FC2ブログ
09
2016

芸能人を「劣化劣化」と騒ぎすぎ 〜若さだけが正義なのかを検証する〜

CATEGORYエンタメ
シーッ


8年半ぶりとなるアルバム「Fantome」をリリースする宇多田ヒカル

プロモーション活動のためにメディアへの露出が増えているが、彼女の容姿が「劣化した」と世間が騒いでいる。

「まるで昭和の活動家」「和田アキ子かと思った」ーーそんな心ない意見が飛び交っているのだ。


出典: 「まるで昭和の活動家」宇多田ヒカルの老け顔ショートボブ表紙が痛すぎる アサジョ


スポンサーリンク


……まぁ確かに劣化というか、顔は変わった。だいぶ変わった。

でも、子供を産めば女性は大抵そうなる。


なんせ、出産は全治一ヶ月の重症と同じらしいので、痛みに耐えればそりゃ容姿も変わるだろう。

太るし髪の毛は抜けるし歯もガタガタになるし、出産は大変なのだ。


女優の中には、たとえば井川遥や篠原涼子、森高千里のように容姿を保っている人もいるが、それはあくまでレアケースだと思うこと。

宇多田の場合は女優ではなく歌手なのだから、容姿を責められるのは筋違いだろう。


歌声が変わってなきゃそれでいいし、歌に関しては今も現役バリバリだ。

むしろ、出産や母(藤圭子)の逝去を通して歌詞にも深みが出たように思う。

(それまでは、申し訳ないが横文字をただチャラチャラ並べてるだけの印象があった、スミマセン)







子供を産まなきゃ「国のために埋め」と言うし、産んだら産んだで「劣化した」と騒ぐ。

そりゃ、誰もこんな国で子を産みたいとは思わなくもなりますよ。

たとえば平子理沙のように、「体型が変わるから出産したくない」という女性も出てきている昨今だ(主婦からは大バッシングを食らったようだが)。


老いを受け入れられない国に成熟はない。

成熟しなかったおかげで日本はサブカルが発達し、アニメや漫画といった独自の文化を遂げたわけだが、それはまた別の話だ。


いつから日本は「若いことが善で年寄りが悪」になってしまったんだろう?

年齢差別や容姿差別が行き過ぎると、優秀な人材がみんな外に出てしまうぞ。

そして、そのような人材を追い出しているのもまた自分たちなのだ。




関連記事

○  女性婚姻18歳引き上げに?!一方、日本の超高齢化は加速していくのであった

○  宇多田ヒカル、イタリア人夫と離婚&日本帰国か? 〜6年ぶりに映像解禁も〜

○  芸能人の出産ラッシュについて考えてみる


スポンサーリンク

スポンサーリンク

Related