22
2017

闇金ウシジマくんで人生とお金を徹底的に学ぼう!【DMM動画でウシジマくんが視聴可能】

CATEGORYエンタメ
札束2


人生やお金について学べるマンガはたくさんある。

古くは『ナニワ金融道』、少し前なら『カイジ』、そして今なら『闇金ウシジマくん』だろうか。

人の人生はお金と密接に結びついているので、決して軽んじることができない。

お金の怖さについて早くから知っておくことは、あなたの人生をギリギリのところで救うことになる。


今回は、そんな哲学的なお話です。


スポンサーリンク


闇金ウシジマくんからお金と人生を学ぼう!



さて、NAVERまとめさんが「【闇金ウシジマくん】から学ぶ人生哲学10か条的な自己満まとめ」という記事を載せています。

胸に刺さるものが多いので、さっそく引用してみましょう。


1、金は借りない、貸さない

2、ギャンブルは『快楽』のためにしない

3、体は売らない。買わない。ダメ。絶対。

4、薬はやらない。ダメ。絶対

5、家庭を持たない。孤独を受け入れる

6、『明日やろう』はバカどころか糞野郎

7、会社の上司の洗脳MAXにへこたれない

8、人を愛しすぎないこと。信用しすぎないこと

9、法律や国や企業に『依存』しないこと

10、人生において『覚悟』を決める


出典:【闇金ウシジマくん】から学ぶ人生哲学10か条的な自己満まとめ NAVERまとめ




ひとつずつ見ていきましょう。


「1、金は借りない、貸さない」。


これは私自身の信条でもあります。誰にも借りないし、貸しません。

もちろん若い頃にキャッシングのお世話になったことはあります。


でも、今はまったくない。金がなけりゃ買わない。それだけ。

これは自分が歳を重ねて物欲が減ったというのもあるでしょう。

若い頃は「あれも欲しい、これも欲しい」でしたからね。


どうしてもどうしても金に困ってるんだ!という人が目の前に現れたら、10万ほどをポンとあげてしまい、「悪いけど、もうこれっきりにして」と言って関係を絶つでしょう。

(幸運にもその手の経験はまだ一度もありませんけどね)




「2、ギャンブルは『快楽』のためにしない」。


私はパチンコもパチスロも一切やりません。

とはいえ、FXでトータル800万円飛ばした過去があります。


途中から、トレード時のあの刺激が忘れられなくなってしまい、やめようと思ってもなかなか抜け出せなかった。

万年コーフン状態でした。そんなのが何年も続いた。


気づいた時には負債が800万を超えていた。いわばギャンブル中毒です。

そこでようやく目が覚めたわけです。



株やFXを「ギャンブル」と定義することに抵抗のある方もいるでしょう。

でも、私ははっきりと言い切れます、「あれはギャンブルです」と。


少なくとも、株やFXだけで10年以上安定して勝ち続けている人を見たことがありません。

(あ、BNF や cis は違いますよ、彼らは "天才" ですから)




「3、体は売らない。買わない」。


これは、「もし自分の娘がそうなったら……」を想像するのが早いのではないでしょうか。

娘さんがいなければ、恋人でも姪っ子でも友達でも何でもいい、とにかくあなたの大事な人です。


彼女たちが体を売ったらどうなるか、それでも自分は買えるのか。

想像力の勝負とも言えそうです。


昔、わたしの既婚の友人がプロからもらってきた病気を奥さんに移してしまい、修羅場ったことがあるそうです。

その件で相談されたものの、「いやいや自業自得でしょう」と言うしかありませんでしたよ、ほんと。




「4、薬はやらない」。


ドラッグは一切やったことがないし、これからもやるつもりはないです。

タバコでさえ禁煙するのに死ぬほど苦労したのに、ドラッグになんてハマっちゃったら抜け出せる自信がありません。


こちらでも語りましたが、アメリカドラマの『ブレイキング・バッド』、あれを観たらとてもクスリになんて手を出そうとは思えなくなりますよ。

人生はただでさえ綱渡り的なところがあるのに、クスリにハマってさらに自分の人生を困難にしてどうするんだ、って感じです。




「5、家庭を持たない。孤独を受け入れる」。


う〜ん、これはどうなんでしょう??

