FC2ブログ
16
2016

ノービザ&永住費0円で住める場所があった!

スーツケース


日本を脱出して海外で暮らしたい!?

でも、海外に住むには必ずビザ(永住権)が必要です。

留学、ワーホリ、海外就職、駐在、外国人との結婚……。みんなそうです。


お金で取れる国もありますが、たとえばシンガポールだと、最低資産は 10億以上 必要です。

それより緩いカナダや豪州でさえも、一般人には資産条件が厳しくてなかなか手が出ません。


ですが、世界には ビザを取らずに住める国 があるのです。

ひとつは南極。

もうひとつは……?


スポンサーリンク


それは、北極圏にあるスヴァールバル諸島です。

地図 スヴァールバル


スヴァールバルはノルウェーの統治下に置かれているものの、ノルウェーの法律は適用されません。

つまり、スヴァールバル条約に加盟している国の出身者であれば、スヴァールバル諸島で自由に住んだり経済活動を行うことができるのです(日本も加盟国のひとつです)。


もちろん、国籍を変える必要もありません。

好きなだけ自由に住むことができます。

家も買えますし、商売だってできちゃいます。



スヴァールバル諸島で唯一、人が住んでいる島が、スピッツベルゲン島です。

スヴァールバル


スピッツベルゲン島の人口はおよそ2600人。

場所柄、住民はノルウェー人やロシア人が多いそうで、残念ながら日本人はいないようです。

ノルウェー語やロシア語ができたほうがいいかもしれませんが、普通のお店では英語も比較的通じるそうです。



学校を始め、図書館やスポーツセンターもあり、暮らす分には問題なさそうですね。

携帯やネットも使えるし、ノルウェー北部のトロムソからは、飛行機と船の定期便も出ています。

移動手段はスノーモービル(なんせ極寒の地ですからね…)。あるエリアまで行くと、なんとホッキョクグマが見れるそうですよ!


主な産業は炭坑業と観光業で、地球温暖化について調べている研究員も何人かいるそうです。

かろうじてできそうなものとしては、「ホエールウォッチング&流氷ツアーのツアコンガイド」あたりでしょうか??



「生き物にサンキュー!」という番組の中で、このスヴァールバル諸島が取り上げられています。

世界最北の地に住む謎のネコ (途中音切れあります)


4 travel には 日本人の旅行記 も載っていますよ。




もし、どうしても人生が嫌になってすべてを投げ出したくなったら、「このような選択肢もある」ということを頭の隅に入れておくと、心が救われるかも?しれません。

(極寒の北極圏で生きていく勇気のある方限定ですが……)。


意外と人生、なるようになるもんです、はい。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

Related