28
2016

アジアのおすすめ隠れリゾート5選

南国


もうすぐ長期の大型連休がやってきますね!

人混みを避けて、近くて安くて静かなビーチに行きたい、でも人が多いのは嫌だ、

(さらに言えば、日本人のいないリゾート地がいい……)

今回は、そんなわがままを叶えてくれる、アジアのおすすめ隠れリゾートをご紹介したいと思います。


スポンサーリンク


① レダン島 マレーシア

redang.png


Redang Island, Malaysia


【予算】9万円~

【ベストシーズン】6月~8月

【おすすめホテル】 The Taaras Beach & Spa Resort

【行き方】

日本からマレーシアのクアラルンプールへ(約7時間30分)
                ↓
KLからタクシーでスバン空港へ(約1時間10分)    
                ↓
ベルジャヤ航空でスバン空港からレダン島へ(約1時間10分)



マレー半島の東海岸に位置するレダン島。

マレーシアといえばボルネオ島、ランカウイ島、ペナン島やコタキナバルなどが有名ですが、

ここレダン島は、まだそれほど日本での知名度が高くないため、現地の穴場スポットとなっています。

マレーシア政府指定の海洋保護区となっているため、カラフルな珊瑚礁が見られる他、海の透明度もマレーシア随一。

エメラルドグリーンの海からは、潜らなくてもかわいい魚たちを目視できます。

*毎年11月から3月まではモンスーンの影響で全島閉鎖されるため、4月から10月までの期間限定リゾートです。





② パラワン島 フィリピン

palawan.png


El Nido Palawan HD


【予算】18万円~

【ベストシーズン】2月~4月

【おすすめホテル】 Aman Resorts [HD]

【行き方】

日本からマニラまたはセブへ(約4時間)
             ↓
マニラからエルニドのリオ空港(専用機で約1時間20分)
             ↓
空港からリゾートまでボートで(約40~50分)



パラワン島はフィリピンで5番目に大きい島で、フィリピン最後の秘境とも呼ばれています。

トリップ・アドバイザーのトップ10アイランドにも選ばれています。

テーブル・サンゴの他、カラフルな熱帯魚の豊富さでは世界トップレベル。

さらには、ジュゴン、イルカ、クジラなどに遭遇することもあるというから驚きです。

*この島では、特に蚊を媒体としたマラリアに注意しましょう!





③ ガパリ ミャンマー

ngapali.png


Ngapali beach 2016 (Myanmar)


【予算】7万円~

【ベストシーズン】11月~2月

【おすすめホテル】 Sandoway Resort, Ngapali Beach, Myanmar

【行き方】

日本からヤンゴンへ(約8時間30分)
             ↓
ヤンゴン空港から国内線のサンドウェイ空港へ(約50分)
             ↓
サンドウェ空港から車(約15分)



ミャンマー随一のビーチリゾート、ガパリ。

イタリアのナポリの海に似ていることからその名が付けられ、それがミャンマー風に発音されてガパリとなったそうです。

知る人ぞ知る、アジアの隠れリゾートといった風情です(逆に、ガパリを知っていたら真のリゾート通と言えるでしょう!)

全長5kmの白砂のビーチが続き、マリンスポーツも楽しめます。

ビーチ沿いには小さな村やマングローブ林が点在しているので、自転車で島を回ってみるのもおすすめです。





④ ビンタン島 インドネシア

bintan.png


Bintan Island


【予算】10万円~

【ベストシーズン】4月~10月

【おすすめホテル】 Banyan Tree Bintan

【行き方】

日本からシンガポールへ(約6時間30分)
             ↓
タクシーでタラメラフェリーターミナルに移動(約15分)
             ↓
高速船に乗り換え(約50分)



シンガポールからフェリーで行けてしまう、インドネシア領の極上リゾート・ビンタン島。

美しいビーチが広がる一方、高床式住居や水上集落などの生活も覗ける島です。 

シンガポール政府が開発した広々としたゴルフ場もあるので、島の中でゆったりプレーを楽しめます。

アクティビティのおすすめはマングローブツアー。

運がよければ、サルやカワウソなどの動物たちにも出会えますよ!





⑤ ダナン ベトナム

ダナン


Danang, Vietnam Travel Guide


【予算】6万円~

【ベストシーズン】5月~8月

【おすすめホテル】 Fusion Maia Da Nang

【行き方】

東京からダナンまで直行便(約5時間30分)         



ダナンは、ベトナム中部に位置する港町です。

街は、ハン川を中心に東側のビーチエリアと、西側の市街地とに分かれています。

市街地にはダナン大聖堂やハン市場が、車を使えばベトナム仏教の聖地「五行山」まで行くこともできます。

人気のミーケビーチは、US版フォーブス誌「世界の綺麗なビーチ6選」にも選ばれています。

街とビーチの両方を楽しみたいなら、東京から直行便で行けるダナンで決まりですね!




いかがでしたか?

アジアには、日本人の知らないおすすめ隠れリゾートがまだまだ存在しています。

今年の夏は「知られざるアジアンビーチ」で通を気取っちゃいましょう!


*予算は7月時点のものを適用。ホテルや飛行機のランクによって予算は変動します。





関連記事

○  DMM英会話がおすすめな7つの理由【オンライン英会話スクール感想&体験談】

○  留学するならアジアが熱い!フィリピン&マレーシア比較

○  ノービザ&永住費0円で住める場所があった!


スポンサーリンク

Related

スポンサーリンク