FC2ブログ
04
2016

高畑淳子、2億円の豪邸売却か?出演番組もばっさりカット

CATEGORYエンタメ
豪邸


高畑裕太容疑者の違約金が5億円と騒がれるなか、「代々木に建設中の豪邸を高畑淳子が売却するのではないか」と日刊ゲンダイが報じている。

この先も仕事がビッチリ埋まっていただろう高畑淳子。

彼女が、2億円以上もするこの物件を購入したのは不思議ではない。

まさか、こんなに早く家の売却を考えることになろうとは思わなかっただろう。

出典: 高畑淳子は熱心に草むしりも…建設中「2億円豪邸」売却か 日刊ゲンダイ


スポンサーリンク


とばっちりを食ったのは自宅だけではない。

9月3日放送の『メレンゲの気持ち』において、高畑淳子のシーンがばっさりカットされたのだ。


新聞各紙の『メレンゲの気持ち』番組欄からも、高畑淳子の名前は消えていた。

本来なら、高畑が「息子への不満」を語るような内容になるはずだったらしい。


これにはネット民からも不満の声が噴出。


「今日のメレンゲ高畑淳子さん出てるけど存在してないみたい。なんかこわいな」

「メレンゲの気持ちに高畑淳子でてるのに全部カットとか最低かよ、、、この人何もしてないのに」
(原文ママ)

といったつぶやきがツイッター上に漏れた。

出典: 高畑淳子『メレンゲの気持ち』ゲスト出演も発言シーンなし 「まるで空気」と話題 J-CASTニュース



ひとりの犯罪によって、加害者家族が少しずつ排除されていく様子が手に取るようにわかる。

特に、高畑淳子は息子との共演が多く、息子のことを語る機会も多かっただけにダメージは大きい。


他の二世タレントも、今後はリスクヘッジのために親との共演を控える者が出てくるかもしれない。

それを思うと、さんまやたけしといった大御所たちが、二世タレントの我が子に対して甘くなかったのは評価できる。



高畑裕太逮捕について、「もし我が子だったら……」という芸能人ママたちのつぶやきが多数取り上げられた。

我が子が二世としてデビューするかもしれない彼らにとっても、もはや他人事ではないのだ。



この現象は芸能人だけではない。

「子供を産むのが怖い」といった一般人の書き込みも、ネット上にちらほら見られるようになった。

また、男児を持つ母親からも、「うちの子もああなったらどうしよう……」などの書き込みが見られた。



高畑淳子の今後はこれからも報道されるだろうが、その報道を見るたびに、この事件の衝撃度を知ることになるのだろう。

加害者家族だからこそ、守られるべき時なのかもしれない。

高畑さんの今後が心配である。




関連記事

○  高畑淳子「ここが私の避難所」発言で批判殺到 〜加害者家族の「その後」について考える〜

○  被害者のプライバシーはどうでもいいのか?人権侵害がひどすぎる件

○  【高畑裕太逮捕】母親・淳子の謝罪会見 〜記者への批判にモノ申す〜


スポンサーリンク

スポンサーリンク

Related