FC2ブログ
31
2016

EXILEのATSUSHI、期間限定でアメリカへ海外留学 〜理由はやっぱりアレか?〜

CATEGORYエンタメ
ダンス


EXILE のボーカル ATSUSHI が、2018年までの期間限定でアメリカに留学することがわかった。

「次のステージを見上げた時に、自分を逆境に置く環境の中で、初心に戻り、英語はもちろん、世界基準での表現力、歌唱力を身につけ、世界基準のヴォーカリストになることが、EXILEが世界基準のアーティスト・グループになるために必要なことだと考えはじめました」

とコメント。

あくまでも期間限定で、海外に活動拠点をおく意志があることを述べた。

出典: ATSUSHI 海外留学を発表 18年までの期間限定で米国に活動拠点 スポニチアネックス


スポンサーリンク


EXILE のダンスやR&Bはアメリカが本場だし、留学自体はとてもいいことだと思う。

さらに、半年や1年という中途半端な年数ではないところに強い意志を感じる。


「あくまで海外に活動拠点をおくのは期間限定です。ですから、皆さんに必ず進化した、EXILE ATSUSHI 、そして、進化した EXILE のパフォーマンスをお見せすることを、お約束させていただきます。(中略)18年までの間、少しだけお時間をいただければうれしいです」

と呼びかけているだけあって、EXILE 脱退ではなく、メンバーとしてきちんと戻ってくる意思があるということだ。


それにしても、なぜ今なのか?


そして、 ATSUSHI のこの "世界" を意識した発言が気になる。

世界基準のヴォーカリストになる」「世界基準のアーティスト・グループになる」「進化した EXILE のパフォーマンスをお見せする」……。



ここで、あることを思い出した。

JOC(日本オリンピック委員会)が実施した、『(東京五輪)開会式で歌ってほしい歌手』のアンケート結果を。

このとき上位にランクインしたのは、 嵐 と EXILE

ひょっとして、 ATSUSHI のこのアメリカ留学は、2020年の東京オリンピックを見据えたものなんじゃないか?


リオ五輪のフラッグハンドオーバーセレモニーを椎名林檎が手がけていることからも、J POPメンバーの誰かに演出をお願いすることは十分考えられる。

ATSUSHI の留学がオリンピックを見据えたものだとしたら、なぜこの時期に出発するのか、なぜ2018年までの期間限定なのか、すべて合点が行く。


我々の知らない所で、五輪プロジェクトはすでに始動しているのかもしれない。




関連記事

○  東京オリンピック開会式の演出は誰がやるのか??

○  リオ閉会式に "安倍マリオ" &日本キャラで海外の反応も上々〜あれ?ピカチュウは??

○  テレ東の「ピカチュウ」バッジを奪い合い〜リオ


スポンサーリンク

スポンサーリンク

Related