18
2017

格安スマホ、「これまで通りのサービスが受けられない」との苦情急増!

CATEGORY生活
スマホをいじる女性


国民生活センターへの格安スマホに関する相談が急増しているそうだ。

内容は、「これまで通りのサービスを安く受けられると思っていたのに実際は違った」というもの。

格安スマホ戦争の影で、このような問題が浮き彫りになっている。


参照:格安スマホ、相談数が急増 共同通信社


スポンサーリンク


ユーザーは契約書をよく読め!

はてな女性


国民生活センターに寄せられた相談事例に関して、もう少し詳しいことが2ちゃんねるに書き込まれていたので、ちょっと引用してみます。


1. 今までの携帯電話会社とサービスが異なることによるトラブル

(i)問い合わせ窓口や、端末の故障・修理時の対応

【事例】
・問い合わせ先が電話窓口しかなく、つながりにくい
・修理期間中の代替機の貸し出しサービスがなく、スマートフォンが1カ月間利用できない


(ii)メールアドレスの提供

【事例】
・メールアドレスの提供がなく、別会社のメールアドレスで送ったが、相手にメールが届かなかった


2. 端末とSIMカードを別々に購入することで発生するトラブル

(i)端末によっては、購入したSIMカードが利用できない場合がある

【事例】
・SIMロック解除をしないと、他社のSIMカードでスマートフォンが使えなかった


(ii)販売されている中古端末の中には、その後の利用を制限されるものもある

【事例】
・インターネットで購入したスマートフォンの端末代金に未払いがあり、精算しないと修理の受付ができないと言われた

3. 利用開始日に関するトラブル

【事例】
・発送から数日で利用開始になるとは知らなかった



これね、確かに、値段の安さだけを強調した広告をバンバン打つ格安スマホ会社の功罪もあります。

なんかものすごくカンタンに使えちゃって、しかも使用料が安い!ってイメージですもんね。



でも、だからこそ、ユーザーは契約書をよく読むべき だと思うんですよ。


初めて携帯(ガラケーね)を持った時だって、不安と期待で必死に契約書を読み込んだでしょ?

機能を理解しようとしたでしょ?

パソコンを初めて買った時だって、取説を隅から隅まで読みましたよね?



多分ですが、スマホの存在が浸透しすぎて、ユーザー側も気を抜いちゃってるんですよ。

以前は高い方のスマホを持ってたから、「格安スマホはその簡易版だろう」とね。気が緩んでしまう。


で、気づいたらあれもできない、これもできない!ゲームや動画のせいで制限かかった!となるわけです。




格安スマホを持つべきなのはこういう人!

はてな女性


格安スマホ・格安SIMの「速度が遅い」問題を斬る!でも取り上げましたが、大事なことなのでもう一度言いますね。



たま〜に通話、たま〜にメール、たま〜にLINEをやるやつしか格安スマホを持つな!と。


いやいやそんな奴いないっしょ、だったら最初から従来の高い方のスマホを持つよ!という声が聞こえてきそうですが、それはあくまで「ヘビーユーザー」さんのお話。


中にはいるでしょう、親との連絡手段が必要なお子さんやご老人とか。

私のような、たま〜に日本へ一時帰国するような人間も、この手の格安スマホは非常にありがたい。


格安スマホはそういう、スマホを連絡網にしか使わないライトユーザー向けなんですよ!



スマホでこれまで通りのサービスをバリバリ受けたいと思ったら、格安スマホは諦めるか、モバイルルーターを別に用意して速度を改善するしかないんです。

(その辺のことも 格安スマホ・格安SIMの「速度が遅い」問題を斬る!に書いてますので読んでみてください)



あとは、通話でオペレーターに相談する前に、契約書や使用書を事前によく読んでおくといいですよ。

(電話で聞いた方が手っ取り早いし、すぐコールしちゃう気持ちはわからなくもないですけどね)



というわけで、使い方をよく理解した上で、楽しい格安スマホライフを!




関連記事

次期「iPhone」が発売される・・・が、格安スマホで十分な件


スポンサーリンク

スポンサーリンク

Related