FC2ブログ
11
2016

今、終活が静かなブーム 〜ブログやエンディングノートに思いを込めて〜

CATEGORY自分磨き
目を閉じる


今、終活(しゅうかつ)が静かなブームだ。

終活とは、人生の最期を迎えるにあたって準備する活動のことを指す。


一般的には、葬儀の執り行い方、生前整理や財産分与などについて、事前に決めておくことである。

認知症の症状が出る前に意思表示をしておきたい。

事前に決めておかないと、残された親族が途方に暮れてしまうからだ。


出典: 終活 wikipedia


スポンサーリンク


終活ってどうやるの?

悩む


終活は、エンディングノート(遺言)を書くことから始まる。もちろんブログでもいい。

お葬式は?お墓は?相続は?遺品整理は?

やらなければならないことはたくさんある。


最近は、終活カウンセラー(終活アドバイザー)と呼ばれる専門家に終活を手伝ってもらうケースも増えている。

カウンセラーは下記サイトで探せる。

終活相談ドットコム



生きていると荷物が増えていくので、少しずつ断捨離をしていくことも大事だ。

本当に必要な、身の周りの物だけに絞ること。


近年、親の家の片付けが残された子供たちにとって大きな負担となっている。

それを考えて、動けるうちに少しずつ行いたい。



今は便利なサービスが続々と出てきている。


たとえば、お寺との付き合いがなくとも、葬儀の読経や僧侶の手配がネット一つで完了できる「お坊さん便」なるサービスが人気だ。

目安としては、葬儀の読経【5・5万円~】法事・法要【3・5万円】戒名授与【2万円~】。

きっちり定額制、さらに僧侶との付き合いも一度きりでOKなのが地味に嬉しい。







また、24時間葬儀の専門家に相談ができる葬儀専門ポータルサイトもある。

どこが一番安い葬儀社なのかを、費用を比較しながら全国400社の中から探すことができる。

最大10社の無料見積もりが取れ、全国どこでも365日対応可能。

葬儀の専門化が代わりに見積もりを取り寄せるので、他の葬儀社を断るストレスがかからない。







人間だけではない。ペットのお墓もある。

石工職人として10年以上の経験を持つストーンデザイナーが、手作業でひとつひとつのお墓を加工。

サイズもコンパクトなので、自宅用の手元供養としても使える。

1980円~という少額設定が嬉しい。

ペットのお墓を持つことは、「区切りをつける」という点でペットロス症候群にも効果的と言われている。







元気なうちに終活を進めておくことが、残された者への最大の恩返しとなる。

決して悲観的にならず、楽しみながら終活を進めていこう。



こちらの記事もよく読まれています。


○ 空き家は資産ではなく "金食い虫" !処分や有効活用の本格的な検討を〜【売却・管理・賃貸・土地活用・解体】

○ 【全国対応】墓石(石材店)の相場や値段が知りたい!お墓の購入、おすすめサイトはここ!

○ 【格安&明朗会計】関東で小さなお葬式を開こう【葬儀、葬式、家族葬、直葬、火葬式】【東京、神奈川、埼玉、千葉】


スポンサーリンク

スポンサーリンク

Related