FC2ブログ
09
2016

NHK大河ドラマ、林真理子&中園ミホで「西郷どん!」堤真一は出演を断る

CATEGORYエンタメ
西郷隆盛


2018年の大河ドラマが『西郷(せご)どん』に決定した。

原作は林真理子、脚本は中園ミホが担当する。

主演と報じられていた俳優・堤真一は出演を断ったようだ。

出典: 18年大河ドラマ「西郷どん」に決定 堤真一は出演断る デイリースポーツオンライン

スポンサーリンク


う〜ん、林さんと中園さんですか〜。


林真理子さん、歴史小説けっこう書いてますけど、個人的には『不機嫌な果実』系の不倫もののイメージが強いです。

中園ミホさん、これまたバリバリの "THE・ドラマ畑の人" って感じで大河のイメージないですね。


二人は『anego』で一度タッグを組んでますから、きっとうまくやってくれるんでしょう。

原作も脚本も "女性" というのは斬新ですし、こういうところで話題性をさらうやり方、悪くないです。


最近だと、『真田丸』の「犬伏」が神回だと絶賛されたばかり。

こういうシーンを一つでも誕生させることができれば、半分勝ったも同然ですね。



ところで、堤真一はなぜ大河のオファーを断ったんでしょうか?

大河ドラマなら一定の視聴率が取れるし、世間の関心も高い。

大河の主演となれば、俳優としての「格」も一歩上がる。


一方で、大河はスケジュールを取られますからね、堤真一クラスの俳優なら出演を断っても不思議じゃありません。

もし今回のオファーを受けていれば、2003年の「武蔵 MUSASHI」以来7作目の大河出演となっていたはず。

さんざん出たからもういいや、ってのもあるかもしれないですね、正直。



2018年の大河は『西郷どん』で本決まり、あとは主演だけです。

一部で木村拓哉の名前が挙がっていますが、キムタクはSMAP解散騒動で「裏切り者」として株を下げたばかり。

それ以上に、キムタクはイメージ回復のためバラエティ番組に出演する話が出ているらしいので、キムタクの大河出演は今のところ信憑性が薄いです。



なんだかんだで世間の注目を浴びる大河ドラマ。

犬伏のような神回が再び観られることを期待しましょう!



関連記事

○  『真田丸』高畑裕太容疑者の代役に大山真志 理由は「演技力重視」

○  真田丸「犬伏」、視聴率15%突破で神回と絶賛される 〜大泉洋の奇跡〜

○  2018年のNHK大河ドラマは「西郷隆盛」に内定か〜主演は誰?〜


スポンサーリンク

スポンサーリンク

Related