30
2016

任天堂 “小型ファミコン” 発売に、アラフォー&アラフィフ狂喜乱舞!

CATEGORY生活
ファミコン


任天堂が、「スーパーマリオブラザーズ」を始めとする懐かしのファミコンゲーム30タイトルを収録した「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」を 11月に発売する。

これはファミコンの本体サイズを約60%に縮小したもので、往年の30タイトルをカセット交換なしに楽しめる。

パッケージも当時のデザインを踏襲しており、値段は5980円。


出典: 任天堂“小型ファミコン”国内発売 初代「マリオ」や「ドンキーコング」などレトロゲーム30本入り IT mediaニュース


スポンサーリンク


ファミコン2

出典: 任天堂“小型ファミコン”国内発売 初代「マリオ」や「ドンキーコング」などレトロゲーム30本入り IT mediaニュース



写真を見ると、確かに手のひらサイズになっている。

これにはアラフォー&アラフィフのおっさん世代も狂喜乱舞、ネット民がざわついております(笑)


タイトルは、

「ドンキーコング」「マリオブラザーズ」「スーパーマリオブラザーズ」「パックマン」「エキサイトバイク」「バルーンファイト」「アイスクライマー」「イー・アル・カンフー」「ギャラガ」「ゼルダの伝説」

などなど……。


あれ?「グーニーズ」は?「マッピー」は?

「けっきょく南極大冒険」は?「ポートピア連続殺人事件」は?


あっちはコナミだったか?(なんかもうコナミとかナムコとかコメイチゴとか、それだけで懐かしい)


そういや高橋名人とかいたっけなぁ。

調べてみたら、高橋名人は旧ハドソン所属だったんですね(現在57歳)。

もろ『ファミ通』全盛期の頃ですわ。




それにしても、任天堂の不死鳥ぶりはすごいですね。


ファミコンが廃れて任天堂も堕ちたかと思ったら「wii」で復活し、それも堕ちたかと思ったら、今度は「ポケモンGO」だ。

ついにはミニファミコン&スーパーマリオのスマゲー版まで発売される。


安倍マリオ効果を見越した部分もあったろうが、すごい復活ぶりだ。



アニメ同様、ゲームもまた日本を牽引してきた大事なファクターだ。

今後も日本のサブカルチャーを明るく盛り上げてくれることだろう。




関連記事

『ポケットモンスター サン・ムーン』のサトシが別人になっている件 


スポンサーリンク

スポンサーリンク

Related