わたしは非婚主義ではないし、家庭を持つこと自体は悪いことではないと思うんですよ。

愛し合った者同士が一緒になり、子どもを欲しいと思うのはいたって自然な流れですしね。



ただ問題は、日本では「それ以外の理由で」家庭を持つ人たちが非常に多いということ。

たとえば、世間体だとか親に孫を見せたいからとか出世のためだとか……。


その生き方が自分の適性に向いてればいいですよ。

でも、もしそうじゃなかったら地獄です。

世の中には、人と一緒に暮らすことや子どもが苦手な人だっているんですから。



「皆がそういう生き方をするから自分も」と流された結果、後悔しながら離婚もできずに仮面夫婦じゃ意味ありません。

自分の人生を生きるべし。

どうせ死ぬときゃ一人ぼっち。一度腹を括っちゃえば人生ラクです。




「6、『明日やろう』はバカどころか糞野郎」


ごめんなさい、これ、しょっちゅう言ってます(笑)

「あ〜、この記事今日中に書いちゃいたいな、でもま、明日でいっか!」

……詰みです、はい。


一方、日本人のまじめな気質が時に本人を追い込んでしまう部分もあるので、ある程度はいい加減でもいいんじゃないかな?とも思うわけですよ。

仕事が今日中に終わらなくても、スケジュール通りに行かなくても、それで人間死ぬわけじゃない。


適度にいい加減な方が、ストレス溜めずに生きていけます。

むしろ、完璧主義に陥って鬱になったり自ら命を絶ってしまっては意味ありません。

(もちろん、できることは今日中にやっちゃった方がいいに越したことはないですけどね!)




「7、会社の上司の洗脳MAXにへこたれない」


これは全面同意です。


日本は年上を崇拝する文化がありますが、上司といえども間違っているときはある。

上司が間違ってたら意見しちゃっていいんです、それで干されるようなら、そんな会社辞めちゃえばいいんです。


狭い社会(会社)にいると、つい洗脳されやすくなり、正解が見えなくなります。

なぜって、外の世界を知らないから。


上司が(間違っているにもかかわらず)執拗に自分の意見を押し付けてくるようなら、軽く受け流すか反論するマインドを持ってください。

身も心も洗脳されたら終わりです。




「8、人を愛しすぎないこと。信用しすぎないこと」


これはさすがにちょっと悲しいですね(笑)

まとめ記事を書いた管理人さんは離婚経験者のようなので、それでどうしても愛や家族といったものに手厳しくなってしまうのかもしれません。


とはいえ、「愛」といったものに互いが依存しすぎてしまうと今度は共依存に発展しそうですし、塩梅が難しいところではあります。

極端なことを言うとストーカーとかね。


わたし個人の意見を言えば、「愛」というものを(たとえファジーでもいいから)、信じていたいところではあります。




「9、法律や国や企業に『依存』しないこと」


はい、だからわたしは日本を出てしまいました。

住民票も抜いてしまっているので、完全に根無し草です。


とはいえ自分は「日本を捨てた」とは思っていません。

むしろ未だに日本を愛していますよ。

なんだかんだで自分の故郷ですから。


故郷を愛することと依存しないことは全くの別物なのです、はい。

その国に未来がないと悟ったら、捨てる勇気も時には必要なんじゃないかと思うわけです。




「10、人生において『覚悟』を決める」


これは完全同意です。

自身の生き方の核がなく、全面的に誰かにおんぶに抱っこじゃ、いずれ悪い奴らに弱い部分を利用されて終わります。


「自分はこういう生き方をするんだ」という覚悟を決め、その生き方に責任を持つ。

自分の中にぶっとい芯のようなもの(信念と言い換えてもいい)があれば、誰かに弱みを付け込まれる危険からは逃れることができるでしょう、少なくとも、その頻度は薄まる。


悪い奴らは、核のないフラフラした人間を巧妙に利用するものです。

そこにつけこまれないよう、生き方に「覚悟」を持とう。




このように、闇金ウシジマくんはたくさんの人生訓を与えてくれる作品です(時に憂鬱になるほどに)。

まだの方は原作でもドラマでもいいので、ぜひ触れてみてください。




あ、DMM動画の「見放題 ch ライト」で、今ならウシジマくんのドラマと映画が視聴できますよ。

2週間無料、その後も月額540円なのでかなりお得だと思います。

(その他の見放題サイトだと、月900〜1000円近くしますもんね)



⬇︎DMM動画の「見放題 ch ライト」で闇金ウシジマくんを観よう!

ウシジマくん



関連記事

堀江貴文・再評価の声多数 〜『ウシジマくん vs. ホリエモン 人生はカネじゃない!』より〜


スポンサーリンク

スポンサーリンク

Related