12
2017

日本人の9割「日本が好き」・・・トップは「食」と「治安」

CATEGORY生活
桜


日本から遠く離れていると、桜や紅葉の写真にぐっと胸をつかまれる。

当たり前のようにそこにある景色が、今は届かない。

届かないからこそ、四季によって姿を変える日本の景観が、私にはとてつもなく贅沢で、眩しい。


スポンサーリンク


マクロミルが行った「日本人から見た "日本のイメージ" 調査」によると、日本人の9割「日本を好き」と回答していることがわかった。 ※20歳~59歳の日本国籍の男女を対象に実施


詳細をざっと引用してみよう。


Q:「日本を好きか嫌いか」

「とても好き」(49%)

「まあまあ好き」(42%)

→ 91%の人が「日本を好き」と回答、最も高かったのは50代の95%



Q:「日本のどんなところが好きか」

「治安が良い」(77%)

「四季がある」(77%)

「食(飲み物含む)」(75%)

「トイレがきれい」(59.8%)


出典:日本人の9割が「日本が好き」と回答 若い年代ほど「アニメ・漫画文化」「和装」に魅力を感じる キャリコネニュース



この結果、日本人としては誇らしいかぎり。

やはり自分の国を好きでいることは、アイデンティティを確立するファクターとして欠かせません。



とくに海外に住んでいると、日本の良さというものを身に染みて実感する。

食もそうだし、治安もそうだし、日本人の丁寧さや礼儀正しさもそう……。

シャイな不器用さも、どこか好感が持てる。


それらのものが、離れてみると改めて眩しく感じる。



もちろん、日本の嫌な面にうんざりして海外へ飛び出した面は否定できない。

否定できないが、それでも、どれだけ嫌な面があったとしても、日本は最後の最後まで 自分の故郷 だ。


どんなに離れてたって、今の場所からどんなに距離があったって、忘れられるはずがない。忘れてたまるか。



今の国では生活すべてが英語オンリーだが、わたしは日本語ほど美しい言葉もないと思っている。

(ブログ内では英語関連の記事をたくさん書いてますが、かつて谷崎潤一郎の『盲目物語』を原稿用紙に模写したほどの日本語好きです、あれは美しい)



なんだか日本へのラブレターのような記事になってしまった。

ほんとは今回、日本のB級グルメについてツラツラ書こうと思ってたのに。

どうしてこうなった(笑)



とりあえず、3月に日本へ一時帰国するので食レポなどができればなと思います。

久々の日本、今から胸が躍ります。

桜、見れるかな……。




【2017/3/17 追記】


で、実際に一時帰国した時の記事がこちらです。

【海外】一時帰国の日本が変わらず楽しかった件【移住】




その他の関連記事


○ 「日本スゴイ」番組の激増について 〜日本人の自己陶酔は悪なのか?!を検証する〜

○ 中国人と日本人を見分ける方法とは?「日本人あるある」について語ってみる


スポンサーリンク

Related

スポンサーリンク