20
2017

ゲームは時間の無駄?!ゲームと失業率の相関関係が明らかに【何かを学ぼう、資格を取ろう】

CATEGORY生活
驚愕


20代の男性を対象にした米国の調査によると、大学教育を受けていない若い男性の失業率が大幅に悪化しているという。

彼らの多くは未婚で、親や家族と同居し、そのうち75%をゲームに費やしているそうだ。

時代とともにゲームが洗練されてきて、中にはコンプリートに100時間かかるものもある。

座ってプレイするだけで、即席の満足とやりがいを与えてくれる。


スポンサーリンク


ゲームはほんとに時間の無駄なのか?!

ハテナ


たとえば、1980年代には独り座ってテレビを見るしかなかった。

でも、今は働かずとも SNS はあるし、インタラクティブなゲームもある。


働かないことは、「かつてよりもずっと魅力的」になっていると出典元の記事は述べている。

満足、社会的交流、やりがいと、必要なものがすべて家で、しかも安価に手に入る時代。

こういった背景が、若者たちをゲームに向かわせているようだ。


出典:ビデオゲームと失業率に相関あり:研究結果 lifehacker




この記事に関してまず言いたい。


無職でゲーマーのそこのきみ!

そのままゲームを続けろ!

そして今すぐ YouTube でゲーム実況動画をやりなさい!
と。



だってゲームが好きなんでしょ?

余暇のほとんどをゲームにあてるほどゲームを愛しちゃってるんでしょ?

だったら別にやめる必要なくない?



要は、好きなことをそのまま仕事にできればいいわけでしょ。

日本では新卒男子の「就職先人気企業は商社が独占」なんてニュースが出ていますが、そんなの気にしなくていい。

無理して大卒と肩を並べる必要などない。

(とはいえ、今は大卒でも就職せずに起業やトレードで生きていく人も増えているそうですが)



もちろん、ゲーム実況動画なんてすでに巷に溢れてるし、そう簡単に収益化できるものではない。

YouTuber の収入がすごい?!にも書きましたが、べらぼうに稼いでいるのはトップ層の一部だけで、ほとんどの YouTuber はお小遣い程度にしか稼げていないのが現状。



それでも、それでも好きならやればいいとわたしは思うんですよ。

面倒な動画の編集作業はありますが、そもそもゲームが好きならそこまで苦じゃないはず。


実家でタダめし食わせてもらえるうちに、最初はバイトしながらでもいいから、残りの時間はひたすらゲーム実況動画を作る。

そんな生活が許されるのは若いうちだけ。行けるとこまで存分にやったらいいんですよ。





30過ぎてわかった事とは

ハテナ


一方、キャリコネは「30過ぎてわかった事」という2ちゃんねるのスレッドを取り上げている。

その一部を紹介してみよう。


「テレビやゲームは時間の無駄」

「若いってだけで東大卒と同等かそれ以上の価値がある」

「歯は大事にしたほうがいい」

「20代までの食生活を続けていたらデブる。そしてなかなか痩せない。大切なのは金よりも健康」

「お金だけでは幸せになれないが、お金が無いと不幸になる」

「友達はそれほどいらない」

「結局信用できるのは親と自分だけ」


などなど……。


出典:30歳を過ぎてわかったこと 「最終的には真面目な奴が勝つ」「大切なのは金よりも健康」 キャリコネニュース



ここにも出てきましたね、ゲーム。

「テレビやゲームは時間の無駄」と回答した人は、きっとそこまでゲームが好きじゃなかったのでしょう。


ゲーム制作会社に勤めたり、高橋名人(古い)のようにその道のプロになったり、YouTube でゲーム実況動画をアップするほどにはゲームをやり込んで来なかったのでしょう。

好きこそものの上手なれと言いますからね。


とはいえ、「ゲームが時間の無駄だった」と気づくのも、それはそれで意味があります。

その分、別のことに時間を使えるのですから。



大人になってから習い事を始める人も増えてますしね。

下記のようなサイトで、スキルアップをめざすのも一つの方法かと思いますよ。




⬇︎EPARKで自分に合った習い事を探してみる





⬇︎ケイコとマナブで自分に合ったスクールを探してみる








こちらの記事もよく読まれています。

携帯、テレビ、ゲームを禁止するのは教育に良くない?!


スポンサーリンク

スポンサーリンク

Related