27
2016

YOUは何しに日本へ?が成立するニッポンの不思議

CATEGORY生活
不思議


テレビ東京の人気バラエティー『YOUは何しに日本へ?』

来日した外国人に体当たりインタビューをかまし、おもしろそうなら追跡までしてしまうという密着バラエティーだ。

なんでも、インタビューは声をかけた20組から1組、密着取材は100組から1組程度しか放送に使われないらしい。


スポンサーリンク


この『YOUは何しに』、実はやらせなのでは?と疑っていた時期があった。

あんな "おもしろ外国人" がそうバンバン見つかるわけがない、仕込みだろこれ、と思っていた節がある。



たとえば、来日したアメリカ人の親族のルーツが日本にあるとかで、役所総出でコナンさながら探し出し、ついにそのルーツとなる家族を見つけ出してしまった、という放送回。

人探しがあまりにもスムーズに行ってしまったため、「おいおいデキすぎだろ」と突っ込んでしまったほどだ。

MCのバナナマンも、MCであるにもかかわらず「これ本当なの???」と声をあげていたほどだ。



一方で、外国人のアポを取らずに密着取材した先で、当の外国人がテレビクルーに嫌そうな(笑)顔をした姿が映し出された時、

「あ〜、これやらせじゃない、ガチだわ」

と思ったのも事実。


その放送回は確か、外国人が3日間「神道」の修行をするというもの。

日本の "Shinto" は、仏教(Buddhism)と並んで外国人によく知られている。


空港で外国人にこの修行のことを聞いたスタッフは、その外国人にアポを取らないまま、 "Shinto" の修行先を訪れてしまう(もちろん、当の修行先にはきちんとアポを取っているけれど)。


テレビクルーが突然来たものだから、その外国人も「こいつらほんとに来たのかよ!」と驚いたことだろう(笑)

その表情が、見事画面に映し出されていた。




他にも、猫バスの旅、ニセコ、佐世保バーガーなど、『YOUは何しに』は多くの素人スター外国人を生み出している。

ヒッチハイクにしてもニセコにしても、日本が治安のいい国だからできるところがある。

そして、日本人が外国人(とくに白人)に弱いのを十分承知しているようなところがある。

ズッチ〜な〜!(織田裕二風)



にしても、彼らはほんとうにお金を使わない。

テントを広げて平気でその辺で寝てしまう(女性のバックパッカーでさえこれをやる)。


ヒッチハイクも普通にやるし、もはや彼らにはホテル宿泊という概念がない。

もちろん、普通にホテルに泊まるような外国人旅行者をスタッフが密着取材しないのもあるだろうけど。



さらに驚くことに、彼らは実にいろんな理由で日本を訪れるのだ。

80年代のゲームをやるために北欧から東京まで来てしまったり、アニフェスに参加するため南米から海を渡ってしまったり、昔のペンパルを探すために来日したり……。


あの番組を観ていると、世界は広いなぁと感じてしまう。

人の数だけ理由があるのだ。




今はまだ日本に外国人が少ないからこそ成り立つ番組ではあるが、これでたとえばアメリカ並の移民国家になったとしたら、番組は存続するのだろうか?


たしかNHKの『英国一家、日本を食べる』でも、東京を訪れたイギリス人家族が

「日本人しかいない〜〜!!!」とアニメの中で驚いていた。

移民が当たり前の国から来ると、日本人だらけというのが不思議でならないのだろう。



日本も外国人が増えたと言われる昨今だが、他国に比べればまだまだ。

だって、『YOUは何しに』のように、外国人というだけでインタビューされちゃう番組が成立するくらいなのだから。


外国人の存在が真の意味でめずらしくなくなり、『YOUは何しに』が放送終了になった時、日本は初めて「移民社会になった」と言えるのだろう。

それまでは、安心して『YOUは何しに』を観ることにしよう。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


過去の名作ドラマ・バラエティ、アニメ、 映画を【FODプレミアム】で観よう!

⬇︎月額888円(税抜)が31日間無料キャンペーン中!!







関連記事

○  3000円台で泊まれる!東京のおしゃれな格安ホテル

○  東京は世界でもっとも人気&住みやすい都市なのか?を検証する

○  ノービザ&永住費0円で住める場所があった!


スポンサーリンク

スポンサーリンク

Related