FC2ブログ
05
2016

真田丸「犬伏」、視聴率15%突破で神回と絶賛される 〜大泉洋の奇跡〜

CATEGORYエンタメ
侍


NHK大河ドラマ「真田丸」、第35回「犬伏」。

「犬伏」は、物語のクライマックスでもある、真田父子の決断が描かれた重要なシーンだ。

関ヶ原合戦を前に、3人の真田父子がやむなく徳川方と豊臣方に別れることを決断、これを「犬伏の別れ」と呼んでいる。


スポンサーリンク


演者は 真田昌幸(草刈正雄)、信幸(大泉洋)、信繁(堺雅人)

大泉扮する兄・信幸が、「よき策じゃ」という名台詞とともに、弟・信繁の肩を笑顔で叩いたシーンに視聴者は涙した。


あの演技派俳優・堺雅人に一歩も引けを取らないその姿に、「すごい回だった」「涙が止まらない」「まさか大泉に泣かされるとは」と、ネット上は絶賛の嵐だという。

出典: 真田丸「犬伏」に称賛殺到「すごい回」「涙止まらない」…大泉演技に感嘆の声 デイリースポーツオンライン



思いました、大泉洋、出世したなと。

言っちゃ悪いが容姿もそこまでズバ抜けているわけでもないし、正直「脇役の三枚目俳優」といった感があった。


それが、気づくと『アイアムアヒーロー』で主役を張り、海外映画祭で二冠し、今度はNHK大河ドラマである。

かつて某番組で、自分と福山雅治の待遇の違いを嘆いていたあの俳優が、ここまでの変化を遂げるとは。

福山が結婚で大きく株を下げたのに対し、大泉のこの評価はどうだ



人間、やはりコツコツと何かを続けていれば、見てる人は見ているもんです。


今、「自分は容姿に自信がない三枚目だし……」と嘆いている男性諸君がいたら、安心してほしい。

大泉洋が輝ける星となってくれるだろう。

(とはいえ、大泉洋はコミュ力が高そうなので、そのコミカルな容姿とは裏腹に実はモテそうではありますけどね……)




関連記事

○  『真田丸』高畑裕太容疑者の代役に大山真志 理由は「演技力重視」

○  2018年のNHK大河ドラマは「西郷隆盛」に内定か〜主演は誰?〜

○  24時間テレビ最高視聴率35・5%!NHKのバリバラ攻撃かわす〜


スポンサーリンク

スポンサーリンク

Related