11
2017

【賃貸】海外では部屋のオーナーにどんどん交渉しよう!【家具付き物件】

CATEGORY生活
rent.png


今住んでいる国で海外の家具付き物件に入居しているのだが、家具・家電がこれまたよく壊れる。

(そのへんの詳細はこちらを参照のこと)

で、冷蔵庫の調子が悪くて「そろそろ新しいの買ってね?と部屋のオーナーに頼んでいた。


スポンサーリンク


そして来たのがこちら。


デカッ!業務用かよ!


fridge1.jpg


fridge2.jpg


写真では若干わかりにくいのだが、ファミリー5人分はゆうに行けそうな冷蔵庫を用意してくれた。

「これまでのツードアよりかはちょっと大きめかも?」との事前連絡を受けていたので、まぁ数センチの誤差だろうと思っていた。



いやいや、食材入れてもまだ5倍はスペース余りますって(笑)

予想外のデカさに、オーナー家族がやんややんや言いながら家具の配置変えを行うこととなった。

(オーナー一家は中華系なので、誇張でなく「やんややんや」中国語で言いながら作業を進めるのだ)



家具家電の出費はオーナー支払いなので、こちらの出費は一切なし。

そのぶん家賃の値上げで対処されるんだろうなぁ……と思っていたら、家賃も据え置きでいいとのこと。


うひょ〜、さすが神対応!

こちらの記事でも触れてますが、ホント、いいオーナーさんに当たったと思う。



ちょっと前にダイニングチェアが壊れたときも、チープなものから割としっかりしたものに変えてくれた。


chair.jpg



家具家電を買い替えるたびにグレードアップしていくので、こちらとしてはなんだか得した気分になる。

「テナントに気に入られようとオーナーさんも気を使ってくれてるんだなぁ」と思うと、家賃の支払いにも心なしか気合が入る。


これもひとえに、「綺麗好きで家賃の支払いがしっかりしている日本人」のブランド力があるからこそ。

こういう時はつくづく「日本人でよかったなぁ」と思いますね。



部屋を貸す側の外国人オーナーにとって、日本人ほど優良顧客はいない。

クリーンな部屋と定期的な家賃の支払いが保証されるのだから、オーナーからすりゃ是が非でも日本人のテナントが欲しいところだろう。


(同じ国に住む他のブロガーさんの記事を読んでもやはりオーナーが神対応なようなので、日本人ブランドの恩恵を受けているのは私だけではないようだ)



なんだかんだ言って 日本人の民度は高い。しかも綺麗好きだ。

それは世界的にも周知の事実である。




このように、海外の家具付き物件の場合は、ほしいものがあったら遠慮なくオーナーさんに交渉してみてほしい。

一番いいのは家賃値上げの話が出たときに交渉することだが、冷蔵庫や洗濯機といった日々の生活に必要なものはその場限りではない。



海外在住日本人の方は、日本人の評判を落とさぬよう、是非とも部屋を綺麗に使ってほしい、そして家賃の支払いを遅れることなくお願いしたい。

それが後任の日本人のためにもなるからだ。



海外ではクレカを2度も不正利用されたりと嫌なこともありましたが、一方で拾う神もある。

だからこそ、人は希望を捨てずに生きていくことができるわけですね。




クレカの不正利用については以下を参照してみてください。


○ 【楽天カード】海外で不正利用されたけど全額補償してくれたときの体験談を語ってみる

○ またもやカードを不正利用された!2年に一度のペースでクレカ再発行の悲劇


スポンサーリンク

Related

スポンサーリンク