうと、各社が積極的に顧客獲得に乗り出している。

背景としては、ビジネスマナーとしての「清潔感」が意識されていることや、男女の性差をなくす「ジェンダーレス」の浸透があるようだ。


スポンサーリンク


日本にも浸透するジェンダーレスの波

にっこり


近年、男性のスキンケアや体臭ケア意識が高まっているという。

スタイリング剤・フェイシャルペーパー・デオドラントスプレー・シャンプー・リンス、ボディーケアなどが人気とのこと。



一方、デパート地下1階の化粧品フロアはほとんどが女性客のため、男性から「行きづらい」との声が上がっていた。

そこで資生堂は、男性用化粧品「SHISEIDO MEN」の専用コーナーを設置。

化粧品カウンターで美容部員が男性の肌を測定器で測ったり、スキンケア方法や眉の手入れのアドバイスをしたりするそうだ。



男性がヒゲや体毛を自分で整える「メンズグルーミング」市場も盛り上がりを見せている。

最近は、ヒゲの手入れとしてただシェービングするだけでなく、ヒゲをデザインして楽しむ(トリミングする)人も増えているそうだ。



脱毛処理も、もはや女性だけの時代ではない。

パナソニックの調査によると、顔周りだけでなく、おなかやおへそ周り、胸毛などを処理している男性は多く、ワキよりもアンダーヘアを処理している人が多くなっているのだとか。



とはいえ、男性用化粧品市場が化粧品全体に占めるシェアはたった 4・9%(2015年度)。

その分、女性に比べて潜在顧客が多く、成長が期待できるジャンルと言えそうだ。



出典:化粧する男性たち。有望市場へ身だしなみやおしゃれ提案 ニュースイッチ

出典:アンダーヘアを処理する男性が増えているのはなぜ? NIKKEI TRENDY






男にモテる男と女にモテる男は違う!

にっこり


わたしは、このような日本のジェンダーレス化、いいと思いますよ。

化粧やおしゃれやムダ毛処理は、何も女性だけの専売特許じゃないしね。

女だって清潔感のある男は好きだし、化粧品会社としても男性の潜在顧客を取り込めて「win-win」じゃないですか。




ジェンダーレスやジェンダーフリーなどの新しい概念は、どちらかといえば女性の方が柔軟に受け入れやすい素地がある。

むしろ、一部の男性自身に「男が手入れなんて……」と反発している向きがあるような気がする。


こちらの記事にも書いたが、とくに「男性・年配者・田舎住み」の人たちに、かたくなな人が多い。

(逆差別ってわけではなく、あくまでも "一般的な傾向" です。例外があるのはもちろん承知の上ですよ!)



誰かは忘れてしまったが、とある社会学者が、「この手の新しい動きにもっとも寛容なのはマスコミだ」というようなことを述べていた。


確かに、タレントはもはやオネエで溢れているし、ドラマの中でも女性が多く社会で活躍している。

出てくる男性タレントも皆おしゃれだ。

テレビの世界は、その意味で、現実の日本社会のはるか先を行っている感がある。




「女性の方がジェンダーレス化を柔軟に受け入れやすい」と書いたが、それはそのまま女性の好みにも現れている。

はっきり言って、男にモテる男と女にモテる男は違う。



わかりやすい例を挙げると、漫画の『俺物語』。

いかつい顔とごつい巨体の「剛田猛男」よりも、女性はクールで秀才でイケメンの「砂川誠」が好きなんです。



剛田猛男
剛田猛男


砂川誠
砂川誠



さらに言えば、ユーチューバーの「シバター」よりも「はじめしゃちょー」が好きなんですよ、女は。

(逆に、剛田猛男やシバターは男に人気がある)


シバター
シバター


はじめしゃちょー
はじめしゃちょー

※画像はアニメ版『俺物語』と YouTube からお借りしました。




剛田猛男やシバターの魅力は重々承知です、彼らもまた違う意味で人を惹きつける。

それでもあえて言いましょう。


女にモテたきゃ、暑苦しさを捨て、「清潔感のある線の細い王子系」を目指すしかないんです。

残念ながら、これが現実です。





ジェンダーレスでモテ男をめざせ!

にっこり


女性にモテる、そしてイケメンになる方法に努力はいらない!男性陣は3カ条だけ守るべし!でも触れましたが、女性にモテたいならとにかく 清潔感!これです。


体臭なんてご法度。よれよれスーツにリュックサックもいけません。

「んなもんダセー!俺は俺らしくでいいの!」なんて言ってたら、いつまで経っても女性は寄ってきてくれませんよ。



モテる男は、人知れず努力しています。

身だしなみもそうだし、体臭もそうだし、女性が好みそうなお店をよく心得ている。

「モテには理由がある」んです。



女性のためでなくてもいい、常識あるビジネスマンとして、身だしなみにお金をかけることはもはや当たり前の時代になりつつある。

「男のくせに」、これ禁句。

今の時代、「男だからこそ」ですよ!




東京新宿にある【ゴリラクリニック】では、男性用のプロ洗顔をトライアル価格の5929円(税抜)でお試し可能。

通常14,000円の施術なので、なんと58%オフ

自宅の洗顔だけでは落としきれない汚れを徹底除去してみては?



⬇︎ゴリラクリニックの詳細はこちらから

ゴリラクリニック




こちらの記事もよく読まれています。

【1回490円!】オールジェンダーOK!男女カップルで通える脱毛サロンが新しい!


スポンサーリンク

スポンサーリンク

Related