31
2017

【楽天・ユニクロ・資生堂】英語公用化で社内はどう変わった?【TOEIC】

英語ipad


グローバル化の影響は大手企業を中心に押し寄せている。

国内では楽天・ユニクロといった有名企業がすでに社内英語公用化に踏み切っており、化粧品大手の資生堂もついに名乗りをあげた。

この傾向は今後も加速していくとみられ、日本人の意識はいやでも変わらざるをえなくなるだろう。


スポンサーリンク


やはり社内では日本語オンリー?!



この件について、プレジデント社のおもしろい記事があったので抜粋してみよう。


Q:英語が公用語となることでどんな変化があったのか?


【社員Tさん(20代男性)】

英語に対する意識は確かに上がりましたが、同じ部署の日本人同士は日本語で会話することがほとんどです。

日本人同士で英語を使うことは、めったにありません。(会議などでは)頑張って英語を使いますが、日本語に比べると言いたいことが表現できず、困っています。

(社内の英語)研修などで学ぶ機会はあるのですが、業務をこなしてから勉強となると、正直、やる気も上がりきらないことも多いです。



【社員Aさん(30代女性)】

会社全体を見ると、公用語を英語にしても、部署によってその浸透度はかなり違いがあります。

海外の支社や取引先と連絡をよく取る人は英語必須ですが、日本人同士だと会議をしても日本語で進めてしまうことがほとんどです。

大人数であったり、上司が同席したりする会議であれば頑張って英語を使いますが、言いたいことの5割も言えないのが正直なところです。



出典:「英語強制」丸5年 ユニクロ社員はペラペラか? PRESIDENT Online



「他にも数人に聞きましたが、多くが似た内容の回答でした」とのこと。


確かに、日本人同士なら圧倒的に母語で話したほうがラクだし、同国人としての照れもあるでしょう。

私個人も、今住んでいる国で相手が日本人なら当然日本語に直すし、日本人と外国人がメンバーの中にいる場合は「外国人には英語を、日本人には日本語を」と適宜切り替えて話す。



日本国内で「社内だけ」英語を公用化にしたところで、そう簡単に浸透するものではないというのが本音だろう。

業務が終わってからTOEICの勉強なんて、正直しんどいだろうしね。



かといって、日英のバイリンガルすべてがバリバリに仕事ができるというわけでもない。

というのも、二言語話者というのは少なからず脳に負担がかかるので、数学などそちらの素養がおろそかになってしまいがちだからだ。


現に、日英ペラペラのバイリンガルに数学が得意な人は少ない。

(その逆に、数学が得意な人で日英ペラペラのバイリンガルもあまり見ない)



とはいえ、社内英語公用化をぶちあげることで、社員各々の意識改革にはなるはずだ。

会社の強制なら嫌々でもやるしかない。

それがのちに自分を救うことにもなる。

(私自身、語学をやっていたおかげで違う形で救われました、「海外移住」という形で)



それがたとえ日本人同士でも、英語のうまい人との会話の中から自分の間違いに気づけたり、うまい表現を盗めたりする。

だからやっぱり、使わないよりは使ったほうが圧倒的にいいんですよ。

語学は使えば使うほど磨かれますから。




プレジデント社の引用に戻ろう。


言語の世界には、こんなジョークがあります。

「2カ国の言語を話す人はバイリンガル(bilingual)、3カ国の言語を話す人はトリリンガル(trilingual)、では1カ国の言語を話す人は?」


正解:アメリカ人


この場合、ふつうならmono=1つの、という意味なので、正解は「モノリンガル(monolingual)」となるのですが、これはアメリカ人は英語しか話さないという意味のジョークです。

つまり、「アメリカの人は外国語を学ばない」という皮肉なのです。


出典:「英語強制」丸5年 ユニクロ社員はペラペラか? PRESIDENT Online



あはは、まぁその通りですな(笑)

アメリカ人でもさすがにスペイン語くらいはかじるでしょうが、それでも「当たらずとも遠からず」なところはあります。


以前、イギリス英語 or アメリカ英語でも少し触れたのですが、歴史的に世界を統治してきたイギリス、そして世界経済を支配したアメリカ、この2か国が英語圏であったことは大きな意味を持ちます。


下記の画像はアメリカ英語圏とイギリス英語圏の分布図ですが、これだけ世界中で英語が使われているとなると、「英語は世界共通言語なのだからもうやるしかない」って気になりますよね。


世界英語地図



とはいえ、海外に飛び出さなくても英語は学べます。

私がおすすめする英会話スクールは【ライザップイングリッシュ】

「結果にコミットする」でおなじみ、あのライザップグループの英会話学校ですね。


スクールの詳細はこちらの記事に譲りますが、本気で英語をなんとかしたいなら、本気でぶつかってくるスクールに駆け込んだほうが早い。



特に、

「社内で英語が必要だ」「一刻も早くTOEICスコアを上げたい」「多少スパルタでも構わない」「強制的に追い込まれたい」

という方は、何はさておきライザップですよ!



お問い合わせ・無料カウンセリングはこちらからどうぞ⬇︎

【30日間全額返金】2ヵ月でTOEICスコアを劇的に変える!ライザップイングリッシュ




関連記事

○ 「英語が公用化になるなら会社やめたい」・・・日本人の英語力は低下傾向に

○ 英検は役に立たない?!一方、新TOEICテストは日常会話を重視する傾向に〜

○ TOEIC、TOEFL、IELTS、英検。もっとも役立つのはどれ?


スポンサーリンク

スポンサーリンク

Related