23
2017

犬猫「殺処分ゼロ」の県方針は正しいのか?!負担増で悲鳴をあげるボランティアたち

CATEGORY時事
犬猫2


県が掲げている犬猫の「殺処分ゼロ」の方針に、疑問や批判の声が上がっている。

というのも、譲渡先を探すボランティアに負担が集中しているからだ。

保護団体の中には犬猫の定数をオーバーしていたり、引き取り手の少ない病気や高齢の犬猫を多く預かっているところもあり、ボランティアたちが悲鳴をあげている。


スポンサーリンク


「どんどん譲渡を進めないといけない。でも、安易な譲渡はできない」

そう話すのは、猫保護団体「たんぽぽの里」(相模原市中央区)の代表者だ。


気軽に飼い始めた飼い主が簡単に手放すため、行き場のない動物を連鎖的に生み出す結果となっている。

さらには、無計画な飼育からなる「多頭飼育崩壊」も増えていると聞く。



問題はそれだけではない。

「瀕死の動物に多額の医療費を費やすべきか、安楽死させるべきか」といった問題もある。

前述の「たんぽぽの里」では、1匹の医療費に約40万円かかった例もあり、寄付に頼る団体の運営を圧迫しているという。


出典:神奈川新聞




自治体の「殺処分ゼロ」の方針自体は素晴らしいが、その負担は実際に世話する民間団体に押し付けられるということ。

昨今、「犬猫の殺処分ゼロ」というのは、自治体にとって住民の支持を勝ち得るためのツールとなってしまっている感がある。


もちろん何もやらないよりは100倍マシだが、方針を掲げるだけでなく、実際に動物たちを世話する民間団体にも目を向けてこその施策だろう、と思うのです。

「殺処分ゼロ」を掲げるなら、せめて保護団体に十分な人手や補助金を与えてやってほしい。



この件に関して、2ちゃんねるにいい書き込みがあった。

あそこは基本「便所の落書き」的な位置付けだが、たまにいい意見が転がっているので馬鹿にできない。

さっそく引用してみよう。



順番が逆なんだよ。

ペット登録制度を施行しろ。

ペット税も掛けろ。

識別番号を付与した体内チップを入れされろ。

車検みたいに、毎年予防接種を受けさせて役所に申請しないと懲役刑を含む処罰対象にしろ。

子供が産まれたらその都度申請。

迷子や盗難にあったら直ちに通報。

(この手の通報・申請が遅れたら処罰対象)

ノラは通報、勝手に拾って飼ってはいけない。

こうやって、まずは安易にペットを飼わせないことから始めないと無理だよ。

課税することで、大量生産型のブリーダーも減るし、無責任な猫屋敷になることもない。



動物たちは、もはや「たかが犬猫」ではない。

彼らは日本社会で人間の子ども同様の地位を勝ち得ているし、だからこそ大げさでなく、上記のような方法が必要だと感じる。



Youtube 動画を観ていても、飼い主はこまめにペットの歯を磨き、爪を切り、散歩に連れて行き、風呂に入れている。

病気になれば病院に連れて行くし、予防のための定期健診も受ける。


動物たちは、すでにエサと寝床以上の恩恵を受けている。

種が違うだけで、飼い主にとって、ペットはもはや子どもと同等の存在なのだ。




個人的にはペットショップも廃止でいい。

生き物の命は売買されるべきものじゃない。


簡単に買うから、簡単に捨てる。

メディアが血統証付きの動物を取り上げるから、それがブームとなってしまう。

そして、ブームが過ぎたらそのうち飽きて捨てられる。


結果、殺処分されるか保護施設に移されてボランティアが悲鳴をあげるかの、いずれかの選択肢となる。



譲渡への敷居を下げればもらわれていく犬猫が増える代わりに、簡単に捨てられる率も高まる。

何も考えずに簡単に飼う人間は、簡単に捨てる。

「ペットを飼う限りは15〜20年の責任を負う」ということを、安易に考えすぎている嫌いがある。



「安易な譲渡はできない」と、保護団体の人間が嘆くのも頷ける。


施設はパンク寸前、だからなるべく多くの優しい飼い主さんにもらわれて行ってほしい、でもすべての人間が最後まで責任もって飼ってくれるとは限らない。

そんな飼い主に渡すぐらいなら、うちで面倒見たほうがマシだーー。


ボランティアたちのそんな心の悲鳴が聞こえてきそうだ。




日本だけではない。アメリカでも似たような問題に悩まされている。

とある一人の裕福な女性が、カリフォルニアの広大な敷地を買い取り、そこを猫の保護施設にした。


保護している猫の数は、なんと 計1000匹 (現在はもっと増えていることでしょう)。

この施設はたちどころに有名となり、施設の前に猫を捨てていく人間が後を絶たないという。

代表者は「本当にやめてほしい」とインタビューでも怒りを隠さない。



この施設に関する動画があるのでご紹介しておきます。


700 cats.mov(動画・英語 ver) (注)当時はまだ700匹でした。


Cat Lady With 1000 Cats(動画・英語 ver)




犬も猫も人間と同じく痛みを感じるし、血も流す。

それを思えば簡単には捨てられないはず。


殺処分を掲げるなら、最終的に世話をする民間団体のケアまで含めて施策を立ててほしい。

そう切に願います。




関連記事

○ 「殺処分ゼロ」と「貧乏人はペットを飼うな」

○ 熊本地震で被災したペット300匹の飼い主見つからず・・・管理センターパンク寸前


スポンサーリンク

スポンサーリンク

Related