04
2016

「英語が公用化になるなら会社やめたい」・・・日本人の英語力は低下傾向に

あちゃー


留学・語学教育事業を展開する「EF」の調査によると、日本人の英語力は低下傾向にあるという。

同社によると、英語能力指数がもっとも高かったのはオランダで、72.16ポイント。

2位はデンマーク(71.15ポイント)、3位はスウェーデン(70.81ポイント)とのこと。


スポンサーリンク


アジアではシンガポールが63.52ポイントで6位にランクイン。

2位はマレーシア(60.70ポイント)、3位はフィリピン(60.33ポイント)だった。



一方、日本の成績は51.69ポイントで 35位 となり、昨年の30位から5位のランクダウン。

調査開始からの6年間で、英語能力はガクッと低下しているそうだ。

特に30~40代 のあいだで英語力の低さが目立つという。


出典:日本の英語力低下傾向に 国別英語能力指数では35位に下落 エキサイトニュース




北ヨーロッパが上位にくるのはわかります、だって母国語そのものがアルファベットだし。

ゲルマン系の言語が英語と親和性が高いのは、昔から言われてますもんね。


驚いたのがシンガポール。

シンガポールは昨年から大きくスコアを伸ばしているそうで、アジアのなかでは初めて上位グループに食い込んだとのこと。



この国、確か「世界大学ランキング」でも、シンガポール国立大学が24位と躍進していた。

( 過去記事参照 )


経済も絶好調だし、大学のランキングもいいし、シンガポールの勢いは止まりませんね。

残念ながら、もはやアジアの王は日本ではなくシンガポールなのか……。



日本人の英語能力低下は、そのまま経済の弱さと直結している。

最近の日本人は留学熱さえ失せており、欧米に留学しているアジア系は中韓人ばかりだ。

この手の英語能力ランキングでも、日本はズルズルと順位を下げ続けていくのでしょう。



意外だったのが、「30~40代のあいだで英語力の低さが目立っている」ということ。

仕事もノリに乗っているバリバリの現役世代という感じがするが、やはり氷河期の影響なのか。


このブログに何度も書いているように、この氷河期世代が人生でもっとも割を食ってきた世代だ(わたし自身もこの世代に入る)。

わたしら世代は人口が多いので受験は大変だったし、しかも就職活動をする頃には不況まっただ中。


「努力しても無駄」と感じるのがもっとも多い世代でもある。

このあきらめムードがそのまま、英語力の低さと結びついているのかもしれない。




英語公用化で「会社やめたい」


(株)マイボイスコムが10代から50代以上に行った英語教育に関する調査によると、以下のような結果が出ている。


◆あなたは、英語力の必要性についてどのように感じますか


「必要性を感じる」・・・30.4%

「やや感じる」・・・29.3%



◆あなたが働いている会社で、明日から英語が社内公用語になったらどう感じますか?


「困るので会社を辞めたい」・・・全年代で約2割


出典:英語公用語化なら2割超が「辞めたい」と嘆く中高年社員の悲哀 ダイヤモンドオンライン



特に20代~40代の男性のあいだで、「英語の必要性を感じる」人が他の層よりも低くなっているという。

TOEIC採用企業の話になるともっと露骨だ。



◆上場企業における英語活用実態調査2013


□英語テストの結果は利用していない企業・・・32.9%

TOEICを利用している企業・・・63.2%

□採用時にTOEICスコアを参考にしている企業・・・27.6%

TOEICスコアを参考にすることがある企業・・・41.7%

□「TOEICスコアを参考にしていないが、将来はそうしたい」と回答した企業・・・14.0%


出典:英語公用語化なら2割超が「辞めたい」と嘆く中高年社員の悲哀 ダイヤモンドオンライン



2013年度には756社がTOEIC(Listening & Reading)テストを新入社員に実施しているそうなので、現在はもっと増えているだろう(しかも今は、Speaking と Writing が新たに加わっている)。

若い世代ほど高スコアをとる傾向にあるのは、いつの時代も変わらない。



英語が社内公用語になったら「困るので会社を辞めたい」と答えた2割の方々……

ちゃんと生きてますか??


もうね、語学なんて向き不向きがあるんだから、嫌なら転職しちゃえばいい んですよ。

だって、嫌なもんはしょーがないじゃん。


嫌だと言ってる人に無理やり英語をやらせたところで、効率は期待できないですよ。

だったら、英語なんてまったく関係ない会社や部署に移ればいい。

あるでしょ、そういうばりばりにドメスティックなところが。


人には適性があるんだから、嫌なら逃げちゃえばいいんです。



「小学校からプログラミングを習わせる」なんて話も出てるようですが、わたしみたいなコード音痴は、自分が小学生なら逃げますよ、んなもん(笑)


海外でもどこでも、親に泣きついて全力で逃げます。

逃げることは別にかっこ悪いことじゃない。



自分は何が得意で何が不得手なのか。


早いうちからこれを理解しておかないと、何年も何年も虚しい努力を続けることになる。

それだけはぜひとも避けたいものです(自分の痛い経験からもそう思います、はい)。




【2017/2/20 追記】


化粧品会社の資生堂が、2018年をメドに本社の公用語を英語にするそうです。

日常会話は日本語でOKだが、社内文書や会議のやり取りを英語で行うとのこと。

大手を中心に社内の英語化は進んでいるようですね。




関連記事

○  【TOEICスコアアップ!】ライザップイングリッシュは他とどう違うのかを検証してみる

○  英語は3語でシンプルに!おすすめビジネス英会話スクールも紹介!【ALUGO】

○  DMM英会話がおすすめな7つの理由【オンライン英会話スクール感想&体験談】


スポンサーリンク

スポンサーリンク

Related