FC2ブログ
10
2016

麻央、5年生存率は30%、現在は肺と骨にも転移  〜2016年後半は芸能人のガン告白ラッシュか〜

CATEGORYエンタメ
驚愕


【2017/6/23 追記】

小林麻央さんが亡くなられたそうです。

ご冥福をお祈りします。


〜〜〜〜〜

新たに更新された麻央のブログ『KOKORO.』で、脇だけでなく肺や骨などにも転移があることを本人が認めた。

「心の準備は意外とできており、冷静に先生のお話を伺った」とブログ内で綴っている。

しらべぇ編集部によると、「骨や肺に転移しているならステージ分類はIV期なので、5年生存率は30%」とのこと。

かなり厳しい予想が出てしまっている。


出典: がん転移公表の小林麻央 現役医師は「5年生存率は30%」と指摘 しらべぇ


スポンサーリンク


姉の小林麻耶が、「待ち受け画面にしている」という麻央との2ショット写真を自身のブログに投稿したのだが、麻央の写真を見て驚いた。

ウィッグをかぶってはいるものの、まつげもなく、眉毛もなく、ストールで首を隠し……。


ソフトフォーカスでかろうじて体裁を整えてはいるが、実際はもっとヤツれた姿なのだろう。

頑張って綺麗に見せている分だけ、元気そうな姉・麻耶との対比が痛々しく映った。


その後に公開された写真も、黒のウィッグをつけてはいるが、目は落ちくぼみ、肌も土器色になっていた。

「すっぴん女性はあんなものだ」との意見もあるが、麻央の現在の姿はさすがにいたたまれない。



がん闘病など、これまで芸能人がさんざんやってきた。

自分も視聴者としてさんざん観てきた。


でも、麻央はまだ30前半だ。

綺麗どころで売っていた女性がこのような姿をさらすのは、かなり勇気がいったことだろう。



中には「自身のブログにこのような詳細を書くべきなのか」との意見もあるが、私は正しいと思う。

がん患者のこのような告白が、がん検診や人間ドックを推進する一助になると思うからだ。


彼女の写真が、返って乳がんの怖さを啓蒙してくれている。

あれらの写真を見て、若い人たちが「わたしも乳がん検診に行こう」と思うようになるだろう。

その意味では、がん患者として麻央がブログを開設した意義はあったように思う。




最近も、梅宮アンナが父・梅宮辰夫の「十二指腸がん」を公表したばかりだ。

アンナの会見によると、早期発見により手術は成功し、「父は元気にしております」とのこと。

とはいえ梅宮辰夫も78歳、しばらくは自宅療養が続くのでしょう。


梅宮辰夫だけでなく、ニュースキャスターの 辛坊治郎 も、かつて十二指腸がんを克服した一人だ。

辛坊は1.5センチの悪性腫瘍を内視鏡手術で摘出している。



このように、最近、芸能人のガン告白が多い。

今月もムッシュかまやつが肝臓がんを公表しているし、南果歩と小林麻央は乳がん闘病中だ。

元気だと思っていた芸能人がガンだとわかると複雑な気分になるし、年齢を聞いてさらに驚く。


2016年前半は不倫騒動、そして後半は 芸能人のガン告白ラッシュ となるのだろうか。

彼らには頑張ってほしい一方で、明るい話題がほしい気もします。



最後に。

麻央さん、安易に「ブログで金稼ぎ」なんて書いてごめんなさい。

あなたには、少なくともその権利があります。

完治することを祈ります。頑張ってください。






関連記事

○  小林麻央、新設ブログ「KOKORO.」を収益化?彼女が稼ぐ理由とは〜

○  小林麻央ブログを新設も、海老蔵のやり方がちょっと気に入らない


スポンサーリンク

スポンサーリンク

Related