13
2016

漫画やアニメから学んだ人生の教訓とは?

CATEGORY生活
掛け軸


学生におなじみのマイナビが、「漫画・アニメから学んだ人生の教訓」というテーマで大学生を対象にアンケートを実施した。

漫画やアニメには「哲学」がある。キャラクターやストーリーから「教訓」を学べる。

今回、どのような作品が学生の関心を引いたのか?一部抜粋して共有してみたいと思う。


出典: 心に刺さる! 大学生に聞いた、漫画・アニメから学んだ人生の教訓5選 マイナビ


スポンサーリンク


漫画・アニメから学んだ人生の教訓は?アンケート発表


*下記アンケートはすべて 心に刺さる! 大学生に聞いた、漫画・アニメから学んだ人生の教訓5選 から引用しています。


●ONE PIECE

・「仲間は大事」ということと「男気」を学んだ(女性/22歳/大学4年生)

・心の持ちようの大切さを感じさせられた(女性/22歳/大学4年生)

・ワンピースのキャラクターは男女問わずその精神力にひかれる(女性/22歳/大学4年生)



「友情 努力 勝利」は人生における普遍要素。

ジャンプキャラはすべてにおいて「嫌みがない」ですからね。

健全な青少年を育むために、キャラもストーリーも気持ちのよいものが多いです。


どうせ社会人になれば、見たくもないドロドロな人生に足を突っ込むことになるのだから(笑)

せめてそれまでは、「人生ってスバラシイ!」「仲間はサイコー!」と信じていたいのです。



●銀魂

・ツッコミの大切さを学んだ(男性/21歳/大学4年生)

・銀魂の長編シリーズでは、いつも強さとは何なのかを教えてくれる(男性/23歳/大学院生)

・自分だけの法を作ることの大切さ(男性/22歳/大学4年生)



「自分だけの法を作ることの大切さ」ーーすごいですね(笑)

このアンケートに答えた人はきっと、法学部の学生さんか何かなのでしょう。

社会人になれば、「自分法」みたいなものが人間を守ってくれることになる。

自分なりの尺度がないと、いずれ社会の中で埋もれてしまいますから。



●スラムダンク

・キャラの生き様がかっこいい(女性/22歳/大学4年生)

・常に上を見る向上心の大切さを学んだ(男性/22歳/大学4年生)

・諦めない心を学んだ(女性/22歳/大学4年生)



学生だけでなく老若男女に当てはまりそうな、いい感じの答えが並びます。

「向上心」や「諦めない心」、大事です。

自分自身、何度それに助けられたことか。

愚痴を言うだけの人生になってしまったら、そこで試合終了ですよ。



●NARUTO

・生まれつきの特性を把握することの大切さ(女性/20歳/大学2年生)

・仲間を大切に想うこと(男性/19歳/大学2年生)

・ナルトの仲間想いで頑張り続ける姿を見て、自分もそうしようと思った(男性/19歳/大学2年生)



特性ーーこれは、おそらく人生でトップ5に入るほど重要なファクターです。

これを早いうちから理解していないと、人生の中盤以降で痛い目に遭います。

私自身、この「特性」に気づかず突っ走ってしまい、800万円ほど失った経験がありますからね (´д⊂)

皆さんは、そうならないよう早めに自分の特性を掴んでくださいね!



●その他

・鋼の錬金術士 → ありえないことはありえないことを学んだ(女性/22歳/大学院生)

・ドラゴン桜 → 勉強はやり方と情熱だ(女性/20歳/大学3年生)

・ちはやふる → 本当に成功するのは得意が霞むほど苦手をなくすことだと学んだ(女性/20歳/大学1年生)



「本当に成功するのは得意が霞むほど苦手をなくすこと」ーーいいこと言いますね、そのとおりです。

あのエジソンだって、「失敗は成功への一過程」だと信じていたからこそ、偉大な発明を成し遂げることができたのです。

メジャーリーガーのイチローだって、「野球を心から楽しんだことはない」と断言するほど、練習に打ち込んだと言います。

「適性があるかないか」は大前提で、その先からは苦手をひとつひとつ潰していくことでしか、真の成功は掴めないのでしょう。




〜終わりに〜


以前、社会人向けに「社会勉強になる漫画トップ10」という記事を書いたのですが、そちらはもう少し泥臭いと言うか、人生や仕事や策略(笑)を反映したものが多かったように思う。

今回は学生へのアンケートということもあり、全体的に「フワフワ・キラキラ」した意見が多かったですね。


大学時代って、ある意味いちばん楽しい時期ですからね。

夢や希望に溢れていて、まさに「俺たちの戦いはこれからだ!」的なワクワク感がある。



社会人になった後もルフィーのような希望と冒険に満ちた人生を送れるかどうかは、自分次第。

わたしの場合は、海外移住がひとつの転機でした。

とはいえ、一カ国だけにしぼるつもりはないので、今後もあらゆる国で人生を送ることになるでしょう(大橋巨泉のような生き方が理想です)。



周りは「地に足がついた生活をしろ」とか「いくつになってもフワフワした生き方をして」などと言いますが、んなもんしゃらくせー


一度しかない人生、後悔せず好きなように生きたい。

周りの目を気にして生きてたって楽しくも何ともない。


80になったらエベレスト登ったり、大学に入り直したり、そんな一生ワクワクできる人生を送りたい。

(あ、エベレストとか大学とかは例えですよ、例え)



その他では、起業家にこの手の "ルフィータイプ" が多いですね。

会社組織に属してないぶん不安定ではあるものの、彼らはいくつになっても楽しそうです。



もちろん会社員でもルフィーのようにはなれますが、くれぐれもブラック企業にだけは捕まらないように……。

人生、マンガやアニメのようには行きません。

が、それに近づけることは可能です、「自分次第」で。




関連記事

○  「読む本」と「聴く音楽」と「金遣い」で将来出世するかどうかがわかる?!

○  【ビジネスマン必見】社会勉強になる漫画トップ10とは?!

○  立派な成人でアニメ好きはドン引きされる?


スポンサーリンク

スポンサーリンク

Related