04
2017

格安スマホ・格安SIMの「速度が遅い」問題を斬る!本当におすすめの使い方とは?【スマモバ、TONE】

CATEGORY自分磨き
スマホを手に


格安スマホ・格安SIM 戦争が熱い昨今。

各社一斉に低料金を謳った格安モバイル広告をぶち上げています。

そんな中、最近よく耳にするのが 「格安スマホの速度が遅い!」という声。

今回、この問題について語ってみたいと思います。


スポンサーリンク


速度不足を解消する唯一の方法とは?


はてな女性


その答えを書く前に、2社の格安スマホを例に出して論じてみましょう。

(例を挙げたほうが説明がわかりやすいため)



1社めは、スマートモバイルコミュニケーションズが提供している格安SIM【スマモバ】、そして2社めは TSUTAYA が提供している【TONE】


どちらも「LTE 使い放題」「月額1000円〜」を謳うなど、かなり魅力的な内容となっています。

(詳細は下記リンクに譲ります)


使い放題の格安スマホなら「スマモバ」


月額1000円スマホなら TSUTAYA の「 TONE」



では、上記の格安スマホに何も問題がないかというと……あるのです。

「速度が遅い!」という問題が。


具体的に見ていきましょう。




① スマモバのケース


はてな女性


まずは「スマモバ」


こちらはモバイルルーターとSIMをセットで販売しているので設定がラクという特徴があります。

両者をセット販売しているのは、現状ではスマモバだけ。


別名「LTE 使い放題プラン」ですが、これ、動画やゲームをたっぷり楽しみたい方には一見おトクなのでは?と思うのですが……。



動画再生や大きなファイルのダウンロードなど、短期間に大量のデータ通信を行った場合は速度を制限するという規約があるのです。


スマモバ規約


しかも、「3日間で3GB以上利用すると、深夜0時まで200kbpsに制限する」とあります。


これでは動画だけでなく、サイト閲覧も無理なのでは?

できるのはメールやLINEくらい。

かといって、3年以内に解約すると高額な違約金が発生してしまいます。


スマモバ クレーム



ではスマモバの「LTE 使い放題プラン」は駄目なのかというと、決してそんなことはありません。

動画もゲームもほとんどやらない、やるのはネットやメール、LINEくらいという方にはベストチョイスと個人的には思います。



なぜなら、先ほどもお伝えした通り、スマモバはモバイルルーターとSIMをセット販売しているので設定がラクだからです。

特に、「格安スマホは欲しいけどよくわからない」「とりあえず通話やメール(LINE)ができればいいわ」というお子さまやお年寄りにはピッタリだと思います。


設定がラク!使い放題の格安スマホなら「スマモバ」





② TONE のケース


はてな女性


お次は TSUTAYA が提供している「TONE」

月額1000円でスマホが持てちゃうのはかなり魅力的です。


が、こちらもやはり「速度問題」が……。

詳しく見ていきましょう。


tone 規制


基本速度が500〜600Kbps。

YouTubeの(低い画質で)360pくらいなので、厳しいっちゃ厳しいです。

SNSもツイッターなら行けるとは思いますが、画像たっぷりのインスタグラムは正直キツイでしょう。



こちらは最低契約期間が2年。それ以内の解約では9800円の違約金がかかります。


さらに、TONEが用意したスマホを買わないと契約できません

2017年現在、LTE が使えるのは下記の機種一択と見ていいでしょう。


tone 機種



では TONE は駄目かというと、こちらもそんなことはありません。

こちらもやはり、「とりあえず通話やメール(LINE)ができればいい」というお子さまやお年寄りにはピッタリだと思います。



なんせ TONE は「電話でオペレーターに相談できる」し「Tポイントも貯まる」。

しかも「19歳以下は1年間無料」

これは学生さんには嬉しい特典なのではないでしょうか?



一時的にどうしても動画が観たいという場合には、通信速度が早くなる「高速チケットオプション/1Gあたり324円」を買うという手もありますよ。


高速チケットオプション


月額1000円スマホなら TSUTAYA の「TONE」


【追記】

2017年8月1日より新機種「TONE_m17」が発売されます。

スペックが大幅に変わり、機能も格段にパワーアップするとのこと!





それ以外のヘビーユーザーはどうすればいいの?!


はてな女性



自分は上記のどれにも当てはまらない、

動画もゲームもガンガンやりたい、でも格安スマホがほしい!

一体どうすれば……。



でも心配ご無用。

要は、モバイル回線(wifi 環境)を別に用意してしまえばいいのです。

モバイルルーターを用意すれば、速度制限を気にすることなく家でも外でもネットや動画をたっぷり楽しめます。



モバイルルーターのおすすめは【Broad WiMAX】


こちらは業界最安級の月額2726円、今なら全端末が0円!


下り最速440Mbps(格安スマホの "Kbps" ではないのでお間違えのないように!)、ギガ放題で7GB超えても高速通信、エリアは全国をカバー、回線工事やプロバイダ契約の面倒な手続きは一切不要!



たとえば、TSUTAYA の TONE が月額1000円、Broad WiMAX が月額2726円なので、最初の2ヶ月までなら計3726円でサクサクな動作環境が実現できてしまうのです。

ちなみに、Broad WiMAX の「ギガ放題プラン」2年間の支払い総額は下図のようになります。


ギガ放題プラン


2年目以降は月額4011円になっちゃいますが、それでもTONE の月額1000円と合わせても月計5000円ちょっとでサクサク環境が実現できてしまう。


普段からバリバリ動画も観るしゲームもやるけど、どうしても格安スマホがほしい!という方は、ぜひとも格安モバイルルーターとの合わせ技で勝負してみてください。

月額5000円程度でそれが実現できてしまうなら、悪くない選択だと思いますよ。



業界最安級の月額2726円!モバイル回線なら BroadWiMAX


(Broad WiMAX についてはこちらの記事でも触れていますので参考にしてみてください)




出典①:要注意!私がスマモバを絶対にオススメしない2つの理由 つなが〜るネット

出典②:TSUTAYAが始めた「TONE(トーン)」は、速度が遅い点だけ注意ね。【メリット・デメリット】 ふじさわブログ


スポンサーリンク

スポンサーリンク

Related