11
2016

トランプ新大統領誕生で暴動が止まらない!〜アメリカ在住日本人も戦々恐々〜

CATEGORY時事
デモ


トランプ新大統領が誕生したことで、全米各地で集会やデモ行進が止まらない。

そのうちの一部は暴徒化し、店舗の窓ガラスを割ったり、米国旗を燃やしたりしているそうだ。

大規模なデモとなったNYでは、マドンナやマーク・ラファロといったスターたちが、一般市民と一緒になって抗議しているという。

歌手のレディー・ガガが、トランプ氏の自宅前で「トランプが嫌い」と絶叫したのは記憶に新しい。


スポンサーリンク


日本人も負けてはいない。

人材情報サイトを運営するベンチャー企業の Wantedly (東京都港区)は、トランプ氏の当選で米国脱出を検討している人向けに、「日本のWantedlyで働こう」と呼びかける英文の採用ページを公開した。


「Escape from the U.S. now! Let's work together in Japan!」


wantedly.png


海外脱出を検討しているアメリカ国民は少なくないようで、カナダ移民局のWebサイトが、アクセス過多でダウンする事態も起きている。

出典:「米国を脱出して日本で働こう!」 トランプ氏当選受け、日本のITベンチャーが米国人採用ページ開設」IT mediaニュース



わたしのこのブログにも、「在米 日本人 どうなる」「アメリカ在住 日本人 今後」などのワードでたくさん検索が来ている。

家族や友人がアメリカに住んでいたり、自分自身がアメリカ在住の人もいるだろう。



その不安、手に取るようにわかる。

なんせあの、レイシスト甚だしいトランプ だ。


トランプがオバマケアを廃止するなんて話が出ているし、トランプ当選パーティでも、酔っ払った白人が非白人に「母国へ帰れ!」と怒鳴りつけたりする事案が発生しているそうだ。


トランプ支持者には、教育をきちんと受けていない白人の差別主義者が多い。

もはや、市民権を持っているからと言って安心できないのだ。


アメリカ以外の新天地に救いを求める移民がいても、なんら不思議ではない。




知的階級層に支持されたヒラリーと、ブルーワーカーに支持されたトランプ。

この対立構造をうまくまとめたレスが2ちゃんねるにあったので、引用してみよう。



1) テレビは知的階層の仕事だからヒラリー派だった

2) ヒラリーの英語は知的で白人労働者にはわからなかった。一方トランプの言う事は簡単で納得がいく内容だった

3) 大卒者率が10%以下の地域からトランプは絶大な支持があった

4) (3)の支持者はトランプが言った単純な言葉をそのまま受け取った

例えば、「中国から工場を呼び戻すから仕事ができる」など。しかし「賃金の関係でそれが実現すると物価が上がる」という因果関係には気づかない



このような対立構造だったからこそ、ヒラリー派と言われる「上級国民」の米メディアが「ヒラリー優勢」と報道してきたのも納得がいくし、勝ち組ハリウッドセレブのほとんどがヒラリー派だったのも頷ける。

(トランプ支持者だったクリント・イーストウッドだけは、「ありがとうアメリカ!」と歓喜のツイートをしたそうだが。これは、ハリウッドセレブの中ではかなり異例といえる)



唯一の望み(?)は、トランプと安倍首相の電話会談がうまくいったことぐらいだろうか。

トランプは安倍さんに「あなたの業績はすばらしい」と賛辞を送り、両者は日米関係を強化していくことで一致したそうだ。



トランプ、元実業家だけあって、このへんの手のひら返しは実にうまい(要は空気を読むのがうまい)。

あれだけ日本をボロクソに言っていたにもかかわらず(笑)


まぁ、安倍政権が長く続いており、それなりの成果を上げていたことは大きいだろう。

安倍さんのコミュ力の高さもあったかもしれない。

(安倍ちゃん、なぜか世界中の要人から人気がありますね。このコミュ力の高さはどうだ!




現状、すべての日本人および在米日本人は、トランプの動向を固唾をのんで見守っている状態だ。

(なんせトランプは癖がありすぎるから、どう出るかわからない)


当選してしまったものは仕方ない。

「オバマの時代はよかった」とならないような日米関係を望みたいものです。




関連記事

○ トランプ抗議デモで揺れるアメリカ、そして世界。日本に勝機はあるのか

○  嘘だろ・・・トランプ新大統領誕生で日本人絶望

○  トランプ氏、日本への差別炎上発言が加速中!支持率はどうなる?!


スポンサーリンク

Related

スポンサーリンク