24
2016

海外MBAの学位を日本で取得する

mba.png


最近は MBA 環境もワールドワイドになってきましたね。

以前は、1000万近い資金を捻出し、海外でMBAを取得するという方法がメインでした。

しかし近年、海外の大学とタッグを組み、日本で(もしくは日本語で)MBAを取得するスタイルが急増しています。

そこで今回は、働きながら日本で(日本語環境で)海外のMBAを取得する方法をご紹介します。


スポンサーリンク


① マギルMBAジャパン


マギル


カナダにある、名門マギル大学のMBAプログラムです。

東京で受講可能。期間は20か月。


週末にカナダから教授陣が来日して授業を受けるパートタイム形式(授業は英語です)。

2年次にアジアへのスタディトリップおよび、モントリオールのマギル大学本部キャンパスを訪問します。


マギル大学経営学修士課程(MBA)日本プログラム




② テンプル大学エグゼクティブMBA(EMBA)プログラム


テンプル


米国テンプル大学の日本校で行われるMBA(EMBA)プログラム。

土日に授業を履修、期間は1年半。


アメリカ本校の教授と実務家が日本で教鞭を取るパートタイム形式(授業は英語です)。

フィラデルフィア(米国)、パリ(フランス)、カリ(コロンビア)、シンガポールで開講しているEMBA科目を履修できます。


テンプル大学エグゼクティブMBA(EMBA)プログラム




③ アングリア・ラスキン大学MBAプログラム


ラスキン


英国国立大学アングリア・ラスキン大学が提供するMBAプログラムです。

授業は週末に日本語で行われ、課題論文は英語で提出するブレンド授業方式。


英語が苦手な方はこちらですね!

授業料120万円(入学審査料3万円、入学金40万円別)というのは破格の安さではないでしょうか。


英国国立大学アングリア・ラスキン大学MBA




④ ミドルセックス大学MBAプログラム


ミドルセックス


ロンドンにあるミドルセックス大学のMBAプログラムです。

日本語による18ヶ月の講義と、英語による6ヶ月の講義に分かれています。


英語と日本語をうまくブレンドして授業を受けたいならこちらですね。

各授業は、ピアソン社によるBTEC、および Middlesex University London によって認証され、品質が管理されています。


MBA Programme at HABS




⑤ BOND-BBT MBAプログラム


ボンド


大前研一 率いるBBTと、豪州のボンド大学が全面提携してMBAプログラムを提供。

授業はすべてオンラインで行われ、受講開始後5年以内にすべての科目を履修する。


スタディツアーでは、豪州のゴールドコーストにあるボンド大学キャンパスを訪問します。

オンラインMBAプログラムの中では、日本でもっとも歴史のあるプログラムです。


BOND-BBT MBAプログラム





いかがでしたか?


予算や環境、受講内容などをよく吟味し、ご自分に合ったプログラムを選んでくださいね!

*プログラム内容、授業料、期間、立地、申し込みなどの詳細は各大学へお問い合わせください。




関連記事

○  DMM英会話がおすすめな7つの理由【オンライン英会話スクール感想&体験談】

○  留学するならアジアが熱い!フィリピン&マレーシア比較

○  TOEIC、TOEFL、IELTS、英検。もっとも役立つのはどれ?


スポンサーリンク

スポンサーリンク

Related