09
2017

引きこもりの3割が40代で、そのうち10年以上が4割という現実

CATEGORY時事
落ち込む男性


茨城新聞によると、自宅からほとんど出ない引きこもり状態の人は40代が約3割を占め、年代別で最も多かったことが県の実態調査でわかった。

そのうち、引きこもり状態が10年以上に及んでいるのは全体の約4割

「引きこもり」の定義は、15~65歳前後で6カ月以上にわたり、家族以外とほとんど交流しなかったり、時々買い物などに外出したりする人を指す。


出典:引きこもりの3割、40代 初の県調査、「10年以上」4割 茨城新聞クロスアイ


スポンサーリンク


40代は苦難の連続
悩む


国の調査は若者支援が狙いで、対象年齢を15~39歳に限定しており、高齢化する実態を十分につかみ切れていない。

「引きこもりは若者特有の問題ではないことがわかった。長期化する前に早期の支援をしなければならない」と、県の福祉課は話しているそうですが……。


なんかもう、いろいろ遅くね?


この国はどうしても「若者優先」みたいなところがあるけど、40以上の引きこもりだって普通にいるっしょ。

むしろ今までまともに調査しなかった方がおかしいでしょ?


そりゃ40以降になれば家庭を築いている人がほとんどだけど、人間、そんな風になんでも画一的じゃないわけで。

たとえば専業主婦だって、その地位が社会的に守られてるだけで、中には引きこもり状態の人だって普通にいるでしょう。

そういう隠れ蓑状態の人を合わせれば、「ネオヒッキー」的な人たちはもっともっと多いと思いますよ。



今の40代って、ちょうど氷河期世代ですからね。

自分もこの世代なのでわかりますが、なんかもういろいろと割を食ってきた世代。


子だくさん両親から生まれた団塊ジュニアなので受験も大変だったし、不況の影響で就職活動もシビアだった。

突然混乱のさなかに突き落とされ、訳も分からず右往左往していた。


いい思いをしたバブル世代と、人生悟っちゃってるゆとり世代。この両者のあいだで板挟みとなり、混乱の時代を生き抜いてきた世代。


氷河期世代に恩恵か?!彼らを正社員採用したら企業に助成金、だが・・・でも書きましたが、就職氷河期世代に国が助成金を支給するニュースにも、心のどこかで白けてしまっている。


何ですかね、この今更感……。


そりゃ、誰だって引きこもりたくもなりますって。





引きこもりは「悪」じゃない!
悩む


こちらの記事にも書いたとおり、お偉いさんはどうも「引きこもり=悪」と決めつけたがってるようです。


もちろん、老齢の親の年金にたかってたりするのは良くないですよ。

でも、一見引きこもりでいながら、実はトレードやったりネットビジネスやったりしてる人だっていると思うんですよ。

中には親の遺産で食べてる、って人もいるだろうしね。


ニートやひきこもりの自立は可能なのか?〜働かずに自立する方法とは〜でも言及したように、人間には「適性」ってものがある。



会社勤めだけが人生ではない。

他人と関わらない一人作業のほうが向いてる人も中にはいる。

世の中、コミュ強だけが勝者じゃないんですよ。


「この人引きこもってるから外の世界に連れ出してあげなきゃ!」って、それ、余計なお世話ですってば(笑)

「引きこもり=悪」なんていうのは、それこそお役所の論理ですよ。


重要なのは、引きこもりつつもいかに経済的に自立できるかを指し示してあげることじゃないんですか?



それに、もともとヒッキー体質の人間が無理に社会に出て行ったって、うつを発症して戻ってくるだけです。

だって最初から彼らにはそれが向いてないんだから。

向いてないものを無理に矯正したところで、メンタル病むだけ。



国が本気で高齢(初老)の引きこもりを何とかしたいなら、彼らの要望をよく聞き、それを汲み取ってあげることです。

上級国民様が頭の中で強者の論理を振りかざしたところで、彼らには響きませんよ。





引きこもりだって稼ぎたい!

悩む


たとえ引きこもっていようが、自力で稼ぐことができるなら、それはもう「悪」ではありません。

「引きこもりながら、でも何かにチャレンジしたい!」という方もいるでしょう。

そんな特殊事情に応えてくれる、使えるサイトはたくさんあります。




たとえば、ニートやフリーター、派遣など非正規雇用が長い方を応援する転職サイト。

脱ハケン、ゼロから正社員になろうというコンセプトですね。(注)29歳以下







IT系やパソコンが得意なら、フリーランスとして仕事ができるサイトもあります。

【男/女】20代、30代、40代のフリーランスエンジニア、またはこれからフリーランスを検討している方向けです。







以下3つは、既卒、第二新卒、大学中退、フリーターといった20代の就職支援を応援するサイトです。
(注)18歳~29歳まで、高校中退者は除外














全国のママさんを応援する求人サイトもあります。

在宅ワークや時短勤務など、働く「時間」と「場所」を自由に選べるのが特徴。







引きこもりを「メリット」に変えることができれば、誰も何も言いません。

引きこもりは "悪" じゃない。

自分に合った生き方を探せるかどうか、ただそれだけのことなのです。





こちらの記事もよく読まれています。


○ 一人でできる仕事、人と関わらなくていい仕事を集めてみた【就職、転職、副業】 ⬅︎人気!

○ ニートやひきこもりの自立は可能なのか?〜働かずに自立する方法とは〜

○ 「引きこもり」が長期化・高年齢化傾向に 〜引きこもりは本当に "悪" なのか?〜


スポンサーリンク

スポンサーリンク

Related