FC2ブログ
01
2016

『サザエさん』若手声優で延命治療も、視聴率低下止まらず

CATEGORYエンタメ
和室


『サザエさん』の視聴率低下が止まらない。

数年前は視聴率20%をキープしていた国民的アニメだが、今年以降、数字が2桁を割る回が目立つという。

局内の高齢化やマンネリ化に対処するため20代のスタッフを積極的に起用し、若返りを進めているようだ。


8月21日放送回では、『おおきく振りかぶって』の主人公役で知られる若手人気声優の代永翼氏(よながつばさ)を起用。

人気若手声優の突然のサザエさん出演に、ツイッターは一時騒然となった。


スポンサーリンク


人気声優をカンフル剤に延命治療をしているサザエさん……う〜ん、これどうなんでしょう。

若手を起用したとして、一時的には話題になるかもしれないが、根本的な解決策にはなってないような気がする。


第一に、サザエさん一家は年を取らない。

多少の冒険談はあるにしても、基本的には平々凡々な生活が何事もなく続いていく。


かつて「サザエさんは核家族化の現代社会に合わない」と言われ、
          ↓
一周まわって「あのレトロ感が新しい」と受け入れられ、
          ↓
そのレトロ感もついに飽きられてしまった ←今ココ

って感じがするのだ。



永遠に変わらないものに対し、人は夢中になることはない。

なぜなら、安心しきってしまうからだ。


たとえ世界がなくなっても、サザエさんはこれまでどおり続いていくだろう(ひいては僕が・私が・観なくなっても、きっと誰かが観てくれるだろう)。

そう思われたらおしまいである。


たとえば、これまでどおりキャラが年を取らない設定として、今のトレンドをストーリーに組み込むような内容なら、視聴者は飽きずに観てくれるはずだ。


・「タラちゃんポケモンGOに飽きる」

・「サザエ、SMAP解散に卒倒」

・「波平リオから帰ってこない」




……ま、旬な内容であれば何でもいい。

時代を追いかけなければマンネリ化し、そのうち飽きられる運命にある。


さんまのまんまもスマスマも黄金伝説も、年内で終了する。

長寿番組のリストラは止まらない。

サザエさんも、そろそろ肩を叩かれる頃かもしれない。



若手による延命治療が吉と出るか凶と出るか。

サザエさんの運命は視聴者に委ねられている。



関連記事

○  「黄金伝説」9月で終了、理由はマンネリ化か??長寿番組リストラの嵐

○  さんまのまんま9月終了、さんま引退の真相は??

○  スマスマ、ビストロ最終ゲストはマッチ?草彅は韓国で芸能活動再開か


スポンサーリンク

スポンサーリンク

Related