24
2017

「いい人」をやめて「出る杭」になれ!〜日本からグーグルは生まれるのか〜

CATEGORY時事
本


『週刊文春』の人気ビジネスコラムが単行本化された。

タイトルは、『「出る杭」は伸ばせ! なぜ日本からグーグルは生まれないのか?』

著者はグーグル日本法人元社長であり、大企業、外資系、ベンチャー、メーカー、IT、管理職、企業経営者すべてを経験してきたツワモノだ。


著書の中で、作者は「出る杭」の大切さを繰り返し説いている。

イノベーションは「出る杭」から生まれる。だからこそ、今の日本には「出る杭」が必要なのだと。


出典:なぜ日本からグーグルは生まれないのか―? 「週刊文春」の人気ビジネスコラム連載が書籍化 ダ・ヴィンチニュース


スポンサーリンク


確かに、日本からグーグルのようなグローバル企業は生まれていない。

(楽天も海外進出しましたが、事業撤退が多く、いずれも成功しているとは言い難い)



なぜ日本からグーグルのようなグローバル企業が生まれないのか?

その理由を自分なりに考察してみた。



① 日本は英語圏じゃないので世界中から優秀な人材が集まりにくい

② アメリカのようにIT分野に巨額のカネをつぎ込まないから

③ 日本は国内市場しか見ていないから

④ 日本は起業への規制が厳しすぎるから

⑤ 組織の中で少しでも目立つと足を引っ張られるから

⑥ 若者が未来を悲観しておりやる気がないから

⑦ 日本では一度事業に失敗すると這い上がるのが難しいから

⑧ 銀行が事業資金を容易に貸さないから

⑨ 義務教育の頃から「知識詰め込み型」で想像力を発揮できるクラスが少ないから

⑩ 日本は個より集団を重視するから

⑪ 日本は技術者の待遇がアメリカほど良くないから




……なんだかたくさん出てきてしまいました。もっと突き詰めれば、さらに出てくるかもしれない。


結局のところ、規制を緩くし、技術者の待遇をあげ、英語を公用語にし、日本人の「出る杭は打つ」性格を改善しなければ、優秀な人材は入ってこない、ということですね。


青色ダイオードの発明者である中村修二氏が、青色ダイオードの発明対価を認めなかった日本に絶望し、アメリカ国籍を取得したのは記憶に新しい。



とはいえ、2001年以降のノーベル賞に関して言えば、自然科学系での日本人ノーベル賞受賞者の数は、アメリカに次いで2位なんですよね。

だから、日本人が決して優秀ではないとかそういう話ではない。

(これらの受賞は研究費がふんだんに使えたバブル時代の賜物であり、今後は日本人ノーベル賞受賞者の数は減るだろうと言われています)




そこへ行くと、アメリカはカネになりそうなことには糸目をつけない。

理系の博士課程にしても、優秀な人間には奨学金全額タダですから、あそこは。

そりゃ世界中から優秀な人材が集まりますって。



そのアメリカも、最近はIT系の職が余っていると聞く。

昔はITジャンルは優秀な移民によって占められていたが、トランプ大統領就任により、アメリカ人に率先して仕事を与えると言われているからだ。



こちらにも書きましたが、アメリカはイノベーションやテクノロジーを移民によって高めてきた、まごうかたなき「移民国家」だ。

(アメリカの大学でサイエンス系の博士号を取得した外国人留学生が卒業後に出願する特許の数は、100人当たり62件にも上る)


その恩恵を忘れて反グローバリズムに突き進めば、のちの凋落は目に見えている。

(トランプって、馬鹿なんじゃないの?)


外部から常に刺激を入れ続けなければ、どんなジャンルもいずれ停滞する。

アメリカほどの移民国家なら、それをわからなくもないだろうに。

まぁ、トランプに票を入れたのはブルーカラー層が多かったと言われていますから、先の未来より「今の生活」なのかもしれないけどね……。



逆に言えば、アメリカが今後閉じた国を目指すなら、移民受け入れを率先して行っている日本にもいずれチャンスが回ってこようというもの。

あと何十年かかるかわかりませんが、日本人の「出る杭は打つ」気質を徐々になくし、若い人たちが容易に起業できるような社会になってくれたら嬉しい。


終身雇用制はとっくに崩れているのだから、もう「均質が一番」なんて言ってる時代じゃないですよ。

日本が移民社会になることで、そのような同調圧力が徐々に薄まっていくのではないかとの期待があります。



英語を公用語にしろとは言いませんが、シンガポール人や香港人やマレーシア人並に英語をスラスラ話せるような人材が育たないと、のちの発展は厳しいのではないかと思うわけです。

今の小学生は英語とプログラミングが必修なようですから、成長したらどんな大人になるのか楽しみですね。


10年後、20年後、ぜひとも日本を引っ張っていってほしいものです。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

Related