02
2016

英検は役に立たない?!一方、新TOEICテストは日常会話を重視する傾向に〜

外国人男性


The Japan Times に少々衝撃的な記事が掲載されました。


Is the Eiken doing Japan’s English learners more harm than good?

英語学習者にとって英検は有害かーー。


記事によると、「ナチュラルイングリッシュな」TOEICと違い、英検はペーパーテストに偏りすぎているとのこと。

一次試験であるこのペーパーテストをクリアしない限り、二次のスピーキング試験を受けることができない。

そのようなシステムも、弊害の一つとしてあるようです。


スポンサーリンク


英検は役に立たない?!



The Japan Times に戻りましょう。

偽名で「ジョン」と呼ばれる英検の塾講師がこう続けます。

「コミュニケーションベースでの英語を考えたとき、英検に出るような難しい単語が果たして必要なのか」と。



記事には、英検の問題の一部が掲載されていました。


Test item 1: “Jeffrey, tuck in your shirt. And brush your hair! You look so ___.”

1) disheveled 2) derivative 3) reticent 4) pervasive


Test item 2: “Although the advertisement for the cruise had promised ___ dinners, the guests were disappointed by the quality of the food aboard the ship.”

1) elliptical 2) abject 3) sumptuous 4) imperative



確かに、ここまで難しい単語は口語ではめったに使われません。


ネイティブが日常会話でこのような単語を率先して使っているのも見たことがありません。

さらに言えば、英検1級取得者でさえ、ドラマで話される英語になるとほとんど聞き取れないという現実があるーー。



私に関して言えば、英検は高校で(無理やり)受けさせられたのが最後です。

それ以来、「自分の意志で」英検を受けたことは一度もありません。


なぜなら、やり直し英語を始める際の目標が、

「コミュニケーションとしての英語を習得する」ことだったからです。

そのおかげで、私は自力で海外移住を果たせましたし、英語を使った海外生活で、特別困ることなく過ごせています。




もちろん、英検すべてを否定するわけではありません。

たとえば、英語を勉強する際に「試験クリア」がモチベーションになる人もいるでしょう。


翻訳家をめざす人なら、英検に出るような文法やリーディング知識も必要になってきます。

希望部署へ行くために、英検取得が必要な会社員の方もいるでしょう。

コミュニケーションとしての英語はすでに習得済みなので、実力試しで英検を受けてみたい人もいるかもしれません。



そうではなく、「とりあえず英検1級」というような人たちには、この記事同様、疑問を覚えます。

なぜ英語を学ぶのに英検(とくに1級)が、最初の目標となってしまうのか。

そもそも彼らは英語を使って何がしたいのか。



もしコミュニケーションとしての英語が最優先なら、

「英検、ほんとに必要ですか?」

と自分に問いかけてみるのもいいかもしれません。




新TOEICテストは日常会話を重視


一方で、新TOEICテストは日常会話を重視する傾向にあります。

ここで、どのように問題が改訂されたのか、ちょっとおさらいしておきましょう。


変更


上の表によると、大きな変更点は以下のとおりです。


① Part5 の文法・語法4択問題の数が大幅に減り、

その一方で、

② Part3 のリスニング(会話問題)の数が大幅に増えた



これが何を意味するかというと、

TOEICも文法よりコミュニケーションとしての会話を重視し始めた

ということです。


特に Part3 では、会話そのものが長くなり、カジュアルな口語フレーズも増え、

さらには3人による会話が加わったことで、設問がより日常会話に近づいたと言えます。



この手のテストを攻略するには、「映画やドラマで英語を学ぶ」ことが最短ルートでしょう。


ドラマ(映画)では、常にネイティブ同士の自然な会話が展開され、時には複数での会話になることもしばしばです。

リスニング勉強用の音源とは違い、登場人物はクリアにしゃべってくれませんし、スラングもバシバシ出てきます。

そこが「海外ドラマは難しい」と言われるゆえんでもあります。



逆に言えば、一番難しいと言われる映画やドラマのリスニングさえ制すれば、

TOEIC試験だけでなく、すべてのジャンルのリスニングに応用可能

ということです。



昔は「TOEICはテクニックでスコアが取れる」と言われてきましたが、もう小手先のテクニックだけでは通用しない時代に突入しました。

普段からネイティブ同士の会話に慣れておくこと、そのためには「映画やドラマを観ること」が一番の近道と言えるでしょう。




関連記事

○  TOEIC、TOEFL、IELTS、英検。もっとも役立つのはどれ? 

○  DMM英会話がおすすめな7つの理由【オンライン英会話スクール感想&体験談】 


スポンサーリンク

スポンサーリンク

Related