08
2016

アニソン私的ランキング発表

CATEGORYエンタメ
ドン引きする男女


どうせこんな顔で↑

「えっ?いい大人がアニソンかよ……」

とか思ってるんでしょう。

結構けっこう、大いにドン引きしてください(笑)


スポンサーリンク


というわけで。

アニソン私的ランキング、まずは「男の子編」から。



1位 機動戦士Ζガンダム 「水の星へ愛をこめて」


森口博子のデビュー曲。

ガンダムあまり知らないしむしろエヴァ寄りなんだけど、この曲だけは小さい頃からずっと記憶に残っている。

ガンダム一度も観たことないのに曲だけは知ってるって、ある意味すごいことですよ。

「もう〜泣かないで〜♪」あたりから自分の中でグワっと来るものがあります。



2位 HUNTER×HUNTER 「departure!」


なんだろう、これ聞くとすげー元気になるんだよなー。

リアルでジャンプな世界観。

人間、いくつになっても「夢」や「希望」は必要なのさ!



3位 進撃の巨人 「紅蓮の弓矢」


曲を作った "Revo" 氏が進撃ファンだけあって、よくできてます。

これ1本で紅白にまで出場しちゃいましたからね。

「豚よ」とか言われたら「あ、はい」と思わずうなずいてしまいそうです。



4位 シティハンター 「Get Wild」


小室?いやいや、やっぱ TM っしょ。

もうね、この曲はクールすぎた。

この曲のおかげで冴羽獠が3割増しカッコよく見えました。



5位 北斗の拳2  「TOUGH BOY」


名曲中の名曲。トムキャットっすよトムキャット。

これ聴きながらジムで走るとノリノリになれます。

たっぽいたっぽい。





次は「女の子編」です。



1位 魔法の天使クリィミーマミ 「デリケートに好きして」


文句なしのぶっちぎり。しょこたんも激ラブの曲。

太田貴子さんの甘ったるい声も嫌味がない。

ペルシャもマジカルエミも余裕で押しのける、圧倒的な存在感。



2位 さすがの猿飛 「恋の呪文はスキトキメキトキス」


これも小さい頃から頭に残ってる。

自分の中では「ラムのラブソング」を上まわる名曲。

なんたってマコちゃんが可愛すぎた。



3位 めぞん一刻 「悲しみよこんにちは」


これ、製作陣が何気に豪華ですよ。

作詞:森雪之丞、作曲:玉置浩二、歌:斎藤由貴 ですからね!

アニメ版の響子さんは島本須美によって一気に聖女化しました。



4位 GU-GUガンモ 「ガンモ・ドキッ! 」


またまた細野作品がランクイン。

何気にお洒落でノリノリな曲。

OPの作画もなぜかすごくダンディです。



5位 ストップ!!ひばりくん! 「ストップ!!ひばりくん!」


江口寿史といえば「ひばりくん」一択。オネエ系の先駆けマンガ。

当時はまさか江口寿史氏がこれほどメジャーになるとは思わず……。

当時から絵はやっぱりうまかったです。




【まとめ】


全体的に80年代が多いなぁ……ま、ご容赦ください。

あくまで「私的ランキング」なので。



この記事( ギャラリーフェイクと名画の話 )でちょろっとアニソンの話を出して以来、アニソンランキングをずっと書きたくてしょうがなかった。

今回、願望を果たせてよかったです(笑)



個人的には「奇面組」のうしろゆびさされ組も入れたかった。

でも、これをランクインさせてしまうと「象さんのすきゃんてぃ」「渚の『・・・・・』」「かしこ」「バナナの涙」も入れたくなってしまい、秋元康ワールドに染まってしまうからね、かろうじて耐えました、はい。


やすし、恐ろしいよ、やすし。


スポンサーリンク

Related

スポンサーリンク