10
2017

新入社員「会社辞めたい」の声がネット上に続出 〜理由は何?〜【新卒、20代】

CATEGORY生活
疲れた男性


4月早々、「会社辞めたい」という新社会人の声がネットに溢れているそうだ。

厚生労働省の発表によると、大卒3年以内の離職率は、1995年卒が32.0%で、最新の2013年卒が31.9%。

約30%前後で推移しているので、実は「ほぼ横ばい」。


この20年近く、数字だけを取ってみると離職率にそれほど変化はない。

それでも入社直後の「辞めたい」「辞めた」の声が目立つのは、「SNSなどの自由な投稿で心情の『見える化』が進んでいるから」とのこと。



出典:新入社員「勤務して3日、もう辞めたい」 なぜ一瞬でやる気を喪失するのか J-CASTニュース


スポンサーリンク


やる気を喪失する新社会人たち


悩む人


まずは、新卒・新入社員の悲鳴を引用してみよう。


「会社勤務して3日もう辞めたい。やることをくれ」

「正直ここまでクソな会社だとは思わなんだ」

「こんなところにいたら人生が勿体無い、三年後ここにいるビジョンが見えないという理由でやめた」


出典:新入社員「勤務して3日、もう辞めたい」 なぜ一瞬でやる気を喪失するのか J-CASTニュース



すでに辞めている人もいることに驚く。


新社会人たちは、なぜこのように入社直後に会社を辞めたくなるのだろうか?

その理由は主に2つ。



1つは会社側の要因で、「中長期的な仕事のスケジュール共有ができていない」こと。

新入社員に「あなたにはこういう仕事をしてもらう」という展望を示さないまま業務に就かせるケースが少なくない。

結果、新入社員は「放っておかれている」「何をすればいいかわからない」といった状況に陥るそうだ。



そして2つめは、「新入社員自身に入社前の確認不足がある」ケース。

社風や従業員の様子、自分の受け持つ業務内容が「入社前に説明されていたものと違った」という話はよく聞く。

そこはOB・OG訪問などを通して、面接や会社説明会では得られない "ナマの声" を聞くことも大事だろう。




仮に会社を辞めてしまうと、「こいつはすぐに辞める」という悪印象を持たれてしまい、再就職先を探すのが難しくなる。

今辞めたら「10年後には同期と比べて年収格差が2倍になる」と考えれば、なんとか会社にとどまれそうだ。


出典:新入社員「勤務して3日、もう辞めたい」 なぜ一瞬でやる気を喪失するのか J-CASTニュース





会社にしがみつく必要はない?!

悩む


前置きはここまでにして。

私個人の意見を言うと……。


ま、辞めたいならしょうがないじゃん?


とりあえず周りに合わせて就活してみたものの、自分に会社勤めは合わなかったと知るケースもあるだろうし、「思ったのと違った」というのもあるでしょう。

人生一度きり、嫌なら辞めちゃえばいいんですよ。



……と言ってしまうと身も蓋もないので、ちょっとは説教らしきことも書いておいたほうがいいのかな(笑)

そうですね、まずは3ヶ月、3ヶ月だけ頑張ってみましょうよ。


その3ヶ月の峠が越せたらもう3ヶ月、そしてまた3ヶ月。それをしばらく続けてみる。

「永遠にこの会社にいなきゃならないんだ」と思うからしんどくなるわけで、期間を3ヶ月おきに区切ってみれば、気持ちの面でだいぶラクになる。

騙し騙しやってるうちに、そのうち仕事が面白くなってくるかもしれないし、状況も変わっていくかもしれない。



会社だってあなたを採用するためにお金と時間を割いたのだから、せめて最低1年は礼儀として頑張りたいものです。

(次の就職先にもなんとか顔が立ちそうな期間でもあるしね)





会社員以外の道も探ってみる

悩む



こちらの記事にも書きましたが、現代は会社勤め以外にもあらゆる道がある。

別の記事でも書いたとおり、会社に務めながら副業を続け、本業の収益を上回ったところで会社を辞める人もいる。



さらにこの記事でも紹介したように、生涯未婚率も上がっており、無理に結婚する時代でもない。

妻子を養う必要がなく、自分の食い扶持を稼ぐだけなら、なにも無理して会社にしがみつくこともない。



時代もすでに「モーレツ社員」を求めていない、どころか「残業は悪」のイメージさえ出来上がりつつある。

そのような要因が、会社への忠誠心を低め、会社を辞めやすくしているのでしょう。



いずれにしろ、人には適性があり向き不向きがあるのだから、無理して生き方を狭めず、我慢できないなら違う道を探ってみるのもアリだと思いますよ。


日本人は生真面目なので軌道修正に時間がかかるところがありますが、嫌なら逃げちゃってもいいんです(もちろん、最低限の礼儀を尽くした後でね)。


気づいた時には後戻りできなくなっていたーーではシャレになりませんから。



まずは3ヶ月、踏ん張ってみてください。




ーーーーーーープロモーションーーーーーーー


転職を考えているなら、まずは【リクナビNEXT】

あなたの強みを客観的に診断してみよう!







新卒紹介実績ナンバーワン!96%の学生が満足!

それが【Meets Company】


こちらは、企業が最大8社参加する合同選考会です。

座談会もあるので、その企業の素の部分が見れたり、本音で話を聞けるので、学生さんは自分に合った企業なのかを慎重に判断できますよ。







複数の人材紹介会社・アドバイザーの中から自分にマッチしたアドバイザーを比較して相談したいなら【ココリク】がおすすめ。


最近の就職活動では、就活アドバイザーをつけて効率的に就活を進める人が増えてきています。

とはいえ、数ある人材紹介会社のアドバイザーの中から、自分の進みたい業界や得意分野にマッチしたアドバイザーを見つけるのは非常に難しい。

しかし当サイトでは、複数の人材紹介会社・アドバイザーの中から自分にマッチしたアドバイザーを比較して相談することができるのです。



ココリクの就活アドバイザーは、各人材紹介会社に所属しているアドバイザーとなります。

就活生一人ひとりと個別に面談をし、それぞれにマッチした業界・企業をご紹介します。

企業に推薦するだけでなく、選考でのポイントや人事が評価するポイントなど、あらかじめ就活生にお伝えするため効率よく選考に臨むことができます。

サービスはどれだけ使っても 無料 です。



⬇︎まずは【ココリク】の詳細を見てみよう!






この記事を読んでいる方はこんな記事も読んでいます。


○ 仕事嫌ーーーーーーー!!なら辞めちゃえば?

○ 日本人は「仕事嫌い」? 〜会社に行きたくない人が多い理由とは〜

○ 堀江貴文・再評価の声多数 〜『ウシジマくん vs. ホリエモン 人生はカネじゃない!』より〜

○ 「英語が公用化になるなら会社やめたい」・・・日本人の英語力は低下傾向に


スポンサーリンク

スポンサーリンク

Related