FC2ブログ
03
2016

「こち亀」連載終了、40年の歴史に幕。葛飾区が異例のコメントを発表

CATEGORYエンタメ
交番


『こちら葛飾区亀有公園前派出所』が、17日発売の週刊少年ジャンプ42号で最終回を迎える。

同日発売の単行本がちょうど200巻目となるため、それに合わせた形だろう。

1976年から40年間、一度の休載もなく続いてきた連載が、ついに幕を降ろす。

単行本はこれまでに計1億4000万部以上を売り上げている。


スポンサーリンク


漫画家の秋本治は、「びっくりさせて申し訳ない。(中略)連載は終わるが物語は終わらない。しかし終わりは終わり。今後は未定」と語った。

さらに、「結構迷ってました」と本音を漏らし、「この機会を逃すと、両さん的に中途半端になる。おめでたいときに終わるのが1番」と締めた。

出典: 「こち亀」終了 秋本治氏が説明「両さんらしく40周年のお祭りが引き際」 デイリースポーツ



驚くべきことに、「こち亀」終了に伴い、漫画の舞台となっている葛飾区が異例のコメントを発表。

コメント全文をここにご紹介したい。


1976年から「週刊少年ジャンプ」で連載が続いている「こちら葛飾区亀有公園前派出所」が本日、約40年に及ぶ連載に幕を閉じることが発表されました。

秋本治先生には「こち亀」を通して、葛飾の下町というものを日本中、さらいは海外にも広めていただいたことは、本当にありがたいことだと思っています。

また、「こち亀」を生かした取り組みとして、先月設置した15体目の銅像なども大きな話題を呼び、亀有を元気づけていただいています。

連載は終了しますが、これからも亀有は「こち亀」のまちとして、この大きな“宝”を地元の方々とともに、大切にしていきます。長い間、連載を続けていただき、本当にありがとうございました。

葛飾区長 青木克徳

出典: 「こち亀」終了 葛飾区がコメント(全文) 日テレNEWS24



さらに、「こち亀」公式HPでは、両津勘吉がおもしろおかしく激怒コメントを発表。

「まだ終わりじゃないぞ!!」

「こういうときだけ『最近読んでないけど好きだった』とか、『もっと続いて欲しかった』とか言いやがって」


と、お得意の大暴れを見せた。(注)赤字は筆者によるもの。




……まず40年間、一度の休載もなかったのがすごい。

40年と言えば、人生の折り返し地点、会社員で言えば課長クラスだ、大したもんです。


昔、「休載してファンを悲しませたくない」というようなことを秋本先生本人がコメントしていたようですが、有言実行で見事走り抜けてくれました。

どこぞの先生にも見習ってほしいものですね〜。ね、冨樫先生??



葛飾柴又と言えば寅さん、亀有と言えば両津勘吉。

葛飾という街は、クリエイターの想像力を掻き立てる場所なんでしょう。


こち亀もまた、町おこしに一役買ってくれました。

今後は、亀有に設置された15体の銅像が葛飾区を盛り上げてくれることでしょう。



秋本先生、本当にお疲れさまでした!!

連載が終わったら、ひとまずゆっくり休んでください。

個人的には、両津勘吉を演じたSMAPの 香取慎吾 のコメントも聞いてみたいところですね、はい。



関連記事

○  長編アニメ「君の名は。」空前の大ヒット!興収60億円も狙える!

○  吉田沙保里は現役続行、宮崎駿は復帰に意欲??皆さん元気でよろしい

○  庵野作品、TOHOシネマズ新宿で一挙上映 〜エヴァからシン・ゴジラまで〜


スポンサーリンク

スポンサーリンク

Related